May 30, 2017

2017年ラマダンの頃、

今年もイスラムのラマダン(断食月)が5月27日から始まった。毎年約11日づづ早まって行くラマダン、今年は、高校の大同窓会の日、日本海海戦三笠記念式典の日、三浦一族油壷海岸の流鏑馬の祭りの頃。

会社の中でも、アラブ人の前では、飲み食いをしないように配慮しなければと想う。

アラブ人の親しい友人たちに、ラマダンカリム(ラマダンおめでとう)のメールを発信した。

世界中の16億人のイスラム教徒が、神聖な空腹を想い起こす月。

今年は、来週から1週間、ロンドンに出張する。

ロンドン駐在の友人たちにも会えるのが楽しみ。

2017年のラマダンの頃。


| | Comments (0)

May 29, 2017

三崎マグロ切符で、油壷・海岸の流鏑馬、

昨日は、三崎マグロ切符(横浜から日帰り3100円のサービスチケット)を利用して、三浦海岸や油壷海岸の流鏑馬の祭りに出かけた。

毎年この時期に油壷の新井浜で行われる三浦道寸の祭り(流鏑馬)は、海辺で見る流鏑馬で、なかなかの歴史絵巻。私は、また.1516年にこの油壷海岸の新井城で3年もの籠城を経て北条早雲に滅ぼされた三浦一族の歴史を想った。

昨日は、一緒に行くと云っていたアラブ人も27日からラマダン(断食月)に入り、結局私は、日頃の一人旅のパターンだが、それも気楽旅の楽しさ。マグロ切符に含まれた契約レストランでマグロ料理や京急ホテルでの日帰り温泉付き。

一昨日の高校の大同窓会の二日酔いも、油壷の海岸の流鏑馬で、美しく癒えて行った。

「岬めぐり」🎶の歌に乗せて、

| | Comments (0)

May 22, 2017

アラブ人3人と行く三社祭りの浅草、大衆演劇、民謡、

昨日は、30代のアラブ人3人を、浅草に案内した。私も30代の彼らに溶けこんているつもりで、我ながら、変な性格かなと自覚しながら。

ちょうど浅草は三社祭り(19日~21日)の賑わいだった。

大衆演劇の木馬館では、歌や踊りは言葉がわからなくてもいいが、劇の部分は日本語がわからずに一時外に出てもと想ったが、彼らの希望でとどまり私が要所を簡単に通訳で耳打ちした。

江戸の朝霧と云う演劇で、ヤクザの抗争、敵討ちの劇で、アラブ人達にもわかりやすく、彼らも拍手喝さいを送っていた。

着物でのパワフルな踊りや、芸者のような踊りに、彼らが、とても盛り上がっているのがわかった。

彼らはイスラムの規律で酒は飲まないが、民謡酒場では、津軽三味線にも感激していた。ドジョウ救いの踊りも。

日本で歯科医の技術を学ぶ留学で滞在中のアラブ人や会社の同僚のアラブ人に、なかなか通常の観光コースにはならない大衆演劇と民謡酒場で.日本の一面を見て貰った。

私がプロデュースする観光コース、確かな手応え。

| | Comments (0)

May 19, 2017

2014年夏、紋別流氷公園の縁、有楽町フランスレストラン、

昨日、商社の顧客からの招待で有楽町のフレンチレストランApicius.と云うところでランチをした。

その店は、2014年夏、私が知床を旅して、東京へ帰る途中、紋別流氷公園で朝散歩中の地元男性に紹介されていた店だった。その男性は、そのフレンチレストランの創業者と深い繋がりがあり、東京から紋別に移り住み、北海道の新鮮な食材を調達し、その有楽町のフレンチレストランに定期的に送っている仕事をしている人だった。そんな食材にこだわりのあるレストランがあるのに、私は驚いた。

だが、個人で行くには、高級過ぎると、店には、行くことなく、もう3年くらいも経っていたが、有楽町のApiciusと聞いて、私はビビっとそのことを想い出した。当時の紋別流氷公園で撮ったその男性の写真をコピーして、ランチの時、店の支配人のような人に見せたら、「あっ、アベちゃん」と、その人のことがすぐわかった。

私の2014年夏のウトロ知床の旅と3年越しに繋がった縁、私の心に流氷の来るオホーツクの海がいっぱいにに広がった。

| | Comments (0)

