April 21, 2017

犬の貧富の差?、人間社会の滑稽さ、

横浜山下公園・元町近くに犬向け複合施設が出来たと新聞で見た。

犬用ホテル106室、1泊2日で7800円(税別)から。

老犬のデイケアが1日、8000円から。

ドックランが1時間で500円。

自分が一人旅で泊まる宿の安さが、苦笑もの。

犬も混乱、飼い主も混乱、滑稽な人間社会を想い、人生百景。

| | Comments (0)

April 01, 2017

右翼か左翼か?ナンセンスな区別かも知れない、

先日、街の交差点で、右翼団体の街頭宣伝車から流れる軍艦マーチには、何だが、敬礼したくなった。よく訪れる三笠記念館の日本海海戦のことなどを想像して。

よく訪れる平和記念行事では、私は、思いっきり左翼になる。

自民党の中のタカ派とハト派、共産党の中のタカ派とハト派を想う。

右翼の中の右派と左派、左翼の中の右派と左派。

単なる比較用語。絶対的意味は無し。

私は、右翼か左翼か、まぁいっかと考えるのをやめる。

| | Comments (0)

November 10, 2016

身構える2017年、トランプショック、それでも自然の作用、

トランプショックの朝、身構える将来を想う。

気付かされた自然の力学。トランプ現象も自然の作用と反作用の中で考える。

アメリカも日本も世界も、私の人生も、経なければならなかった自然の力学の出来事。

破壊と希望と失望と学びのプロセスの中で、アメリカは旧体制の破壊を選んだ。日本も、旧体制の破壊を選んだことが小泉政権や民主党政権だった。どうしても経なければならなかったプロセス。

打撃衝撃から学べば好い。

身構える2017年を想う。

| | Comments (0)

October 27, 2016

オーカミフォラム、横浜、

今日は、会社を休んで、私の有機農業関係の四国の友人の紹介で、オオカミフォラムと云う国際シンポジウムに参加することにした。

世界各地で絶滅したオオカミを復活させて、自然の生態系を取り戻す運動と云う。

増え過ぎた鹿の害が、自然の生態系も壊し、人間の農業にも多大な害を及ぼしていると云う。

アメリカやドイツでのオオカミの復活の例をアメリカやドイツの運動家達が発表するとのこと。

先日、徳島でのフォラムを終えて、私の友人が是非、横浜のフォラムにも参加してみてくれと薦めがあり、私の好奇心の行動となった。

オオカミと鹿、一体に見える世界が、多分あるのではないかと想う。神が造った生命体を人間の好き嫌いや都合で絶滅させることの傲慢に、気づくことになるのだろうと想う。

| | Comments (0)

September 07, 2016

航空母艦と石油タンカーの比較、

横須賀を母港とする米国の航空母艦・ロナルド・レーガンについて、調べてみたら、

長さ333メートル、乗組員3200名、スピード30ノット以上(56キロ以上)、搭載機90機とあった。

外航石油タンカーの標準サイズ(20万トン)も長さは同じ333メートル、乗組員は22名と極端な差に驚いた。スピードは15ノットと空母の半分。

333メートルとは、東京タワーや横浜ランドマークくらいの巨大さ。

ただ、そんな比較をして、ニヤニヤしている自分の、知る喜び、小さな驚きの喜びを想う。

| | Comments (0)

July 16, 2016

響(ひびき)と云う名のウイスキー、

先日、アラブ人ゲストがよく泊まる有楽町ペニンシュラホテルの12階のレストランで会社関係のランチをした帰り、

同じフロアにあるバーカウンターで、ここで一番高いウイスキーはいくらですかと、面白半分に聞いてみた。

一杯のグラスで25000円だと云うので、思わず笑い、好奇心いっぱいになり、すぐ銘柄を尋ねてみた。

それは「響」、サントリーが1989年、創業90周年を記念して造られた、日本の最高級のウイスキー。

ブラームスの交響曲第1番・第4楽章をイメージして造られたと云う。

30年ものは、ひとビンで30万円と云われて、また驚いた。

富裕層はこれを飲み、庶民は何が起きてるのか気付かない。庶民は安い居酒屋で飲み、富裕層は一杯25000円の「響・30年もの」を飲む。

世の中はうまく出来ている。富裕層が使う金が、滑稽な程、バランスが取れている。

不図、社会への好奇心が刺激された事件であった。

| | Comments (0)

