December 29, 2020

糖質制限、

今月は、糖質制限について学んでみた。

―「医者が教える食事術」牧野善二著(ダイヤモンド社)から抜粋―

1、糖質が太る唯一の原因。 ごはん、パン、めん類、芋類、ケーキ、スナック菓子、煎餅も糖質の塊。 うどん1玉は各砂糖13個分。  

2、糖質(血糖値上昇)で太り、老け、病んで行く。  

3、ブドウ糖と酸素は生きていくのに必要なものだが、、、、、糖化と酸化が老けること。 AGE(終末糖化産物)が老化の元。 AGEは、高温で調理することで増える。 タンパク質や脂質が、ブドウ糖と結合し劣化してできる、  

4、シミ、シワ、ニキビもAGEや糖質が原因。AGEがコラーゲンを破壊。  

5、年齢を重ねる(代謝が落ちる)ほど、糖質制限が必要。

 6、朝昼夜の食事配分は、3: 5: 2 が理想。

 7、食べる順番は、野菜→タンパク質→糖質の順が血糖値を上げない。  

8、海藻やキノコを積極的に食べる(糖質ゼロで、食物繊維が豊富)。  

9、水を1日2リットル飲む。血糖値下げ、代謝の質を上げる。

 10.果物をジュースにしてはいけない。液体には糖分が過剰。  

11.甘さが欲しいなら蜂蜜を使う。

 12.何故昼食後眠くなるのか? →丼物など単品メニューは低血糖状態に陥る。 

13、.菓子パンは命を削る食べ物。  

14、ポテトチップスは悪魔の食べ物。 発がん性の高いアクリルアミド(AGEの一種)を大量に含む。 

 15、 多くの添加物には発がん性あり。 ハム、ソーセージなど加工肉には、亜硝酸塩使用(WHO、発がん性指摘)。 

16・炭水化物は良質の脂質と一緒に食べる。 オリーブオイルたっぷりのパスタが身体に好い訳。

 17、寝る前にハーブテイーを飲む。 AGE(終末糖化産物)を抑え、1日の終わりに心の余裕。 

18、 いつも満腹だと長生きできない。長寿遺伝子は飢餓状態で活性化。 以上

|

December 06, 2020

中止相次ぐ会食に苦笑、

最近、友人達との会食が連続して中止になった。

一つは、ミニ有志同窓会(男4人)、幹事の奥さんが強く反対したと云う。

もう一つは、今日の夜の魚屋さんの2階での会食(男二人)も、心配する奥さんの反対で、欠席連絡あり。

それでも私は、魚屋さんでの夕食は、私の楽しみな夕食なので一人でも楽しめるので予定通り。

家族に止められる友人達と比べて、私の気楽振りには、ハッと気づいて苦笑。奥さんに止められる友人達にも苦笑。

今日は、美味しい魚屋さんで、美味しい酒を飲む。私の健康に感謝。ニンニクやミキプルーンに感謝。

|

November 28, 2020

陰性・陽性の食物、

今月は、陰性・陽性の食物のことを調べてみた。  

「これを食べれば医者はいらない」(若杉友子著)祥伝社から抜粋―

 1、 陰性と陽性の食物のどちらにも偏らない中庸の食べ方が重要。

  カリウムが多い陰性の食物は、身体を緩める作用、冷やす作用。 

 ナトリウムが多い陽性の食物は、身体を締める作用、温める作用。

 2、 肉を食べると甘い物が欲しくなる。  肉は極陽性の強酸性食品。 砂糖は極陰性の強酸性食品。 

3、 白砂糖より更に悪い、人工甘味料。 

4、 大根やニンジンは干すと甘くなる。

 5、 出汁を取るならニボシより、鰹節、椎茸か昆布、→ 魚の干物は、野菜と違って脂肪やタンパク質が含まれている。過酸化脂質は血栓の原因にもなる。  

6、 身体を温める陽性の食物。 冬に収穫されたり、寒い地方で栽培されるものが多い。 玄米、雑穀、大根、ニンジン、ゴボウ、レンコン、かぼちゃ、ネギ、生姜、梅、 味噌、しょうゆ、自然塩、

