June 30, 2020

究極の食事、

今月は、米国の医師、津川友介氏の本を読んでみた。

―「世界一シンプルで科学的に証明された究極の食事」(津川友介著、東洋経済)

から抜粋―

 

1、   健康に好いと考えられてる食品

l  

l  野菜と果物

l  茶色い炭水化物(玄米、蕎麦など)

l  オリーブオイル

l  ナッツ類

 

2、   健康に悪いと考えられている食品

l  赤い肉(牛肉・豚肉、:  鶏肉は含まない)

ハム、ソーセイジなど加工肉は特に悪い。

l  白い炭水化物(白米、うどんなど、ジャガイモも白い炭水化物の類) 2020

l  バターなどの飽和脂肪酸。

 

3、   地中海食は、がんや糖尿病も減らす。

地中海食=オリーブオイル、ナッツ類、 魚、野菜・果物。

 

4、   白米と砂糖は同じ。

炭水化物とは「糖質」と「食物繊維」を併せたもの。

茶色の炭水化物は、食物繊維の量が多い。

白い炭水化物は、食物繊維の量が少ない。

極限まで食物繊維を減らしたものが砂糖。

 

5、   果物はジュースにしない。

果物は、血糖値を上げる果糖が含まれているものの、同時に血糖値の上昇を抑える食物繊維(不溶性食物繊維)に摂っていることになるが、ジュースにすると、果糖のみを摂取していることになり、血統値が上がって糖尿病のリスクが増すと考えられる。

 

6、   魚の摂取は、心筋梗塞や乳がんのリスクを下げる。                  以上

|

May 30, 2020

老けない身体を作る食べ方

今月は、老けない身体を作る食べ方を勉強した。少食の効用を改めて認識した。

―「老けない身体を作る食べ方」(山田豊文監修、宝島社)から抜粋―

1. 若返りの極意は、「少食」と「咀嚼」にあり。
 空腹を感じるほど身体が元気に動き出す。
 空腹でアップする5つの力。
有害物質排出力アップ⇒空腹で脂肪燃焼と同時に毒素も排出。
酵素の節約で治癒力アップ、⇒消化作業は身体に負担。
内蔵を休ませ機能アップ、⇒過食は胃腸肝臓腎臓も過労状態。
余分な栄養減り、代謝アップ、
血液サラサラ効果、⇒血液から余分なコレステロールが取り除かれる。
 咀嚼、唾液の効果、
口内環境整え、殺菌、免疫機能向上。
消化を助ける。 味覚を発達させる。口周りの筋肉トレーニングで小顔効果も。


2、 脳に効く食べ物、
 オメガ3、=亜麻仁油(フラックスオイル)←熱に弱いので加熱はしない。
サラダのドレッシング、納豆や冷奴に垂らしても好い。
 クルミ、 ボケ防止。 素焼き、生で、砂糖塩など味付けされてないもの。

3、 骨に効く食べ物、
 大豆: マグネシウム、カルシウムの優等生。
 軟骨の原料マンガンを含む食材。玄米、栗、豆類、玉露茶、ショウガ。
 骨の代謝にビタミンK: 春菊、ニラ、かぶの葉。

4、 血管に効く食べ物、
 水: 全身の活動活発化、細胞修復の元。
 血管を若くする昆布。
 血管を強化するビタミンP&C。ミカンのすじ、そば、タマネギ。
 血管の糖化(ダメージ)を防ぐ酒粕。ビタミン6、バナナ、ピスタチオも。

5、 胃腸に効く食べ物、食物繊維、=こんにゃく、アボガド、オクラ。
生食、発酵食品で腸の負担を少なく。

6、 肝臓、腎臓によい食べ物。 植物性タンパク質。 過剰な肉食は肝臓腎臓には毒。

7、 目に効く食べ物; 加齢黄斑変性症(目のアルツハイマー)を防ぐには、亜鉛、セレン、
マグネシウム、タウリン、が必要。 玄米、豆類、牡蠣、タコなど。

8、 血糖値上昇抑える食べ物、⇒ 玄米の冷やごはんがベスト。冷やごはんで食べると、胃腸で消化されないので大腸に届きやすい。 以上 

|

April 25, 2020

投資になる食事、

今月は、「食べる投資」と云う本を読んでみた。ハーバードが教える世界最高の食事術と云う。満尾正著( 米国先端医療学会理事)

