October 19, 2017

今日は、日帰り奈良京都、

今日は、朝暗い内から出かけ、朝0700東京発の新幹線で、来日中のアラブ人友人3人を連れて京都へ。京都から一気に奈良へ向かい朝10時には、大和西大寺駅に着く。唐招提寺、東大寺を効率よく周り、奈良公園のシカにも挨拶して、1330には、京都フォーシーズンズホテルでランチ。

ランチの後は、銀閣寺と先斗町辺りを少し散策し、1830の新幹線で東京へ帰る。このスケジュールをスムーズにこなすのが私の役目。

今までのひとり旅の経験が、こんな時にも活きる。

去年も一緒に旅した気の合う3人だし、私も楽しい旅。

今日も、アラブからのゲスト達にとって、人生の楽しい想い出の旅になるごとを願う。私は、その旅の最高の演出をする。雨が降ったら「雨に濡れても」でも、口ずさみながら。

| | Comments (0)

October 18, 2017

シンガポールのトレーダー友人と銀座久兵衛、

シンガポール在住のガスのトレーダーの長年の親しい友人が昨日来日し、早速、夕食に誘われ、銀座久兵衛(寿司)に初めて行った。

彼自身が行きたかった店らしく、自分で予約していた。店の寿司職人の今田洋輔さんは、最近のウォールストリートジャーナル(8月13日号)でも紹介されたと云う。

数日前に友人からのメールで、思い掛けず、そんな店に行けてラッキーだった。持つべきものは、友人かと改めて感謝。

帰りに、私は、お得意の銀座路地裏の神社やネズミが出て来そうなビルの谷間の道を案内、彼も私のユニークな観光案内にビックリ。

海外からの友人ビジネスマンが来日し、会食に誘われることは、自分が現役であることを再認識させてくれ嬉しく想う。話題は、ジョークや観光、時に哲学、付け足しにエネルギー、結構趣味と仕事の境目が薄れで来つつあるように想う。

これからは、益々観光に傾斜していきそうな人生。「観光とは、光を観ること」、これは私の人生哲学。

| | Comments (0)

October 17, 2017

小雨の中、山里、棚田を往く

昨日は年休を取り、趣味のぶらりひとり旅、念願の棚田を見に、秩父の山里へ。

東横線と東武も西武も乗り入れて、ホームを変わることなく、小手指、飯能を経由して西武秩父の隣の横瀬と云う小さな駅に降り立った。駅の売店には、クマよけの鈴も売られていた。目当ての棚田まで、山里を歩いて、20分、小雨の中、静かな棚田を鑑賞した。

一日中、誰にも知り合いに会うことなく、ひとり知らない町を歩いてみると、哲学者になれる。

私は、何者なのか?、若いのか?年寄りなのか?

昨日、人と会話したのは、山里を歩くおばさんとの「こんにちは」と、駅の売店のおばさんだけ。

秩父は、もうすぐ、村歌舞伎の時期。

今日は、朝から都内のホテルで開催のセミナーに出てから会社へ。ちょっとした、異次元の世界から復帰。

| | Comments (0)

October 09, 2017

同期生達の横浜、日本丸、山下公園、中華街、そして故郷

同郷の同期生達の有志、中学も高校も違っても、この10年いつの間にか集まって来た仲良し達約15人。

毎年、横浜に集い、ただ、談笑して帰って行く。山下公園、元町、みなとみらいの海、ただ、お互いに顔を見せるだけでお互いを励ます。

昨日は、日本丸の船長の同期生が案内する日本丸、そしてワイン。

横浜は、ジャズフェスティバルや赤レンガ倉庫のオクトーバーフェスタの頃、同期生の集まりも人生のお祭り。

| | Comments (0)

October 03, 2017

新潟、沼垂の朝市のおばちゃんから買った枝豆と梨、

週末の新潟の旅は、沼垂四つ角の町屋を改造したゲストハウスに泊まった。バーで旅する若者たちとも会話が楽しかった。

毎日開かれる朝市まで歩いて5分の距離。滞在した2日とも、朝市に通った。新潟弁で声をかけてくる朝市のおばちゃんたちの声は、優しく、懐かしい。

地元の人達が、朝早くから大根やキュウリ、枝豆、梨、ブドウなどを買って、自転車で帰って行く姿を見る。朝市は、寺の敷地の中、寺の前の製油所は、20年くらい前まで操業していた製油所、当時460人くらい働いていた。私が新入社員時代に過ごした製油所。

今は、製油所前の産業用の線路は、ペンペン草が生えていた。それぞれ、朝市のおばちゃんたちは、変わらない。朝市の、何とも云えない安らぎの中を私は、暫くの間、佇んだ。

東京へ帰る朝、荷物にはなるが梨を2個と枝豆を一袋買った。梨は、おばちゃんが一つおまけしてくれた。

昨日、食べた梨や枝豆は、新潟の朝市をまた脳裏に甦えらせてくれ、うっとりするほと美味しかった。

| | Comments (0)

