February 23, 2018

アラブとの縁を想うレセプション、2018

昨日はクウェートの建国記念日のレセプションが、パレスホテル東京で開催され、私も出席した。

大使館の催しだから、石油に限らず、色々な業界の人達、日本滞在中のアラブ人なども含めて、約1000人くらい。アラブ議員連盟の政治家達も。女性は着物姿の人達も、アラブ人はアラブ服、アラブ人の子供達も小さなアラブ服が可愛いかった。

東京ドームや代々木公園の流鏑馬などアラブ人家族と行った時の幼児の女の子は、私を見つけて、私に抱っこされた。

日本で歯科医の勉強に来ているアラブ人の知り合いにアラビア語で神を祝福する長めの挨拶(アッサラームアレイコム・ワラマハトアッラーヒ・バーラカートフ)をしたら、頬ずりされてハグされ、オイオイオイと戸惑う始末。

伊勢佐木町のアラブレストランのレバノン人のシェフも、会場でアラブ料理を振る舞っていた。

1989年、私がアラブ首長国連邦に駐在したときからアラブとの縁が始まったなぁと想う。娘もアブダビ日本人学校の同窓の友人の縁で最近結婚した。

アラブとの遭遇か、私の人生の一つの大きなイベント。それが縁と云うエネルギー。

| | Comments (0)

February 15, 2018

来日予定の海外友人達に囲まれて、3月初旬

3月6日~7日の毎年恒例の東京LPガスセミナーに向けて、海外の親しい友人達から続々とアポイントのメールが届き、賑やかな1週間になりそうで気持ちが高まる。

いつも、ギャグ大会のような飲み会をやるノルウェー人親子は、3月4日(日)の来日の日から有志飲み会を企画した。この会には若手商社マンなども入れとても盛り上がる。

セミナー前日の5日には、レセプションの後にシンガポールからの長年の友人との会食を入れた。

5日6日7日と毎日、セミナーの後にレセプションもあり、それこそ、長年関わって来た海外の友人知人達との再会の場となる。

台湾からの友人とのランチや、中東からのゲストとの面談などスケジュールも進む。

やはり、仲間たちとの交流が、元気の元になる。一方、静かな独りの時間のバランスも大事なこと。

静けさと祭りの組み合わせ、「静と動」を想う。宇宙のリズム。


| | Comments (0)

February 06, 2018

東神奈川の老舗米軍バー、ジュークボックスとの再会、

昨日は、会社帰りに、東神奈川の海岸・瑞穂埠頭のそばにある「スターダスト」と云う老舗のバーを初めて訪れた。

瑞穂埠頭は米軍の補給基地があり、昔から米軍関係者が多い出入りしたバーと云う。

カラオケで石原裕次郎の歌をかけると、昔の横浜の埠頭のシーンがよく出てくる。昭和30年代の日活映画のようなシーン。

訪れた「スターダスト」は、そんな昔の横浜の埠頭のようなシーンの中にあった。店には、ジュークボックスがまだ現役で動いていて驚いた。

私は、ムーンライトセレナーデなど聴きながら、バーボンの水割り。

地元なのに、知らなかった、昭和のテーマパークのようなエリアの発見。

| | Comments (0)

February 05, 2018

横浜そごう裏ベイクォーターのカフェ、

娘の結婚式を2週間前に控え、結婚式場の場所へのアクセスを調べに、昨日の朝出かけた。

横浜駅の東口はそごうがあり、そごうの裏には、ウォーターフロント、シーバスの発着桟橋もある。その道路を隔てた先に、横浜アートグレイスと云う結婚式場はあった。

当日、会場に滞りなく着けるように確認。

新婦の父としての礼服の貸衣装の手配も無事済んで、後は、当日を待つだけ。

会場へのアクセスの確認の後、ウォーターフロントのカフェテラスで、コーヒー。横浜の快晴の冬の日、海へ続く運河の前で、朝日を浴びて、静かな休日をくつろいだ。そんな一日も、私にとっては、「小さな驚き」の日。

| | Comments (0)

January 28, 2018

全国ガイド協会の新年会、

昨日は、Giccs全国ガイド協会の総会・新年会が六本木であり、約70人の全国ガイドのメンバーが集まった。恒例の30秒自己紹介。

今回も英語のジョークを言おうとする途中で、タイムアップ。

中々、短い時間のスピーチはむつかしい。

会員の、カンツォーネやジャズボーカルなど、余興も楽しみながら、会員同士の交流。

私も、英語の歌も、何かすぐアカペラで唱えるようにしとかにゃなぁと想った。

寒い冬の日、昼からワインを飲み過ぎたかな、と云う一日。

| | Comments (0)

