July 05, 2022

佐渡古民家の旅、

今回の佐渡古民家の旅、仲良し4人組の旅、楽しかったなぁー。

高校時代の、ゴシップ話を、盛って、大笑いのオンパレード。

こんな人生の楽しみかたも、あるのかと思った。

人生の泣き笑いを、全てギャクネタに変えて、酒の肴にしてしまう。

旅と人の小さな驚きの醍醐味。

佐渡の従兄弟の家から50mの古民家の縁も、驚きだった。人生の縁。

|

May 30, 2022

良寛さんの新潟から、新幹線出勤、

今朝、新潟から新幹線通勤。0750新潟発新幹線で東京のオフィスに向かう。

新潟では、今度全国良寛会の会長になる予定のWさん(元新潟市副市長  大学同級生)と昨日の夜、居酒屋懇親会。

「盗人も残していけり窓の月」

「炊くほどに風がもてくる落葉かな」

とか、私の好きな良寛さんの句。旅と人に、いつも人生の心地よい驚きをもらっている。

|

May 07, 2022

勝新太郎、人物伝、

数日前に、銀座三丁目のサロンで、勝新太郎の元マネジャーのアンディ松本さんのトークショーを聴いた。

「芸に倒産はない」

1万円のチップは、周りの人達への感謝の「授業料」だった。

との話など、感動の嵐。

凄い人物がいたもんだと唖然とした。

サラリーマンには、絶対いない。

|

May 04, 2022

伊豆高原、洗練ジャズ倶楽部、西成のおっちゃん、東大の建築おっちゃん、

昨日の驚きは、伊豆高原の山中に、洗練のジャズ喫茶を発見、しびれた。

東大卒の建築士の山中の展示の面白さ、興味あることに、自由にのめり込み学ぶ姿勢が、しびれる。

西成のおっちゃんは、畑仕事の合間に、気の流れの整体治療をしてくれた。カリスマ的な治療士の、おっちゃんの笑顔は、まさに西成のおっちゃんの称号が相応しい、カッコよさ。

今朝は、天城の坐禅道場で、早朝4時から坐禅。

夜は、藤澤へ戻り、シャンソンのライブ。

日々の新しいページの縁が、私の人生を形創る。

|

March 30, 2022

駄菓子の懐かしさ、

昨日、品川駅の構内で、熊本物産展をやっていた。

懐かしさから、スズメの玉子と云う豆と、マルボーロと云う菓子を買った。ついでに、「すいぜんじ」と云う餡子の入った菓子も。

店には、「くまモン」も、いた。

故郷大牟田に、また、帰らなきゃ。

|

March 06, 2022

「山の歌」と云う映画に心惹かれる、

今朝ラジオで、「山の歌」と云う映画の紹介を聴きた。

日本人は、キツネに騙されなくなった。1965年頃からだと云う。

岩手県  遠野の森で、監督は、着想したと云う。

何か、神秘的なチカラの存在を、私は、今、懐かしく、また、ロマンとして想い出している。

|

December 09, 2021

桑田研究バンド、みなとみらい、

先日行った、サザンオールスターズの桑田研究バンドと云う、モノマネバンドのライブに行った(みなとみらいのハンマーヘッド)。

サザンの歌はすごい。

何かが違う。

私も、ひとり盛り上がる。

会場のレストランのウエイターのセネガル人とも、もう何度か来ているので、いつも言葉を交わす知人。

たまには、サザンの歌を聴いて、日々の生活にアクセント 。

|

October 29, 2021

父親から娘への詩、カンツォーネ、

父親から娘への詩、

友人の前迫實さん(全国カンツォーネコンクール優勝歴)から、彼が歌った「カルーソ」と云う曲について、歌の背景をメールで尋ねたら、昨日、解説が送って来た。

オペラ史上最高のテノール歌手と呼ばれた「エンリコ  カルーソ」が、48歳で病死する前、故郷のナポリ湾に面するソレントの海を見ながら、人生を振り返り、幼かった娘を抱きしめるように歌った詩でした。

|

October 27, 2021

ヨイトマケの唄、

昨日は、友人のカンツォーネ、シャンソンのコンサート(武蔵浦和のコミュニティセンター)で、何と「ヨイトマケの唄」に涙した。

全国カンツォーネコンクールで優勝経験の友人(前迫實さん)が唄う「ヨイトマケの唄」に会場が感動で静まり返った。

私は、ガッツ石松(ボクサー)が、東北から上京する時、駅に見送りに来れない母ちゃんが、

「工事現場で、母ちゃんが、泥の付いたスボンのポケットから取り出して、渡してくれたシワクチャの1000円札」が、今でも私の宝ですと、言ってたことを想い出した。

|

October 23, 2021

ビジネス、ラテン音楽ライブ、

昨日は、旅モードから一変、激変する石油ビジネスに切り替えも、心地よかった。

オフィスのアラブ人と、経済産業省に出かけて面談。日本政府も、現在のエネルギー価格の高騰に懸念、諸策を検討協議中。

会社帰りは、赤坂で、ラテン音楽のライブに出かけた。

バンドは、ノーチェックバーナと云う、有名な老舗のバンドだった。(石原裕次郎のレコーディングは、殆ど、このバンドが担当したと云う)。

音楽の素晴らしさを、味わった。

人生の諸縁に感謝する。

|

より以前の記事一覧