April 18, 2019

娘の友だちの名前を想い出す体験、

昨日の朝、通勤前にゴミ出しをして出かける時、ゴミ集積場所付近で、若い奥さんから、「おじちゃん!」と、大声で声をかけられ、私は、一瞬戸惑い面食らった。

その後、最近、近所に引っ越して来た娘の幼なじみの佳乃ちゃんとわかった。ちっちゃい頃の面影が浮かんで来て、暫く、ゴミ集積場所の前で立ち話。

そのことが、私の昨日の一日の始まりを、ぱっーと明るく、ハイテンションにしてくれた。

早速、娘にもメールで報告した。

娘の友だちの名前、「佳乃ちゃん」「なかはん」、アブダビ時代の「るいちゃん」など、想い出すだけで、心がほのぼのとする。

|

April 16, 2019

中東で手術の想い出、命拾い、

昨日、鍼灸院の先生との会話の中、私が1990年、中東アブダビに駐在中に、現地で足の太ももの裏に出来たオデキの切除手術をしたことを話した。

インド人医師で全身麻酔で行ったことを話たら、それは危なかったですねと、真剣に云われた。

そんな手術で全身麻酔とは、ちょっとしたミスで死ぬこともありますよと云われた。

改めて、私の当時の、いい加減さを思った。

私は、人生で、気づかない内に、幾度となく「命拾い」をして来たことを想った。

|

April 11, 2019

親子の短歌、母と子の歌、

先日、NHK短歌で、メモした句が、何故か、心に深く残っている。

「力込め抱きしめてまた近づきたい、あなたと私の身体が邪魔だ」

身体が邪魔だと想うくらい抱きしめたい子供への愛、

人生の切なさと愛おしさが凝縮した句。

想い出すだけでも、人生が豊かになる。

|

April 10, 2019

バイク世界一周の冒険実業家の体験談、

昨日夜は、異業種交流会ウォータークラブで、20代にバイク世界一周をした冒険実業家の話を聴いた。現在はタイ在住で、世界一周の体験を活かして、貿易やコンサルティング、アジアのビジネス情報誌の仕事をしておら れる。

 

バイク世界一周した時の各地の危険振りや、内面の思いに従って生きた若い頃の冒険心に、やはり驚き。

 

アフリカや、南米の怖さは、まさに驚くべき冒険。世間が求める生き方をしなかった人生の別世界のような人生を知った。その人の已むに已まれぬ生き方。

 

私も、そんな人の話を身近に聴けて、自分の人生の見て来た世界と、またこれからもある可能性について想った。

|

April 09, 2019

もう安心、貴方の顔が見えたから、「大器晩成」

今朝も、日課の朝風呂に入っていた時、不図、親友の顔が浮かんだ。

その時、「もう安心、貴方の顔が見えたから」と云う言葉が浮かんだ。

私が、母に感じる気持ち。「もう安心、貴方の顔が見えたから」。

母は、ずっと私に言ってくれた。死ぬまで、云ってくれていた言葉がある。

「大器晩成」、

この年になった私にも、また、私を温かく包み、元気付けている。

|

April 08, 2019

横浜、雨の朝のみずみずしさ、

今朝、雨の雨音が、何か懐かしいような、とてつもない、今までに感じたことのないようなみずみずしさを感じた。

何か生まれ代わったような。

人生も限りあるものと感じ終活と云う発想が、根本から壊れてしまうような気持ち。

これから、始まる。

終わりには、名残惜しさが覆う。

始まりには、ただ、みずみずしい未知の好奇心に溢れた世界が広がる。

懐かしい雨音が、私の遠い昔の、好奇心に溢れた日々をよみがえらせている。

|

February 20, 2019

娘と妹と弟、緊急連絡先に想う

最近、胃と腸の内視鏡検査を初めてやってみた時、同意書に緊急連絡先を書く欄があった。

とっさに私が書いたのは、娘、妹。

もうひとりなら、弟。

今回の検査では深刻なことはなさそうだったが、私のとっさに浮かんだ緊急連絡先も私の小さな驚き。

そんなことを想いながら、私の人生の味わい。

| | Comments (0)

February 03, 2019

鴨川シーワールド、太極拳・坐禅会の旅行会、

昨日から、住職の太極拳・坐禅会の年始会で、鴨川に来た。

鴨川シーワールドを約15人で見学、シャチや白イルカの、シヨーに童心に返った。白イルカのベルーガは、人の声の物真似も披露してくれた。シャチは2トンもの体の尾ビレを使って観客の方に水しぶきを叩きつけて、どよめきを起こさせて、笑った。

夜は、宴会で、住職の民謡(南部牛追い歌)をリクエスト、何と私も、フラダンスを5人で花輪を付けて踊る始末。いざと云う時は、私も覚悟を決める。

面白い、住職の会の年始会、これも新鮮な日々。

| | Comments (0)

February 01, 2019

2月(如月)は特別、

今日から2月、私の人生にとって2月は特別な意味あいがある。

母の誕生日、娘の誕生日、弟の誕生日、住職の誕生日、そのことを想うだけで、幸せな気持ちになる。

私の人生を、導いてくれた恩人ばかり。

想い出すだけで、寂しさは吹っ飛ぶ。

いつも一緒にいる気持ち。

| | Comments (0)

January 26, 2019

人間関係も自然の光景のように、

年賀状約200枚を想い出しながら、私の周りに広がる私の人間関係の光景を想う。

人間関係も、まるで自然の光景のように想う。

人それぞれに、見えてる自然の光景は違う。

私の人生の光景は、私の人間関係に現れている。

そうかと、改めて、年賀状のことを想い出す。

| | Comments (0)

より以前の記事一覧