June 28, 2018

ガンジーの曾孫(ひまご)の方の講演を聴く、

昨日は、会社帰りに本郷の東大のキャンパスで行われた、マハトマ・ガンジーの曾孫にあたるシュリクリシユナ・クルカルニさんの講演「インドと日本の架け橋」を聴講した。

ガンジー(1869~1948)の子孫の方と想うと、全てが神々しく想えた。彼は1991年に東大の電気工学を学び、インドパナソニックなどを経て、今は、インドの経営研究機関の理事長をしている。

彼の揺るぎない哲学は、ガンジーを想わせると感じた。私は、前の方の席で彼の話に聴き入った。温厚で、明るく、目力のある人であった。

彼は、ガンジーに触発されたのか、インドの南端(カニャックマリ)からインドの北端まで7500kを歩いた体験も話してくれた。1日を8ドルで過ごした476日の、貧しい、人間の根源とインドを身体で知る旅であったと云う。

インドは国と云うより、国の中に世界が同居している感じだと云う。インドには、宗教の前にユニバーサルロー(法、即ち真理)があると云う確固たる自信に感動した。

幸せも不幸も、自然界は全て50%50%と云う哲学も、ヴィヴェーカナンダを彷彿とさせる。彼も講演の中でヴィヴェーカナンダ(1863~1902)に触れた時は、とても嬉しかった。

マハトマ・ガンジーの空気を感じる日の幸運に感謝した。

| | Comments (0)

June 23, 2018

妹とふたりパイプオルガンのコンサート、

昨日夜、神奈川県民ホールでパイプオルガンのコンサートがあり、小田原から妹も来て一緒に聴いた。妹から誘われて、久しぶりの兄妹の時間。

ウィーンから来日したパイプオルガンの奏者の奏でる調べは、ウィーンの街や教会の光景なども想像させた。

隣の席に座る妹、幼児の頃からの私の人生の光景、静かな時間。

昨日の夕方、イタリア旅行中の同郷ビジネスマンの会の友人が旅先で病気で急逝したとの報がショックだった。徒然草にあると云う「死は前から近づいて来ない。後ろから来る」と。

急逝した友人との時間を想い出しながら、パイプオルガンの調べ。

| | Comments (0)

February 27, 2018

アラビアコーヒー、上野国立美術館

先日、上野国立美術館で開催中の仁和寺展を見に行った時、別の建物でサウジアラビア展もやっていた。そのサウジアラビア展の建物の外の芝生にアラブのテントが張られ、アラビアコーヒーが振る舞われていた。

私は、テントの中に座ってみたり、アラビアコーヒーを飲んでみた。

アラビアコーヒーは、私がアラブ首長国連邦アブダビに駐在時代、アブダビ国営石油に毎日のように訪れて、アラブ人達と面談した時の空気を再現して、ワァーっと感動した。

上野の美術館で遭遇したアラビアコーヒー、、仁和寺展に行ったつもりが、千手観音とアラビアコーヒーか、意外な組み合わせに小さな驚きの縁、心地よい縁であった。

| | Comments (0)

February 16, 2018

「テニスの王子様」ミュージカル、アラブ人達と、

不思議なものだ。30代のアラブ人若者2人に連れられて、昨日は東京ドームシティホールに、ミュージカル「テニスの王子様・青学対比嘉」 を見に行く展開。

私のアラブ人達とのノリのよさか、好奇心の賜物か?、自分だけでは考えられない行動。

アニメ好きのアラブ人達は、日本語のミュージカルでも、お構いなしに見に行く熱心さに私は頭を傾げる。

見てみると、私も何か高校時代のクラブ活動を想い出して、結構、人生の愛おしい時代、シーンが脳裏に蘇って、楽しかった。

もう一つの驚きは、何と云っても、1000人以上の観客の殆どが、若い女性ばかりだったこと。男はアラブ人2人と私くらいしか見えない。こりゃ、すごいと、驚き、足早に退散した。

色々な縁で、不思議な体験をするものだ。

| | Comments (0)

