February 12, 2018

娘と地元商店街の居酒屋にて、

結婚式を1週間後に控えた娘と、地元白楽の中の居酒屋で、ふたりで一杯。

娘が大学時代にアルバイトしていた頃、仲間たちとよく来たと云う懐かしい居酒屋に案内してもらった。

カウンターに座り、娘の懐かしい店かと、味わいながら、焼酎のお湯割り。

アブダビの日本人学校の小学一年生の時、鹿児島出身の清家先生のクラスは、授業さえ聴けば、教室のどこに座っていてもいい、自由な雰囲気だったと云う。湾岸戦争で一時帰国し、日本の小学校へ行った時、同じように行動し、学校の先生から、母親が呼び出されたのだと云うエピソードを聴いた。

家族でも知らなかったことが沢山ある。そんな発見をした娘との居酒屋の語らい。

| | Comments (0)

February 03, 2018

相棒のロンドン出張を応援、

来週1週間、ロンドン出張に出かけアラブ人の相棒に、昨日は、色々なブリーフィングをして彼の出張のサポートをした。

まだ、石油化学原料の市況分析に慣れてないアラブ人の相棒(後輩)に、ロンドンでの顧客達との交渉に際しての最新のポイントを伝授。

彼は、私にアラビア語を毎日教えてくれる。私は、色々なジョークも教えてやる。

アラブ人達に、色々な私の石油業界で体験し学んだ仕事のノーハウを伝授したり、人脈を繋ぐのが私の役目。彼らを日本で鍛えるのが私の仕事。

時に、私の息子のように想えば、親心みたいな気持ちで、サポートする気持ちになる。

ロンドンの冬は、また格別に寒い。若いから、全然大丈夫だと想って送り出す。

| | Comments (0)

February 02, 2018

商店街の食堂の夕食、3丁目の夕日

白楽の昔ながらの商店街の中に、定食屋さんがある。中年のお母さんがやっていて、もうひとり友達のお母さんとふたりで店をやっている。

時折、高校生くらいの女の子が店を手伝って、メニューを運んでくれる。素直に育っているようで、お勘定の時、私の名前を云って○○さんは○○円ですと云ってくれる。

母と子が、頑張って生きている姿が、3丁目の夕日。

昨日、降り始めた小雪の中、久しぶりに立ち寄ると、3人の男性が夕食や酒を飲んでいた。みなひとり暮らしか、何らかの理由で、家で食事ができない男性達のたまり場になっている。

私は、サバの文化干し定食と、焼酎のお湯割り。

注文を出し終えると、お母さんは、「○○さんは、最近大変なことがあって、毎日、昼だけど立ち寄るよ。」とか私の知人の話をしてくれた。

TVは、クイズ番組、壁には、幼児が描いた絵が飾ってある。

私の心は、不図、大学時代の下宿生活の頃にも、旅していた。

| | Comments (0)

February 01, 2018

会社帰りの勉強会も、箸休め気分で、

昨日は、会社帰りのエネルギー関係者達の勉強会と懇親会、研究機関の研究者が世界の天然ガス市場動向や中国の「一帯一路」戦略の解説などをしてくれた。

終わってから約20人で、中華料理屋で懇親会。

リラックスして、社会やビジネス動向の世間話をしながら、紹興酒を楽しんだ。中国駐在を最近終えて帰国した人から、最近の中国社会の様子も新鮮に聴いた。中国の多層的な経済構造や格差の拡大も想った。(中国では、共産党と云う富裕層か?と私なりのギャグ的考察をした)

私的な勉強サークルも、仕事にも大変役立っている。

昨日は、夜、虎の門からの帰りに、皆既月食のなごりの赤銅色の月を見た。

| | Comments (0)

January 30, 2018

夜のタクシーのドライブ、

昨日の驚きは、接待を受けたホストのアレンジで久しぶりに、タクシーで東京から横浜の自宅まで帰ったこと。

世田谷区の某社のクラブ(日本家屋の接待施設)で食事を終えると、ゲストの3人の中の一人の私にも専用のタクシーが出口にアレンジされていた。断ってみたものの、せっかくの厚意だから、お言葉に甘えることにして、まるでバブル時代のように、東京から横浜へのタクシーでの帰宅。