May 15, 2017

木曽路を行く、85才女学生、

坐禅や気功の仲間の中に仲のよい4人組がいて、85才や70代半ばくらいの元気な女性達。

聞くと、一番年配の85才の女性が、女学生時代にふたりで行こうと約束した親友と、今月末に、木曽路を歩く旅をすると云う。

70年前の女学生時代に、「一緒に木曽路を歩こう」と約束したことを、今年今月実現するのだと云う。

親友の娘さんが、心配して、その木曽路の旅に付いて来るらしい。

85才の女学生ふたりが、手をつないで、歌を歌って木曽路を歩く。

| | Comments (0)

May 12, 2017

MKタクシーで行く京都、

昨日は、東京から、アラブ人ゲスト夫妻を連れて京都日帰りの旅が、とても心地よかった。

去年10月も同じようにアラブ人ゲスト達を連れて、日帰り京都の旅をしているので、全てが気持ちにゆとりがあり、ゲスト夫妻の満足する旅を演出することに専念して、ゲストの喜んでいる様子が楽しかった。

祇園の翼橋、リッツ・カールトンのお茶、嵐山保津川の舟.金閣寺、伏見稲荷、時々特別リクエストの買い物など、全てがMKタクシーの運転手さんと連携プレー。

人口150万人の京都に年間5600万人の観光客が来ると云う。京都市には1600の寺と400の神社があると云う。伏見稲荷の1000本鳥居は、実際は、1万本くらいはあるとのこと。

私も、通訳ガイドとしての道が、現実に近づいて行くように感じた。

| | Comments (0)

May 11, 2017

今日は、急遽京都日帰りツアー案内、

昨日、昼、来日中のアラブ人ゲスト夫妻から、急遽明日、京都に行きたいとのリクエストがあり、私は、喜んで同行することにした。

想い出の旅になるお手伝いをすることは、私も本望。

朝、大手町のホテルでピックアップして、7時過ぎの東京駅発の新幹線で出発。

京都では、タクシーを借り切り、8箇所を巡り、東京帰着は、夜2130の予定。

こんなハプニング的展開も、私は、楽しい。

今朝は、早朝、横浜から出発。早朝の電車も、異次元世界。

| | Comments (0)

May 10, 2017

浅草、居酒屋「捕鯨船」、

連休中に、浅草のお笑い芸人のリトルシアターに行った時、鯨が好きな私は、「捕鯨船」と云う名前の居酒屋に惹かれて、暖簾をくぐった。

そこは、なんと、ビートたけしの下積み時代からのお気に入りの店で有名な店だった。

ビートたけしや色々な芸人達のサイン入り色紙や、写真なども飾ってあった。

カウンターだけの店で、開店と同時に、すぐいっばいになると云う。私は、初めて入った時、よっぽど運が好かったと想う。

私は、久しぶりに、鯨の竜田揚げや鯨のステーキを食べた。感無量。

ビートたけしも好きだし、下積み芸人達の飲む姿をイメージしながら、居酒屋「捕鯨船」を味わった。

| | Comments (0)

May 05, 2017

病床の先輩の写真、新潟もウシガエルが鳴く頃、

新潟の親しい先輩は、この数年ずぅーと入院している。この連休に新潟にお父さんを見舞いに行った息子さんから、入院中の先輩の写真がメールで送られて来た。

ベッドそばには、お孫さんからのメッセージの絵、汽車の運転手さんだったから鉄道のカレンダーが飾ってあった。

寝たきりの病床で、愛する家族がそばにいる時の気配は、安らかなまどろみ、そして、そばに誰もいなくても、後悔なき人生は、楽しかった想い出が静かなまどろみをもたらしてくれると想う。

私が、誰も知り合いも居なかった新潟に新入社員で赴任し、独身寮に入り、寂しかった頃、独身寮のそばに住んでいて一緒に英語会をやって家族で親しくしてくれた先輩。

寮のそばの川では、ウシガエルが鳴いていた。ちょうど今、新潟でもウシガエルが鳴いている頃だろう。

| | Comments (0)

April 30, 2017

意外な観光スポットに驚き、

一昨日TVでやっていた外国人から見た意外な観光スポットの特集は、観光ガイドをやる上でとても参考になった。

宇都宮のサルが給仕してくれる居酒屋さん、武蔵小杉の京浜稲荷神社は京都伏見稲荷のような並んだ鳥居が少しありキツネが100匹くらいいると云う。

鎌倉江ノ電の江ノ島駅の改札口すぐの、小さな小鳥のレプリカが服を時々着替えてカメラスポットになっているらしい。

大船観音も根強い人気らしい。

私にとっては、驚きの人気スポットだった。

意外なことに気づくことの楽しさを感じる。

| | Comments (0)

より以前の記事一覧