1、 投資になる食事、
① 毎日納豆1パック。
感染症予防、骨を丈夫にする、動脈硬化予防、炎症「予防、アンチエイジング。
②食物繊維: きのこ、切り干し大根、昆布。
腸内細菌を整える。 メンタルも強化する。
③週の半分は魚を食べる。
魚のオメガ3系脂肪酸は炎症を防ぐ。歯周病、関節炎、アトピー、肝炎、腎炎、 ガンなどを防ぐ。
④野菜は一日4色以上。 赤、黄色、橙、緑、紫、黒、白の7色。
色はファイトケミカルの化学成分。抗酸化力。
⑤ココナッツオイルを常備する。(低温抽出のもの)
脳のコンデションアップ。 中鎖脂肪酸。
⑥ 鉄とビタミンB。
細胞内のミトコンドリアがエネルギー(ATP)を生み出す時に鉄分が必要。
ビタミンB(シジミ、アサリ、カキ、玄米、タマネギ、海苔など)は特に糖質摂取の多い人、頭脳労働の人、便秘気味の人は必要。
⑦ホルモンの材料、「DHEA」、粘り気のある芋類など。
活力の元。

2、 食べない投資、
①甘い飲料。
②糖度の高い果物:野菜。パイナップル、モモ、バナナは少量に。
③白い主食: 白米、食パン、うどん。
④夜21時以降は食べない。
⑤トランス脂肪酸。 マーガリン。「食べるプラステイック」と云われる。
⑥ 高温処理された食べ物、揚げ物。
⑦食品添加物。 食パンなどに防カビ剤(プロビオン酸 など)
⑧有害金属(ヒ素、水銀、カドミニウム、鉛、アルミニウム、ニッケル。
⑨過度の酒。 煙草。
⑩ファステイング(食べることを休む)。 以上

| | Comments (0)

February 29, 2020

糖質の話、

今月は、「糖質」について勉強した。糖質を減らす意識を再確認した。

― 「糖質の話」 (牧田善二著・日本文芸社)から抜粋―


1、長生きにも繋がる糖質制限。満腹は長生きできない。 

2、炭水化物摂らなくても大丈夫な理由→肝臓、筋肉のグリコーゲンを分解してブドウ糖(エネルギー)にする。中性脂肪もエネルギーに変わる。

 3、食後の眠気は糖質が原因。

 4、肥満を加速させる糖質中毒。 

5、年齢より老けて見えるのはAGE(終末糖化産物)のせい。AGE:Advanced Glycation End Product), タンパク質がブドウ糖と結びついて劣化、焦げた状態。 AGE⇒シミ、シワ、骨粗しょう症、腎症、動脈硬化など。 

 6、高温で調理するほどAGEは増加する。 生→煮る→蒸す→焼く→揚げる。  

7、AGEの多い食品: こんがり焼(ワッフル、パンケーキ、ポテトチップス等) 揚げ物(ソーセージ、ハンバーガー、ローストビーフ等)  