神が命じるなら、歩いても帰り、タクシーでも帰るなど、訳の分からないことを考えながら、夜の高速のドライブ。時折、運転手さんとの会話を楽しみながら。

働き盛りのビジネスマン達は、このようなビジネス・スタイルが、やはり好きで憧れなのかなぁと、ちょっと、離れて見る気分も人生の歳月。

| | Comments (0)

January 26, 2018

早朝の出勤も気持ちよい朝、

会社は10時出勤なので、いつも朝の連続ドラマを見た後に出かけて十分大丈夫だが、昨日は、朝10時からの国際シンポジウム(ホテルオークラ)の前に、会社の用務を済ませるために、0650くらいに家を出た。

快晴の冬の日の朝は、青空、白い雲が気持ちよかった。

会社には0820くらいには着いて、テキパキと仕事を済ませて、歩いて、朝10時過ぎには、ホテルオークラに到着。

石油関連の一日中のシンポジウム、途中抜け出して会社で顧客と面談、夜はレセプションに出て、無事予定通りの一日が終了。

朝のスタートが順調で、全て、段取り通りの一日だった。朝には強い自分には自信。

| | Comments (0)

January 24, 2018

出勤前の雪かき、横浜、

昨日は、出勤前に家の前の雪かきをした。

近所の人たちも雪かきをしていた。

こんな光景は、めったにないなぁ、と写真も撮った。

約30分間の雪かき体験、近所の付き合い程度の雪かきだったが、やるべきことをやった達成感はあった。

会社に着いて、出勤して来たアラブ人達に、雪を見れてよかったねと、声をかけ、私は、まるで、日本から彼らのへのプレゼントかのように、自慢げに云った。

| | Comments (0)

January 23, 2018

誰もいない雪道を往く、

昨日、夜8時頃、駅から自宅までの道は、積もった雪を踏みしめて歩いた。

車も通らず、誰も歩いていない、積もった雪の道。静まり返った雪の道。

約10センチ~15センチくらいに積もった雪の道。街灯や家の灯りがぼんやりと。

日本昔話の笠地蔵の道を想った。

誰もいない雪道を歩きながら、私が生まれたばかりの時の世界を想ったり、私がこの雪道で、行き倒れて息を引き取るシーンを想ったりした。たとえ、誰もいないこの雪道で死んでも、母親と一緒にいるようで、何か温かさを感じた。

誰もいない雪道を歩きながら、生と死の神秘を想った。

| | Comments (0)

January 21, 2018

2分間スピーチ、30秒スピーチ、

昨日は、小田原箱根ガイド協会の例会で、2分間自己紹介スピーチをした。

ガイドをしたい動機、今はアラブの会社で働いてること、英語のジョークを言おうとプランしていたが、英語のジョークの言いかけでタイムアウト。

英語ジョークより、英語ジョークが途中で終わったことで、むしろ笑いをとった始末。

来週は、東京のGiccsガイド協会の新年会、毎年、恒例の30秒スピーチがある。今度は、英語ジョークのみで行くかとか作戦計画。

徐々に、ガイドの仕事への興味が増して行く2018年。

| | Comments (0)

January 18, 2018

昨日、密かに涙したこと、

昨日、ひとりの時間に涙したこと、

最近読んでる本がきっかけに、電車の中で、蝶々婦人のストーリーをインターネットで読みながら、電車の中で涙した。長崎の光景に蝶々婦人の人生が浮かんで来た。

もう一つは、阪神大震災の遺児のドキュメンタリー、震災の前日、二段ベッドを買ってもらって、喜んで両親と離れて寝た日の朝、両親は箪笥の下敷きになって死んだ。

成人し結婚し、子供が生まれた時、号泣し、「パパママのところに行きたい」と云う想いを叫んで泣いた。

密かに涙することは、悪いない。日々を生きてる実感がする。

| | Comments (0)

より以前の記事一覧