 7、 身体を冷やす陰性の食物。 夏に収穫されたり、暖かい地方で栽培されるものが多い。 キュウリ、ナス、トマト、セロリ、白菜、もやし、枝豆、レタス、きのこ、 ミカン、豆腐、小麦、砂糖、

 8、 健康的な日本人の平熱は36.5度。 体温が1度下がると、免疫力は37%低下。 基礎代謝は12%低下。 体内酵素の働きは、50%低下。

 9、 味噌汁は飲む「点滴」、味噌汁は「医者殺し」とも云われる。 大豆は身体を冷やすが、米麴と自然塩で長く寝かせると、アミノ酸に分解されて、身体を温める性質に変わる。 最初に味噌汁を摂ることで、塩気を身体に取りこみ、胃腸が動き始め効率よい消化吸収ができる。

|

November 13, 2020

ストレス耐性を磨く、

このところ、コロナの時代でもあり、思い通りいかないことが増えてストレスも多くなって来たようにも想う。

健康のことは、何よりも気をつけねばと想い、数日前は、血圧の変化のことで、久しぶりに病院の内科を訪ねた。膝のことで整形外科も訪ねた。やるべき処置は抜かりなくやらねばならない。

経済的なこと、人間関係のこと、全てにストレスはつきものだが、これらのストレスにも、耐性を付けて、穏やかに生きて行きたいと想う。

想い通りにいかないことを常態としても、淡々と落ちついて処理して生きて行きたいと想う。

人生のストレス耐性の大事さを想う。

|

November 09, 2020

蜂蜜ニンニク、漢方の茶、

今朝は、出勤前に、ニンニクを5~6個皮を剥いて蜂蜜の中に入れ、蜂蜜ニンニク作り、コロナ騒動が始まってから、私は、この蜂蜜ニンニクで、病気を防いでいると想う。

それから、今朝はまた、ヨモギ、黒炒り玄米、琵琶の葉の3種類を煎じる漢方のお茶作りもした。

ちょっと、朝の作業に、達成感あり。

気になることを、ひとつひとつ、日々、処理して行く。

|

November 06, 2020

子供時代の菓子にときめく、

数日前に、横浜駅構内で熊本の物産展をやっていた。

そこで見つけたのが、子供時代に慣れ親しんだ菓子、「すずめのタマゴ」、「クロぼう」、「?ぼうろう」、さっそく、それぞれに2個ずつ買って、小田原の妹の家に3種類1セットを送った。

もう1セットは、高知に住む高校時代からの親友へ送った。

彼らの懐かしく味わう姿を想う。

子供時代の懐かしい菓子が、もたらしてくれた想いがけない安らぎ。

|

October 30, 2020

血糖値を下げる方法、

今月は、血糖値、糖質の問題など勉強してみた。

―「血糖値を下げる方法」(水野雅登著)アチーブメント出版から抜粋―
1. 糖質の正体、
糖質を摂ると食後高血糖状態になり、続いて高インスリン血症が起こり、インスリンによる臓器障害を受ける。 生理学的には血糖値を下げるホルモンは、インスリンのみ。 (逆に血糖値を上げるホルモンはアドレナリンなど5種類もある。 人類が過剰な糖質にさらされることが無かった経緯)

2、 糖質過剰摂取の悪循環。
糖質を摂取して多量のインスリンが出る ⇒食べたものが内蔵脂肪になる⇒増えた内蔵脂肪がインスリンを効きづらくする ⇒ 血糖値が下がらないから、更にインスリンが分泌される。 ⇒ 多量のインスリンが内臓脂肪を増やす ⇒ 脂肪細胞が血糖を取りこむ限界を越える。 ⇒ 脂肪肝になる。

3、 糖質過剰の問題。
 糖質で脂肪が燃えなくなる。
 糖質で脳の動きが鈍くなる。 眠気とイライラのジェットコスター。
 糖質で慢性疲労、膠原病になる。
 糖質で歯周病、虫歯になる。
 糖質で動脈硬化になる。
 糖質で認知症のリスクが上がる。
 糖質で、癌のリスクが上がる。

