July 11, 2020

ビジネス会食復活、

一昨日、昼、久しぶりにビジネス会食が復活した。

某石油会社のオファーで、銀座のイタリアンで、6人のランチ。

会社の車、運転手さんも、懐かしい日常がちょっとだけ返って来た。

会話は、石油の話の他、コロナ時代の生活のこと、世間話など。私は得意のジョークも。

各社も、週に2回~3回程度、会社へ行き、出社率は約30%と云う。

新しい働き方に、戸惑いながらも、新しい時代を感じ、適応策をあれこれ考える。

|

July 04, 2020

熊本、鹿児島の大雨警報の朝、

今朝は、熊本、鹿児島の大雨警報で、大変心配になった。

自然災害のことも、今まで経験したことのないことも多くなりつつあり、不安が増す。

社会も、世界全体も激動が、不安定が、心配なことが多くなって来た。

戦争を体験した両親の人生、私の人生では、今まで、穏やかだったと想う。

ちょっと、身構えが必要な時代に入っていると感じる。

|

June 28, 2020

ライフスタイルの変化、コロナ時代、

今日は、外出しようかと想ったが、雨がひどく、やめた。

九州にも、姉の様子の見に帰りたいが、コロナ懸念で、世間の自粛ムードで、まだ、行けそうにない。

何か宙ぶらりんの時期が長引いている気がする。

こんな時期こそ、やるべきことは何か?

在宅中にしかできない、身の周りの整理か?

こんな雨の日は、益々そうか?

雨がしとしと日曜日。

|

June 27, 2020

人生で失っているもの、夢中になっているもの、株主総会にて、

昨日も、大手のヘルスケアメーカーの株主総会に、六本木ミッドタウンに行ってみた。

居並ぶ会社役員の方々、発言を聴く。

人生を仕事のことで費やして来て、仕事のことに、如何に気を取られてらっしゃるか、私は、不図、人生のアンバランスを感じた。

私が途中退社した人生だからだろうか?、

何かに夢中になると、楽しい半面、何か大きなものを見落としがちになる。

自然界や社会の、また周りの人間関係で起きていること、いろいろなことのへの、静かな眼差しが人生で大事なこととか想う。

株主総会で、そんなことを想った不思議な体験。

|

June 24, 2020

初めて株主総会出席、

昨日は、初めて好奇心から株主総会に出席してみた。

小さな某石油会社、滞りなく学芸会のように進む進行が、可笑しいくらい。

私が元いた大手石油会社では、株主総会用に想定問答など、リハーサルなど想い出す。子どもだましみたいで笑ってしまう。

初めて株主総会、何でも、初めて体験してみると、一日が、印象深くなり、メリハリがつく。

まだまだ、人生では、見たことのない新しくことに出くわすチャンスがある。

昨日は、子どもの眼差しで、株主総会を見学した。

|

June 19, 2020

雨がしとしとと、雨音にも安らぎ、

今朝は、横浜も雨、雨音が心地よい。

しとしとと降る雨は、何故か、いろんな人生のシーンを想い出す。

大学に上京した横浜での下宿生活の日々、フォークソングが花盛りだった。公園の池の水面に落ちる雨粒の輪など、みずみずしいシーン。

それぞれの年代の時、静かな雨音を聞ける時は、何か、穏やかな小さな夢を想う時。

今日も在宅勤務だが、いずれ在宅勤務も、また元に戻る。

在宅勤務も、名残惜しく味わう。雨がしとしとの金曜日。

|

June 17, 2020

何故か違う人生の観、

この数ヶ月で、私の生活パターンも激変した。日本の社会も、世界も激変した。

今までの私の人生は終え、新しいステージの人生が始まっている。

部屋の掃除や整理をしていると、過去の私が、まるで別人のように想える。

全てを振り出しに戻して、これから始まるもう一つの人生と想う。

自分の今の現状を確かめ、新たな羅針盤を操作して航路を決める。

快晴の横浜、風穏やか、波静か。

|

June 16, 2020

リタイアした生活のパターンを想像、

在宅勤務の単純さは、何か物足りない。楽ではあるが、外界からの刺激が少ない。

リタイアした生活のことを、想像してみる。

やはり、心身の健康には、何か、外出して、活動する生活パターンが、必要だと想う。生涯現役でありたい。

今のような時期は、人生で、めったにない。この時期に、家の中のいろんな整理をしようと想う。

すっきりとして、また、元の生活パターンに戻りたい。新たな人生が始まる。

|

June 15, 2020

Youtube情報源、

最近は、Youtubeを見る機会が大変多くなった。

いろんなジャンルが、大変刺激になる。

歴史、経済、娯楽など、在宅勤務中にかなり、身近なメディアになった。

オンライン会議も、身近になって来た。

健康への更なる意識の高まりも。

それらの変化を踏まえて、どう生活パターンを進化させて行くかが、これからの課題。

|

June 14, 2020

善玉ウイルスも、

今朝の「心の時代」は、ウイルス研究の山内一也先生の話だった。

人間の細胞60兆個、一人の人間は一緒に細菌100兆個、何とウイルス1000兆個と共存していると云う。

ウイルスは20億年前から、ホモサピエンスはせいぜい2000万年前。

ウイルスと人間は、敵対ではなく共存している。人間が根絶したのは、歴史上、天然痘、牛疫の二つだけ。

ウイルスは、生も死も超越している。他の生き物の細胞がないと単なる物質、細胞に寄生したら活動開始。生きてもいない。死んでもいない。

ウイルスは、人間とも共存している。今回のコロナウイルスも、人間は自然に免疫機能が発達して、折り合いをつけるはずだと想う。

ウイルスは、人間が考えるより遥かに、すごい存在なのだと想う。

|

より以前の記事一覧