8、脳のエネルギーは糖質だけではない。→脂肪からケトン体が生まれ脳に働く。 

9、腸内細菌を悪化させるストレス、→肥満、糖尿病の原因。

 10、やせたいなら水をたっぷり飲む。 

11、寝る4時間前までに食事を終える。  

12、野菜を最初に食べると太りにくい。 

13、むくみも解消できるカリウムを摂る。ほうれん草、タケノコ、白菜,枝豆。  

14、パワー、美容には「カルノシン」、ウナギ、鳥の胸肉・ササミ、マグロ。 

15、カカオ70%以上のチョコレート。 カカオポリフェノール:抗酸化物質。 チョコレートは糖質も多いのでカカオ70%以上を選ぶ。

以上

|

February 17, 2020

感染症対策、ニンニク、

コロナウイルスのことで、感染拡大の対策が見いだせぬまま、世界は戸惑っている。

私の父が家族と満州からの引き揚げの時、無事にマラリアにもかからず帰国できたのは、毎日少しづつニンニクを食べていたからだと言っていた。

また、感染症と社会については、名著「ペスト」を読み返してみたくなった。本を買ってみたい。

世界は、人生には、思いがけないことがある。それが生きている証拠。母の口癖を想い出す。

|

February 13, 2020

キャンセル続き、海外出張、イベント

3月初めのシンガポールからの友人の来日がキャンセル、彼に紹介して予約をしていた江ノ島の旅館も昨日キャンセルした。

今月末のロンドンの石油関連の大イベント(IPウィーク)も、日本の石油会社からの出張キャンセルが始まった。

2020年は、コロナウイルスの感染の年になってしまった。

世界史でも、時折、ペストの流行で、世界が変わった。

個々でも、対策が必要。

私は、日頃のミキプルーンや、ニンニクでの対策を想う。

|

January 31, 2020

タンパク質の話

今月読んだ新しい本は、「タンパク質」の話、改めて、毎日タンパク質の摂取も意識しようと想う。

― 「タンパク質の話」 (藤田聡著・日本文芸社)から抜粋―

1、 痩せる為にはタンパク質が絶対に重要。 

* 筋肉が落ちると全然痩せなくなる。 

* タンパク質が不足すると、太りやすくなる。 

* タンパク質は圧倒的に脂肪になりにくい。 

 2、 美容と健康に欠かせない 最強のタンパク質。 

*、タンパク質を摂ると脂肪が燃焼しやすくなる。 

*、タンパク質は血糖値を上げにくい。 

*、筋肉が1kg 増えるとかなり痩せて見える。 

*、1日に30回の座る、立つで、筋肉量が増える。 

*、睡眠時間が短いと太る。 

*、 大豆はダイエットに効く。 

*、 肌のハリ、ツヤも化粧水よりタンパク質。 

*、コラーゲンも実はタンパク質だった。 

*、 貧血もタンパク質不足。 

*、 一生歩きたいなら、タンパク質を摂る。  

3、毎日タンパク質を摂る極意。 

*、 朝 タンパク質摂ると太りにくい。

 *、筋肉合成を活性化させる必須アミノ酸(BCAA)Branched Chain Amino Acid。 即ち、バリン、ロイシン、イソロイシン。(ホッケ、クロマグロ、高野豆腐、カツオ、鶏ムネ肉)

