February 22, 2021

モノマネ、一発芸、

昨日は、操体法のワークショップのあと、3人の男性で交流会の酒。

私は、ゲゲゲの鬼太郎の目玉親父のマネ「鬼太郎、しっかりしろ!」を披露。そんなのやさしいと、他の二人も、「鬼太郎!しっかりしろ!」と真似で、フォロー。

みんなで、「鬼太郎!しっかりしろ!」と、私の一発芸が、みんなに取られた。

大河内傳次郎は、知ってる人が少ないし、田中角栄も、案外真似がしやすいし、私の一発芸も、芸の練り直しだ。

|

February 05, 2021

レバノンのお笑い友人、

アブダビ在住のレバノン人の友人と最近ラインが繋がり、彼の得意なジョークや面白動画が、ドンドン届くようになって、大笑い。

アラブ人もなかなかセンスがよい。

私も負けてはいられない。

私も、気に入ったネタは、それを面白がるような友人に転送して、ニヤニヤ

レバノンの友人のお笑いセンスに脱帽。

|

February 02, 2021

山口百恵、ああ日本の何処かに、🎶

山口百恵ちゃんの歌に、「いい日旅立ち」か?、「ああ、日本の何処かに、私を待ってる人がいる」と云う歌詞がある。

独身の頃のロマンティックな気持ちを表した歌であるが、、、

私の人生を想うと、笑ってしまう。

最悪な出会いをしてしまったものだと。

そんなことを想い、ギヤグネタに加える。

|

January 04, 2021

横浜、賑わい座で初笑い

昨日は、横浜野毛の賑わい座で初笑い。

お笑い系の私は、笑いネタは、メモをする熱心さ。最近、興味を増すものまねは、特によく芸を見た。

笑いも、驚きが元、私の人生も驚きがテーマ。

幼児が、「いない、いない、ばぁ」で、笑い出すのと一緒。

今日は、仕事始め。

今日も、小さな驚きを探す。

|

December 25, 2020

隠し芸、ものまね、

私が、咄嗟に、何か隠し芸を求められたら、ものまねがいいかなと想う。

田中角栄、大平正芳、竹村健一、ゲゲゲの鬼太郎の目玉男、

広沢虎造の浪曲、清水の次郎長の一部、

とかかな?

ちょっと、磨きをかけてみようかと想う


|

October 31, 2020

ボクシンググラブ装着体験、

昨日は、会社のアラブ人が会社帰りにボクシングの練習日で会社にボクシンググラブを持って来ていた。

私は、茶目っ気を出して、ボクシンググラブ(12オンス)を両手に装着してみて、ボクサーのポーズをとって記念写真。

案外さまになっていたと想う。

娘や、親しい友人に送って、内心ニヤニヤ。

|

October 18, 2020

「耳から手突っ込んで、奥歯ガタガタ言わしたろか」、懐かしいフレーズ

昨日の座禅会の後の住職との交流会で、昔のお笑いフレーズを聞き、懐かしさで笑った。

藤田まこと、白木みのるの「てなもんや三度笠」と云う番組があり、「耳から手突っ込んで、奥歯ガタガタ言わしたろか」と云うフレーズは、爆発的人気だった。

お笑い系の大袈裟フレーズ、「丸い顔を三角にして返したろか」、「顔を背中にくっつけて返したろか」、「クレーンで吊るしたろか」。

みんな関西系のギャグの大袈裟さに大笑いした。

想いがけない、昔のギャグとの遭遇。

|

January 27, 2020

ガイド協会新年会、30秒自己紹介、私は英語ギャグ、

昨日は、昼、六本木で、ガイド協会の新年会があり、今年も参加した。

恒例の30秒自己紹介や、メンバーの芸の出しものを楽しんだ。

中には、相撲甚句をやる人もいて、「ドスコイ、ドスコイ」には、それだけでも笑った。

私の今年の30秒自己紹介は、日本人にしかわからない英語ギャグ、「ビートルズは小田原には、出入り禁止」、「I.want.to.hold.your.hands」「アホな北条はん♪」

私のオリジナルギャグ、笑いが聞こえた。50人くらいの人達に私の英語ギャグが伝わった。

私のギャグの腕試し。

|

January 24, 2020

毎回、新しいギャグ披露、鍼灸院の日、

今朝は、立川の鍼灸院に行ってからの出勤の日。

私が施術中に、いつもギャグを披露するものだから、最近は毎回、私のギャグを期待されている。

私は、同じギャグは云わないようにと、云ったギャグをメモすることにした。

鍼灸院の先生と看護師の女性、共に、私のギャグをせがむ人。

早朝の電車の中で、今まで云ったギャグの復習をして、今日は、どんなジャンルのギャグを云おうかと考える。

私は、ギャグのセミプロか?と苦笑する。

|

August 04, 2019

親父ビアホール、東神奈川カナックホール、

金曜日夜、会社帰りに、面白い「親父ビアホール」と云うイベント(東神奈川駅前カナックホール)に立ち寄った。

「出前一丁」と云う自称親父のグループが、給仕をしたり、踊ったりサービスをしてくれて、会場は、ユーモアと熱気が溢れていた。

テーブルの上のサービスを書いたメニューにも、ユーモアいっぱいで、親父ハグ、親父なでなで、親父芸者など、書いてあった。

ビールとワイン(各500円)を飲みながら、笑い放しだった。

私もメンバーに誘われて、また笑い。




|

より以前の記事一覧