April 17, 2021

床屋の会話、町内の老後の景色、

土曜日の朝は、よく町内の床屋や、クリーニング店へ行く。

今朝は、クリーニング店で、おばちゃんに冗談を言って、シャツの受け取りと注文。

その後、床屋さんで理髪。年輩のおばちゃんの理容師さん。

近所の、一人暮らしの男性老人の客の話に、町内の老後社会の実態を垣間見る。

数日前に、寒いのにステテコ姿で来た近所の男性に、「ズボンくらい履いて来なさい」と言ってやったとか。「何を考えてんの、まったく」とか。

一人暮らしの男性は、灯油を貸して下さいとか、ボンベ(カセットガスボンベ)は、有りませんか?とか、理髪店に来る男性がいるとのこと。

一人暮らしの男性老人の、大変な生活振りを、驚きながら聴いた。

|

April 16, 2021

ビジネス会議の夢、名刺忘れ、

今朝起きたら、ビジネス会議の夢を見たことを心地よく想い出した。

私は、某大手石油会社のDelegation 6人くらい のナンバー2くらい実力派中堅社員、訪問先は、大手商社(三井物産)、議題は、水ビジネス。

私は、名刺を、忘れたことに気づいた。

相手商社の懇意の先輩に、打ち明けると、大丈夫だよと慰めてくれたシーンもあり。

ただ、私が、仕事の出来るバリバリのビジネスマンとして、無意識の世界でも、存在していることに、嬉しくなった。

「よっしゃー」と云う気持ちになる。

|

April 14, 2021

電子申告時代に適応中、確定申告、

医療費控除の確定申告を、昨年に続いて、電子申告を昨日からトライ中。去年初めて電子申告を実践し、達成感があった。

明日が期限で、ちょっと焦り。

一日の仕事やスケジュールの段取りを考えながら通勤。

気がかりな懸案事項が終わると、スッキリする。そんなことをイメージしながら。

|

April 07, 2021

田中清玄、桁違いの人物に驚き、

先日朝、オフィスで、いつものように、エネルギー関連の国際ニュースを検索していたら、戦後最大のフィクサー、「田中清玄」の石油利権の逸話に出会った。

共産党委員長を務めたり、右翼として電力会社をテロから守ったり、山口組の田岡組長と麻薬撲滅運動をしたり、中東の石油利権に関与したり、三島由紀夫を自衛隊に紹介したり、とにかく、行動の多彩振りに仰天した。

今朝のTV「100分で名著」は、渋沢栄一の「論語と算盤」だった。

数日前は、孤高の画家「高島野十郎」の本を読んだ。

全てが、「盛大な人生」振りに、驚く。

田中清玄については、自伝の本を早速読んてみようと想う。

サラリーマン社会の人間しか観て来なかった私には、今、新しい人間観が拡がる。

|

March 30, 2021

新しい人生、

コロナが変えた世界、コロナが変えた社会、コロナが変えた人生。

毎日が、ちょっと変わってしまったかんじがする。

適応しなければ、快適には生きていけない。

新しいライフスタイルに、チャレンジ。

たくましくチャレンジ。

|

March 18, 2021

新型コロナとの共存時代、

世界には色々な病気があり、医療との、せめぎ合いをしながら、結局は、折り合いをつけて共存している。

ある程度、ワクチンも、世界に流通し始めて、その共存の体制が整いつつある。

東京の緊急事態宣言の延長か否か?で、政争の具になっている現状。政争の相手を責める道具になっている。

政策は、それなりに一定の効果はあろうが、決定的には個人の行動。

緊急事態であろうが、なかろうが、コロナ対策の生活様式を守ればよい。

|

March 17, 2021

出張旅費、交際費削減、7兆円、

一昨日、日経の一面に、「企業の出張旅費、交際費など7兆円削減」と云う記事に苦笑した。

出張、会議、交際費、イベントなど、効果が、あるのか無いのか?分からない仕事に振り回されでいたものから解放されて、コスト削減で利益に貢献と云うのが面白い。

本当に必要な仕事だけ残って、自由な時間が増えることは歓迎。

働きバチからの解放。しかも、その働きが、出張や会議とか、形式主義の産物だったなら尚さら。

|

March 13, 2021

健康への自信次第?の時代、

私は、健康学のせいか、蜂蜜ニンニクやミキプルーンのせいか?、風邪もひかず、コロナの心配は、余りせずに過ごしている。

時折、小さな旅も、続けている。

友人知人の中には、コロナに対する自粛を、かなり厳しく生活している人も、案外多いことにも驚く。

コロナ後の時代は、このような、両派に分かれた行動様式になりそうな気がする。

オンラインの恩恵を受けつつ、実際の旅や人に会うことの意義は、益々際立つ時代。

人生の充実した時間が増えるチャンス到来。

|

March 12, 2021

言論の自由、滑稽な風景もコスト、

今朝の千葉県知事選挙の政権放送で、彼女へのプロポーズの発言を長々とする候補がいて苦笑した。

コロナそのものの病気の否定、コロナのワクチンの陰謀論、マスク着用反対を真剣に訴える候補もいた。

言論の自由が、負わなければならない宿命かと聴き流した。

香港のような言論弾圧もあるし、両極端を想う。

インドの思想家、ヴィヴェーカーナンダの言葉を想い出す。「私は、改革を信じない。霊性(德 )の向上を信じる」

|

February 19, 2021

液化天然ガス(LNG)暴騰と電気代、

この1月、寒波の時、日本の発電の40%を占める原料のLNGのスポット価格が、通常の5ドルから39ドルへ暴騰したと云う。

日本のLNG輸入の90%は、長期契約でスポットは、10%とはいえ、電力会社は、大影響を受けた。

LNGは、マイナス162度で輸送され、蒸発もしやすく備蓄は困難。通常2週間分の在庫しかないと云う。

日本の発電は、40%がLNG、あとは、石炭が主、再生可能エネルギーは不安定で主力電源にはならない。石油も原子力もわすかに制限されている。

今回の寒波で、LNGの脆弱性やリスクが、表面化した。

昨日。私が、調べてわかった驚き。

|

より以前の記事一覧