July 11, 2020

ビジネス会食復活、

一昨日、昼、久しぶりにビジネス会食が復活した。

某石油会社のオファーで、銀座のイタリアンで、6人のランチ。

会社の車、運転手さんも、懐かしい日常がちょっとだけ返って来た。

会話は、石油の話の他、コロナ時代の生活のこと、世間話など。私は得意のジョークも。

各社も、週に2回~3回程度、会社へ行き、出社率は約30%と云う。

新しい働き方に、戸惑いながらも、新しい時代を感じ、適応策をあれこれ考える。

|

July 09, 2020

想いがけない災害などもを想う、

全国的な豪雨災害の中、あれこれ災害のことを考えてみると、そんな想いがけないリスクの中に生きているんだなぁと想う。

大地震、富士山の噴火、疫病、豪雨災害、原発事故、それに紛争、最近はYoutubeによく出ている「三峡ダムの決壊」など。

かなりあるんだなぁと驚く。

三峡ダムは、湖の大きさが、東京から神戸までの長さの巨大さに仰天。武漢も南京も上海も、洪水で、数億人の被害になると云う。

サウジアラビアは、こんな経済危機の中、7月から消費税を5%から15%に引き上げた。国民の不満は大丈夫なのか?

世界は激震が起こる事件や災害のリスクの中にある。

日々、ゼロからのスタートのような気持ちで、生きて行きたい。

|

July 07, 2020

失敗だらけ、成功だらけ、半々、

想えば、人生での失敗だらけ、運の悪さも考えれば沢山ある。

また一方、想えば、運がよかったこと、成功したことも、沢山あると想う。

世界中の誰しも同じだろうと想う。

それは恰も、吸う息、吐く息のようなリズム。

運がいいことも悪いこともセット。成功も失敗もセット。

どちらも、丁寧に扱うことが、人生の味わいと想う。

|

July 05, 2020

1500人のアンネフランク、「心の時代」

今朝の「心の時代」で、テレジン収容所の子供達の絵を知った。

アウシュビッツに送られる前に、テレジン収容所で、労働させられていた子供達に、同じユダヤ人で絵を子供達に教えることが許されたフリードルデッカという女性の画家(当時40才くらい)がいた。

子供達が、戦争が終わり、また平和な時代を夢見て描いた絵の数々。

胸がいっぱいになる。

ナチスへの憤りの気持ち、どうしようもない悲しみ。

これが、私が生きている人生で、知ったことの一部であることには違いない。

とてつもない人間の罪深さを想う。それでも、光を見て生きる。

テレジン収容所の子供達の絵を、私も一度見なければならないと想う。

|

July 04, 2020

熊本、鹿児島の大雨警報の朝、

今朝は、熊本、鹿児島の大雨警報で、大変心配になった。

自然災害のことも、今まで経験したことのないことも多くなりつつあり、不安が増す。

社会も、世界全体も激動が、不安定が、心配なことが多くなって来た。

戦争を体験した両親の人生、私の人生では、今まで、穏やかだったと想う。

ちょっと、身構えが必要な時代に入っていると感じる。

|

June 29, 2020

やるべきことのリスト作り、

自由な時間、時間の融通が利くようになって、「やるべきこと」のリスト作りをしなきゃねと、気づいた。

試験の前の、「人事を尽くして天命を待つ」と同じだ。

やるべきことをやっていると、淡々と穏やかに日々が過ごせる。やるべきことは、漠然と長年放って置いた心の重荷。コロナの時期に、気づかされた。

穏やかな日々を送れるようになったら、多少の波は、日々のメリハリ。

そんな生き方ならいいなぁと想う。

さて、やるべきことのリストの中で、一つ一つ手を付けて行こうと想う。

|

June 27, 2020

人生で失っているもの、夢中になっているもの、株主総会にて、

昨日も、大手のヘルスケアメーカーの株主総会に、六本木ミッドタウンに行ってみた。

居並ぶ会社役員の方々、発言を聴く。

人生を仕事のことで費やして来て、仕事のことに、如何に気を取られてらっしゃるか、私は、不図、人生のアンバランスを感じた。

私が途中退社した人生だからだろうか?、

何かに夢中になると、楽しい半面、何か大きなものを見落としがちになる。

自然界や社会の、また周りの人間関係で起きていること、いろいろなことのへの、静かな眼差しが人生で大事なこととか想う。

株主総会で、そんなことを想った不思議な体験。

|

June 26, 2020

歩いて10分の娘の家、朝の届けもの、

昨日は、朝、歩いて10分の娘の家に立ち寄り、近くのコンビニも行った。

娘も在宅勤務、私も在宅勤務、アラブ人同僚からもらったTVが大きいので、もらったTVは娘の家に搬入し、今、娘の家にあるTVを私が貰うことにした。

娘の家は、去年新築した戸建ての家、朝、娘の家にTVの附属品を届け、お茶を飲んで帰った。

ただ、それだけの日常が、楽しかった。

在宅勤務時代だからこその、ちょっとした自由な日常の展開。

コロナで激動の時代にも静かな時間が流れる。小雨の横浜の朝。

|

June 24, 2020

初めて株主総会出席、

昨日は、初めて好奇心から株主総会に出席してみた。

小さな某石油会社、滞りなく学芸会のように進む進行が、可笑しいくらい。

私が元いた大手石油会社では、株主総会用に想定問答など、リハーサルなど想い出す。子どもだましみたいで笑ってしまう。

初めて株主総会、何でも、初めて体験してみると、一日が、印象深くなり、メリハリがつく。

まだまだ、人生では、見たことのない新しくことに出くわすチャンスがある。

昨日は、子どもの眼差しで、株主総会を見学した。

|

June 21, 2020

有志同窓の会食、徐々に平常に、

同郷の同期生有志、今回は、さほど尾山台に遠くない男女5人の集まり。日頃の半分の人数で、再開した。

今では、幼稚園生、小学生の集まりのように、自然体の心地よい集まり。

お互いの人生の日々のシーンを語り合い、談笑する。

店のマスターも、私のジョーク攻撃の対象。

尾山台駅のハッピーロード商店街は慣れ親しんで来た。我々の出没場所、時折の有志同窓会を楽しむ。

|

より以前の記事一覧