October 01, 2017

映写会にサプライズ、後輩達の同期会にサプライズ

昨日の「順教尼」の自主映画上映会は、民家を改造した子育て支援センターの一室にシーツをスクリーンにした約20名の小さな上映会だったが、お母さん達や、先日のアンリ神父のお祝い会に出ておられた福祉関係の人達も参加され、大きな感動を与えるイベントとなった。私の大学時代の級友が新潟市の大幹部になっていたが、彼もサプライズ参加をしてくれ私もビックリ仰天。

映画を見ながら、会場で感動で泣いている人達の表情が忘れられない。私もこの映画で、どれだけの教えと安らぎを得たか、つくづくと想いながら、また新たな学びをした。

夜は、私の新潟勤務時代の後輩達の同期会(9人)に、私がサプライズ乱入、みんなビックリ仰天。私を同期の誰かと勘違いし頭をかきむしり、「おさむ」も一番変わったなぁ、すっかり別人だよと云う始末。「バカ、俺は教育係の○○だ」と云うと会場は大爆笑。

私より5才若い彼ら達の同期会、私を同期と間違えてくれたことが可笑しくて仕方ない。

昨日は、幸せのサプライズだらけのなか、新潟の酒に酔った。

| | Comments (0)

September 30, 2017

沼垂四つ角、新潟、社会人1年目の場所、

新潟の寺尾は、新潟駅から越後線で20分くらいの小さな駅だった。駅から歩いてまた15分くらいの場所に、子育て支援施設「ドリームハウス」はあった。そこで、今日の映画会をやってくれることになったドリームハウスの人に挨拶し、無事に前日の試写を終えた。

私の社会人1年目の時の新潟E ES時代の友人の縁が、このような縁を繋いでくれた。

宿泊は、新潟駅から車で10もかからない沼垂四つ角の町屋を改造したゲストハウス、懐かしい、私の20代が蘇る場所だった。

沼垂四つ角は、昔、製油所も独身寮もあった場所、私の青春時代の舞台でもあった場所。製油所の前に寺があり、朝市も開かれていた。

新潟の静かな秋の朝、懐かしい沼垂四つ角のひんやりした空気は、もう、私を、巨大な力で、20代の私に引き戻して行くようだった。

| | Comments (0)

September 23, 2017

世界観光博、東京ビッグサイト、

昨日は、休暇を取り、東京ビッグサイトで開催中のツーリズムエキスポに行ってみた。

世界中の各国の、魅力溢れるブースを巡ると、もう世界一周気分。見慣れないアフリカ大陸や、世界の小さな島々のパンフレットも入手。

インバウンド(来日観光)では、日本全国の温泉や自然、観光の目玉の英文資料を沢山入手できて、嬉しくなった。私は、いつも、観光地では、英文資料を集めて回る。

着々と、私の観光ガイド業の準備が進む。

もらってきたパンフレットの数々に、充実感。

| | Comments (0)

September 18, 2017

箱根小田原ボランティアガイド例会初参加、

一昨日、箱根小田原ボランティアガイドの会に初めて参加してみた。

土日しか空いた時間が無い私には、ボランティアガイドが向いているように想った。

ボランティアガイドで、研鑽し、腕を磨いてみようとも想う。

ガイド業務は、私が学生時代からやりたいことだった。

色々な、人生の宿題、人生でやり残したことを、少しづつ手をつけねばと想う。

ガイド業務の他にも、まだまだ、やり残したことのリストを想う。

今日は、横浜も台風一過の朝、ベルギー人の神父の友人の在日50周年お祝いイベントに、予定通り新潟へ日帰りで出かけようと想う。

ひとつひとつの私の縁を味わいながら生きる。

| | Comments (0)

September 13, 2017

主婦のメキシコ短期ホームステイ体験談、

昨日のヒッポ多言語クラブの横浜の例会で、この夏、メキシコに短期ホームステイをして来た主婦の体験談を聴いた。

最近、両親(90才代)を無事天国に見送って介護から解放され、海外ホームステイを思い立ったと云う。

写真や、資料を見せながら、興奮気味にしゃべり続ける姿に、どんなに、新鮮な体験だったかが伝わった。

メキシコの富士山と云われるポポ山があり、何と5000メートル以上(5426メートル)と知った。そう言えば、メキシコは、国自体が標高が高いから。暑くなくセミもいないことも想い出した。

人口は、1億2千万くらい、人々はフレンドリーで優しかっと云う。

貧富の差も大きいことも、見て来た場面の中で想像した。

子供のように、旅の驚きを語る主婦の姿に、旅の新鮮な驚きの数々は、人生に新しい意味あいを与えてくれることを想った。

| | Comments (0)

より以前の記事一覧