April 07, 2016

ウルグアイのホセ・ムヒカ元大統領の日本での講演、TV予定、 

一昨日来日した、ホセ・ムヒカ大統領は、今日7日は、夕方16:30東京外国語大学(府中)で講演をするらしい。 明日8日(金)は19:00からフジテレビで番組があるらしい。

http://smart-list.info/2016/04/05/hosemuhika/ この中のユーチューブで、大統領の記念すべき演説も聴ける。

彼が日本に滞在している間、私は、何か、そわそわしている。 何故か嬉しい。

明日のTV番組はぜひ見ようと想う。

地球の裏側のウルグアイの一人の80才の男性の放つ光が、私の人生をも照らしてくれている。


| | Comments (0)

December 10, 2015

子ども食堂の響き、

今、全国各地で、「子ども食堂」が増えていると云う。

18才未満の子どもの貧困率は16%で、子供の6人の内1人が貧困状態に置かれ、先進国の中でも4番目の高さと云う。

最新のビッグイシューの記事で知った。

写真や絵に、いたたまれなくなる。


| | Comments (0)

September 01, 2015

会社生活の症状、価値観の偏りと麻痺、

学校で少しいい子ぶると、級長、生徒会長など、目立つことが待っている。

会社も同じ、生徒会長や級長のように振る舞うと、偉くなって益々、仕事にドップリと浸かって世間とかけ離れて行く。社会とかけ離れた単なる組織人間となっている人も多い。

ロボットの集団のロボットの親分、肥大化したロボットに過ぎない。

日経新聞に出てくる経営者達の多くは、発言を聴いていると、そんな落胆が多い。幼稚さ、偏りは、平社員と大差ないと思ってしまう。

その組織内しか通じないような、勘違い的な自信過剰は、真理を求めて修行する道とは、対局にあるような憐れを感じてしまう。それは表面的な成功がもたらす被害者なのかも知れない。

余りにも、機械的なことに捕らわれて、人生の大切な時間が過ぎて行く。

会社ドップリでは、決して分かり得ない境地がある。

そこに、永遠なる安らぎと自由がある。人生はそのことに気付くためにあるのではないか。

世間で云う偉い人は偉くなく、平凡に見える人の中に真に偉い人はいると想う。


| | Comments (0)

July 23, 2015

異業種交流・婚活業界の驚き、

先日、異業種交流で、婚活業界の基本的現状を知り、大変驚き、また人間の、社会の理解を深めることができたと想う。

日本で結婚を考える年代(20才~50才)の人の数は、約2000万人で、その中で、毎年結婚する人は、その、何と3.5%に過ぎないと云う。 生涯未婚率も、男性の5人に1人。 20年後には30%に達するとも云われているとのこと。

1970年代から、コンピューターを使ったマッチングのビジネスも盛んで、現在日本に約4000社の結婚相談所(会社)があると云う。 その中でも、成婚率の実態は、意外と低く、5%~10%程度。

優しくて、誠実で、収入も多く、家族を大切にして、笑いもあってとか、色々希望はあるが、何とも、低い成婚率に驚く。

これは、私にとっては大きな気づきになった。

人の縁、相性は、コンピューターでデータで、追いかけても限界があり、何か得体の知れない、神秘的な出逢いと、相性のなせる技に違いないと想った。それだけ、人間は、表現できないセンサーを持っているのかと、素晴らしくも感じた。

神様の采配と、神がその人それぞれに相応しいと想って与えた運命の配合の結果かと想った。

結婚も失敗でも成功でも、それから学べばそれで好し、結婚もしても、しなくても、それから学べばそれで好し。全ては、神の館での出来事。

| | Comments (0)

より以前の記事一覧