January 25, 2018

空いた時間に、歌舞伎とジャズで、

昨日は、神奈川県観光課の主催イベント(1400~1600)に参加するために会社を休んだ。最新の外国人の訪日情報を掴むのに、新たな刺激となった。

空いた午前中は、浅草まで出かけて、浅草公会堂で、見たかった新春歌舞伎を初めて見た。

夕方は、大好きな、ジャズ喫茶(桜木町)で、大スピーカーのジャズ。

すっかり、日頃の石油の仕事は忘れて、歌舞伎とジャズ、私の即興の楽しみ方に、自分の年を忘れる。

何か、新しい世界が広がるようで。

毎日の人生のページをプロデュースするのは自分。

| | Comments (0)

December 12, 2017

芸術は個人を超越してこそ、

芸術は個人の意識を超越して対象の神性を描くところに真髄がある。私が描いたとか、誰が描いたとか気になっては、作品を観る目が濁る。

巨匠が描いた駄作でも有難がるのは、ビジネスマン、ミーちゃんハーちゃんの世界だと想う。名声で堕落して行く芸術家も多い。

私を消す力が法(真理)。法に従って生きることが安らぎ。

先日の、住職の法話の刺激から想う芸術論。

| | Comments (0)

December 09, 2017

浅草伝法院通り、芸人の街、

浅草伝法院通りは、萩本欽一さんやお笑いの有名人の写真が通りの電柱に飾ってある。ビートたけしのゆかりの居酒屋「捕鯨船」もある。

浅草公会堂は、先日、戦争体験を聴く会や、新日本舞踊(大衆芸能)の公演を見に行った場所。

「捕鯨船」の前にあるリトルシアターは、お笑い芸人のたまご達が芸を磨いている。また、シャンソンのライブが聴けるところ。プッチャリンさん(浅草のチャップリン)も出没するところ。

昨日は、会社帰りに、小雨の中、リトルシアターに立ち寄り、シャンソンを聴いた。

浅草は私の気に入りの場所、浅草伝法院通りは、何か心安らぐ場所。

| | Comments (0)

December 06, 2017

平家琵琶で聴く平家物語、解説はオーストラリア人教授、

昨日は、会社帰りに四谷のサロンで開催の平家物語を聴く会に出席。

解説は、何とオーストラリア出身のネルソン教授(法政大学文学部).彼は日本語も堪能で、源氏物語なども講義していると云う。

彼の平家物語の一の谷の合戦の解説を聴き、その後、前田流平家詩曲相伝の女性演奏家ふたりの平家琵琶の吟詠を聴いた。

色々な世界があるものだと、新しく覗いてみた世界の新鮮さ。

私の母親の里は、長崎の平家の落人のゆかりの里。

| | Comments (0)

November 24, 2017

三田祭でお笑い芸人30組やジャズ、そして四ツ谷シャンソン、

昨日は、三田祭でお笑い芸人達のライブを全て30組を見せてもらった。今年の三田祭は、学生たちのお笑い芸を、じっくり鑑賞させてもらい、とても満足した。合間に、ビッグバンドのジャズや、ビートルズ研究会の演奏も。

今年の三田祭はアルコール全面禁止で、毎年行っていた東北学生会の日本酒コーナーはなくなっていた。帰り際に中央ステージで見たバフオーマンスのフリースタイルのバスケットボールは、ミュージカルのようで、先日アラブ人と一緒に見た「キャプテン翼」を想い出した。

大学のキャンパスを歩くと、いつも想うことは、両親に一度キャンパスを案内しておけばよかったなぁと云う心残り。両親にとって、私を大学に進学させたことの感慨は、どんなものだったかと想う。

夜は、四ツ谷3丁目のサロン喫茶で、シャンソンの弾き語り。晩秋はシャンソンがよく似合う。遠い昔、銀座の「銀パリ」でシャンソンを味わっていた頃も想い出した。お笑いとジャズとシャンソンの一日であった。

| | Comments (0)

November 01, 2017

淡々と日常の中の美、俳句に立ち止まる心

今朝、新聞で見た俳壇の句に、ただ、心が立ち止まる。

「猫逝きて、石塀さみし鰯雲」

「貝殻をぎしぎし踏んで夏がゆく」

「道売りのぶだう買い足す里帰り」

ただ、感動の涙。

| | Comments (0)

より以前の記事一覧