 4、タンパク質豆知識。 

*、 加齢に伴う筋肉量減少を”サルコペニア”と云う。40才越えると、10年毎に8~10%失われて行く。

 *、 高齢者は意識的にタンパク質摂るべき。 

*、 タンパク質は疲労回復にも効果的。 

*、 子供にとってタンパク質は超大事。 ←、朝食摂らない子は炭水化物とりすぎる傾向、肥満招く。 以上

|

December 28, 2019

きちんと食べる若返り法、

今年最後の健康レポートは、最新の書籍を勉強してみた。


― 「食べれば食べる程、若くなる法」 (菊池真由子著・三笠書房)から抜粋― きちんと食べる人ほど、やせる、若くなる。


 1、 1日1個の納豆で、見た目が10才若返る。 

2、 鮭と春菊鍋は、若返り鍋。 

3、 きのこは、食べれば食べるほど、お腹が引っ込む。 

4、 お腹周りの脂肪はワカメスープで落とす。

 5、 ショウガオイルでくびれを手に入れる。 

6、 食べ過ぎ、飲み過ぎは枝豆で帳消しにできる。 

7、 ビタミンB群(玄米胚芽米、全粒粉パン)が若くて太らない身体を作る。

 8、 太らない食材・蕎麦は、血圧を下げる効果も抜群。  

9、 気になる目尻の皺は、ナスの抗酸化力で消す。 

10、 ゴボウが好きな人は、腸も肌も若くてきれい。 

11、 カボチャは、若返りのためのスーパー野菜。

 12、 アスパラガスの若返り効果、アスパラギン酸は疲労回復。葉酸は皺防止。  

13、 キャベツは世界一簡単な肌荒れの特効薬。 

14、 冬の乾燥肌には、1日1個のミカンが効く。 

15、 週1回のこんにゃくで潤い肌をキープ。 

16、 目の下のクマも、セロリですっきり。  

17、 育毛効果抜群のホタテと小松菜で薄毛ケア。 

18、 牡蠣(亜鉛)の若返りパワーで、髪うるさら。 

19、 白髪染めに頼らず、髪を黒くする魔法の食材カシューナッツ。 

20、 納豆とオクラのネバネバ成分で、髪ツヤツヤ。

 21、 口臭予防には緑茶。 

22、 汗の臭い対策は、モズク酢ショウガがお薦め。 

23、 気になる加齢臭は、ニンジンジュースで防ぐ。 

24、 ショウガのジンゲロールは加熱すると、脂肪を燃焼させ身体を温める。 以上

|

November 30, 2019

「医者が教える食事術」

今月は、「医者が教える食事術」と云う本を読み返してみた。

― 「医者が教える食事術」 (牧田善治著・府ダイヤモンド社)から抜粋―

<医学的に正しい食べ方> 

1. 糖質が太る唯一の原因。 

2. 肥満は血糖値が上がることで起こる。 カロリーではない。 

3. 脂肪は食べ過ぎたら体外に出るが、糖質は100%吸収される。

 4. コレステロールは、大半は肝臓で作られ、食事によるものは1割しかない。 

5. ちょこちょこ食べる方が太らない。(間食は血糖値をコントロールできる) 

6. 疲れた時に甘いもの摂るのは逆効果。(糖質中毒に陥る) 

7. 発がん性を疑われているものは食べない。ハムやソーセイジなど加工肉。 

8. 運動は食後すぐに行うのが好い。その方が血糖値上昇を抑える。

 <身体にいい食べ物> 

1. オリーブオイル:血糖値上昇を防ぐ。 

2. ナッツ : ビタミン・ミネラル、食物繊維、不飽和脂肪酸など含む。

 3. ワイン:糖値を下げる。 

4. チョコレート: カカオ含有70%以上のもの→ポリフェノール満載。

 5. 大豆: 最強の植物性タンパク質。

 6. チーズ: 血糖値を上げずに、良質のタンパク質摂れる。

 7. ブルーベリー: 老化防止。

 8. コーヒー: 挽き立てのBlack(砂糖なしで) 

9. 酢: 血糖値下げ、疲労回復。 

10. 生もの: 食材は熱で悪性に変質もする。

 <長生きする人の共通のルール> 

1. 豆類を沢山食べる。

 2. 野菜は多種たっぷり食べる。 

3. 坂道を歩く⇒ 足腰を鍛える。 

 4. 肉体労働が長寿の秘訣。 

5. 生きがい。

 6. 食べ過ぎない。 

7. 多少のアルコール。 ワインは血糖値下げる。抗酸化作用も。 以上、

|

October 31, 2019

炭水化物を減らす意味、

 今月は、炭水化物を減らす意味を再度復習してみた。

― 「50才からは炭水化物をやめなさい」 (藤田紘一郎著・大和書房)から抜粋―
1、 50才以上は糖質が栄養にならない。
*若い時は瞬発力の時代。 「炭水化物」が重要エネルギー、「解糖エンジン」は低酸素・低体温の環境でよく作動する。
*50才以上は、「ミトコンドリアエンジン」、効率的にエネルギーを使うことが大事。身体を冷やさないように、酸素を沢山吸いこむ。

 

2、 糖質を摂リ過ぎると、老化が加速する。
3、 多すぎる糖質は脳もボケさせる。
4、 不老長寿の鍵は、活性酸素を減らすこと。
5、 改札を通るだけで、身体は老化する。
6、 活性酸素を消すのは、ネギ、にんにく、などのフィトケミカル。
7、 つける、茹でこぼす、アクを取るで、農薬を除去。

 

8、 アメリカで注目されるオラック値(ORAC)、活性酸素吸収力。
スパイス、ハーブ、豆類、ベリー類。
9、 硬度(カルシウム多い水)の高い水ほど、不老の薬。
10、 マーガリンは脳を劣化させる。
11、 腐らない食べ物、フライドポテト。
12、 50過ぎてからのマラソンは危険。

 

13、 ピンピンコロリは腸から。
14、 ドーパミンやセロトニンも腸内細菌が合成していた。
人の幸福感は、ドーパミン、セロトニンと云う脳内物質から作られる。
15、 ボケない脳は腸から始まる。
16、 二種類の腸内細菌の役割。腸内細菌は水溶性を好む。食べ過ぎ防ぐ。
非水溶性は腐敗菌等を掃除する役割り。共に大事。
17、 発酵食品は若返りの食べ物。
18、 プロポリス、若返りの万能薬。
19、 防腐剤は腸内細菌にとっても害。
以上

 

|

より以前の記事一覧