January 19, 2018

夕暮れの有栖川公園、帰宅を促すカラスの子のメロディ

昨日、アラブと日本の関係の歴史を調べるために、午後、広尾の都立中央図書館に行った。1950年代からの新聞を検索して、知らなかった色々なアラブと日本の関係の歴史を知った。

中央図書館は、有栖川公園の中にあり、有栖川公園では、近くに住んでる外国人家族の親子が、大勢遊んでいた。母親と幼稚園や小学生くらいの子供達、サッカーボールで親子でボールを蹴り、シュートの練習、バレーボールのトスの上げあいのお母さんと女の子など、また走り回る男の子達。

全部、欧米人の家族達の光景。

有栖川公園には、池や日本式庭園もある。

夕方5時、有栖川公園の中を通り、帰りに駅に向かう時、公園で遊ぶ子達に家に帰ることを促すメロディが流れた。カラスの子のメロディ。

公園で遊んでいて、夕食に帰宅を促すメロディ。

子供時代、私も公園から帰ると、母親がいて、夕食があった、何でもない日常があった。

私も子供時代のほのぼのとしたシーンを想い出した。

| | Comments (0)

January 12, 2018

「いい そぅがぁち やいびーん、」 、沖縄の新年の挨拶、

昨日、沖縄の言葉で、新年の挨拶が「いい そぅがぁち やいびーん」 と云うことを、会社の沖縄出身の人から聞いた。「良い正月ですね」 と云う意味の言葉。

最初に聞いたら、完璧に外国語に聞こえたが、意味を聞き、ゆっくり聞いてみると、「いい 正月やねえ」 とも聞こえて来た。

改めて、人間の言葉は、基本的には一つとの意味を強く感じる。

この調子で外国語が身近になれば好い。

| | Comments (0)

January 05, 2018

小さな驚き実行、露天風呂から仕事始め、

昨日の仕事始めは、横浜の家を早めに出て、露天風呂(川崎)に着いたのは08:15 、 約30分、お気に入りの露天風呂に入った後、東海道線で品川経由、御成門の会社に10:00 無事出社。

快晴の冬の朝、都会とはかけ離れた山里の隠れ湯の雰囲気の露天風呂に浸かり、サッサとスーツを着てネクタイ締めて通勤電車で会社へ。

思いついた最高のアイデアを実行、何だか達成感。

正月から、結局4日連続で、同じ露天風呂通いを達成したことになりギネスブック並みと、密かに笑顔。

朝早く起きて、こんな、こんなことにトライする自分も、父親譲りのひょんきん者だと想う。

新年早々の可笑しなチャレンジ成功。

| | Comments (0)

January 03, 2018

哲学する正月、都市温泉通い、

深刻にもならず、だらけることもなく、正月の十分な時間を哲学して味わう。

今年の正月のアクセントは、川崎にある都市温泉通い、朝、家から30分で着く距離にある都会の温泉。

川崎の工場跡地を深く約1000mくらい掘って、都会でも温泉が出る。縄文時代の雰囲気を醸し出す露天風呂。

帰省ラッシュ、Uターンラッシュを避け、年末年始の混雑を避け、旅気分を味わう私の秘策となった。

露天風呂につかりながら、「何とかしなければ」と生きて来た人生は、両親も私も同じだと想った。だが、何も手を加えなくても、素晴らしい人生の場面が、いくつもいくつも見えて来る想いがした。

過激な生き方では息切れ、だらけた生き方では時間を潰すだけで感動がない。

人生は、何事も中道が好い。全てに白黒つける過激な青年期を経て、全てに意味を見いだして、尚、私が憧れる道を、テクテクテクテクと歩いて行く人生が好い。

| | Comments (0)

December 18, 2017

通訳ガイド営業力向上セミナー、小田原商工会議所、

一昨日夜、長崎から横浜に帰宅、場面はサッと切り替え、昨日は、私の今後の、趣味と実益のライフワークとなるだろう観光ガイドの営業力向上のセミナーに小田原商工会議所に出かけた。

神奈川県観光課主催で.日本観光ガイド協会の方々の講演、最新の業界の情報などを得た。

会場からの質問で、通訳観光ガイドの仕事に定年はありますか?との質問に対して、定年はありませんとの講師の言葉に、改めて嬉しくなった。

もし会社を辞める時が来たら、私はまた新天地を求める。それが私の両親からのDNA。満州から引き揚げ、全てを失ってからも逞しく生きた。笑顔も見せながら。

社会との関わり、旅と人、精進。人生を神に任せて、ただテクテクテクテクと歩く。

| | Comments (0)

より以前の記事一覧