4. 糖質制限で身体が変わる。
* 疲れにくくなる。
* やせる。
* 血圧が下がる。
* 脳がクリアになる。
* 認知症予防、進行抑制。
* 癌のリスクが減る。
* 不妊症治療効果。
* 頭痛の改善。
以上

|

October 22, 2020

初めての弁当持参出勤、

毎朝1合の玄米を焚くと、よく半分は、夕方まで残したり、翌朝まで残すことが多い。

そこで、昨日は、いつか商店街のバザーで買った小さな弁当箱があることを想い出して、残ったご飯を弁当箱に詰めて会社に行こうと考えて、初めての弁当持参の出勤をした。

おかずには、梅干し、糠漬け、サンマの甘露煮。

小さな弁当箱を持参して会社に行く、新鮮な体験を楽しんだ。

昼休み、持参した弁当と、インスタントのシジミの味噌汁。

人生で、まだまだ、未知の意外な体験があると可笑しく想った。

|

September 29, 2020

丹田呼吸とミトコンドリア健康法、

今月は、丹田呼吸の意外なミトコンドリアとの関係を学び驚いた。 

 ―「丹田発声、呼吸法、医者要らず」(小島弘基、松井和義著)から抜粋― 

1, 丹田発声がもたらす画期的な効果、  呼吸回数が減少し、長寿をもたらす。体温が上昇し、免疫力が上がる。  

2、 ミトコンドリアこそ若さと健康のカギ。  人体の60兆個の細胞の中に、ミトコンドリアは存在。 ミトコンドリアは、酸素を必要として、温かさを好みます。 ⇒ 丹田呼吸で、綺麗な酸素を沢山供給する。 

 3、 ミトコンドリアを増やし、健全に機能させるには、有酸素運動で筋肉量を増 やす。  

4、 一日に1回~2回、空腹状態の習慣を持つ。  空腹にならないと、ミトコンドリア系エンジンは働かない。 (解糖系エンジンが使うブドウ糖がなくなり、空腹感を感じると、ミトコンド リア系エンジンがフル稼働する。)  解糖系エンジン: 食物から取り入れたブドウ糖から無酸素でエネルギーを作る。 人間が大人になるまでの成長期間はこの解糖系エンジンがメインに活躍する。  人体には、解糖系エンジンとミトコンドリア系エンジンがある。  

5、 ミトコンドリアを活性化させ、代謝力を上げる。  30代からは少食に移行する。  丹田呼吸をする。  水素(抗酸化物質)を摂り入れる。  酵素を多く摂り入れる。(大根に含まれるジアスターゼなど)  補酵素(ビタミン・ミネラル)を多く摂り入れる。  ケイ素を摂る。(海藻、根菜など)  手作り酵素を摂る。(市販の酵素飲料は加熱殺菌で酵素は死んでいる)  

6、 生活習慣病は、糖化(焦げ)、と酸化(錆び)による血管の老化。 ⇒ それがミトコンドリアの活性化です。 以上

| | Comments (0)

September 01, 2020

疲労回復の食べ物、

夏の疲れを取る疲労回復の食べ物を調べてみた。

梅干し、らっきょう、酢、ぶどう、ナシ、レモンなど。

早速、昨日は全部試してみた。

知ることは、行動につながる。

朝は、昨日の夜に剥いて冷蔵庫に入れていたナシ、美味しかったこと。

朝はまた、いつもの梅干しを1個、朝ピリッと目が覚める。子供が梅干しを食べた時の顔は、想い出すといつも可笑しい。

昨日は、朝は道路に蝉が大の字に寝るように堂々と仰向けに落ちていた。夏の終わりの光景。夜は、多少涼しくなり、虫の音色と、横浜の夜景。

また、新しい、大自然の中に、私と云う生き物が、ごそごそと動き出し、電車に乗って都心へ向かう。

|

より以前の記事一覧