November 16, 2017

勘違いも縁、九段下、神田神保町、

昨日午後は、有楽町の国際フォラムで開催のエネルギーシンポジウムに行き、その後、九段下のチュニジア大使館で開催のイベントに向かった。

大使館の扉は、会が始まる18時前でも閉まったまま、不思議にまごまごしていると、駐車場にいる大使館員、私は思い切って事情を話して、再度、昨日のイベントの日時を確かめてみると、来月の15日、、私の1ヶ月の勘違いが判明した。私は、参ったなぁーと苦笑いして、その大使館員と名刺交換。

話してみると、彼は、何と愛宕の森タワーの住居棟に住んでいて、まさに私の勤務するオフィスのある場所。これから帰るところだから一緒に車で送りましょうかと親切に云ってくれた。

さすがに、初対面で、某国の大使館員の車に乗るのは、親切には感謝して遠慮させて貰ったが、大使館員の彼と奇遇な出会いとなった。チュニジアは、古代ローマ帝国と戦いを繰り広げたハンニバル率いるフェニキアの植民地カルタゴのあった場所。精悍なフランス人っぽい大使館員に、フェニキアへの歴史ロマンを想った。

帰りの地下鉄の乗り換え駅は神田神保町、タンゴ喫茶で珍しいコーヒー酒(コーヒーに焼酎)を飲み、古本屋にも立ち寄り、横浜への帰路についた。

地下鉄の日比谷駅と神保町の路上で、それぞれに、偶然、私の前に勤めた会社の後輩ふたりに会ったのも、昨日の不思議な縁だった。お互いの連絡先を知らせあって、また交流が続く。

勘違いがもたらした様々な縁、勘違いも私の人生が引き寄せた縁の成せる技。

| | Comments (0)

November 15, 2017

年賀状前の喪中ハガキが来る頃、

最近、会社から帰ると、毎日、年賀状前の喪中ハガキが届く時期になった。昨日も数枚、その中に、私の友人の逝去を知らせる奥さんからの喪中ハガキが一つ。

学生アルバイトで、KM観光バスの添乗員のアルバイトをした時の、大の仲良しだった友人、2才年上だったが、既に、今年亡くなっていたことを知った。

「何てったって18才」と云う、岡崎有紀や松坂慶子がバスガイド役で登場するKM観光バスの添乗アルバイトは、大学時代の最高に楽しかった想い出。

大崎のKM観光バスの車庫があった場所は、青春時代の想い出の場所、亡くなった友人との色々な場面や表情を想い出す。

私が、約15年前、前の会社を辞めて、念願の気ままなひとり旅をした頃、長野県諏訪市の彼の自宅(実家)を訪ねた。再会しててよかった。

初めて訪れた諏訪湖の、湖畔の家だった。

旅の想い出は、ほのぼのと、KM観光バスは諏訪湖湖畔を走る。

| | Comments (0)

November 14, 2017

20年以上続く同郷のビジネスマン交流会、

昨日は、有楽町のフォーラムの東天紅で、毎年恒例の同郷のビジネスマンの交流会(今年は15名)を行った。立食で、三々五々に始めて、三々五々に終わる、冒頭の挨拶や乾杯もない形式で、気楽な形。

多少酔ったところで、各自の短い近況の一言。みんな結構、笑わせてくれる。

大牟田、久留米界隈の出身者達の集まりで、三池高校や久留米大学附設高校の出身も多い。こんな20名弱の会から、最近、高校の同窓会会長がふたりも出るなど快挙。

また、今年4月、エネルギー事業の社会貢献で、叙勲(藍綬褒章)された人まで出る活躍ぶり。

それぞれに大会社の役員になった数人もいるが、普通の同郷ビジネスマン達の、何となくの集い、談笑の会。東京に単身赴任中の弟も、最近出るようになった。昨日は、初参加の若手もふたり参加して盛り上がった。

この会は、みなが定年後も楽しそうな会、20年以上続く楽しい会。

| | Comments (0)

November 10, 2017

会社帰りの勉強会も娯楽の場、

昨日は、会社帰りの勉強会、石油会社をめぐるエネルギー供給構造高度化法の第3次告示に就いて、サウジアラビア、イラク情勢などのプレゼンテーションを聴き、懇親会も出席した。

業界の勉強好きな人達、有志が毎回約30~40人は集まる。

勉強と、友人知人の交流、懇親会が楽しみで昨日も、帰宅は深夜になってしまった。

懇親会では、政治や経済、歴史観など、また禅の思想なども話したり、私は案外楽しんで、周りの人に、独演会などと云われる始末。

一番周りの人達に手応えがあった話題は、禅で学んだ思想のこと。サラリーマン達も、真理探究への渇望がある。仕事に覆われ、人生が漂流しているように想う。

私は、ちょっと変わったサラリーマンを生きる。

| | Comments (0)

November 08, 2017

昨日、忘れ物のコート回収、

一昨日会社帰りに電車の荷棚に不注意で忘れたコート、昨日、東急線に問い合わせたら、コートの忘れ物は、一つありましたと云う。

昨日、会社帰りに日吉駅に、保管してあった忘れ物のコートを見に立ち寄ったら、まさに私のコートだった。最近、買ったばかりのコートだったので、見つかって、とても嬉しかった。

一日何十万人の人が利用する東急線で、たった一つ、その日のコートの忘れ物が届いていたことを想うと、いかに幸運だったかがわかる。

不運と幸運が織り成す日常を想った。

立ち寄った日吉駅は、大学時代に住んだ街。中央通りや普通部通りなどを歩いてみた。

日々の小さな縁が織り成す人生。

| | Comments (0)

November 05, 2017

新宿、静かな会食の会、思いがけない学び、

昨日の会食での小さな驚き、友人有志4人との落ち着いた会話の中での学び。

私が、良寛和尚の句「盗人に取り残されし窓の月」に感動した話をしたら、古今著聞集(鎌倉時代の説話集)に、盗人が盗んで逃げる途中で落として行った着物を、探して届けた話が書かれていることを聴いた。すごい話だと驚いた。

医師の先輩からは、熱っぽい医療現場の話。胃ろうも、好い治療療養の方法であることを聴いた。

私が、「おしん」はイランでは、大人気と云う話を紹介したら、東南アジアを何度か旅してきた友人からは、ヴェトナムではメイドさんのことを「おしん」と云うことを聴いた。「おしん」が固有名詞になる浸透ぶりにも驚いた。

たまには、こんな静かな語らいも好い。小さな驚きを感じながら、美味しい酒だった。

| | Comments (0)

November 02, 2017

アラブ人を連れ会社巡り、ある日常、

昨日は、午後、会社のアラブ人たちふたりを連れて、顧客巡り。

午前中は、業界の最新ニュースを手際よくまとめて、本国へ発信。

六本木ヒルズで顧客とのランチ、その後、青山や大手町の顧客巡り。

ビジネスは、淡々と流れて行く。

アラブ人たちには、ビジネスの想い出より、日本の旅の想い出が大きな想い出。

今週末の私の提案は、入間の航空ショーと、明治神宮の流鏑馬。

私にとっては、人生もビジネスも、観光の一部、いつも何か、珍しいものを発見して、人生に感謝する。

| | Comments (0)

October 31, 2017

定食屋のおばちゃん達に法話、

先日の雨の日、会社帰り地元の商店街の定食屋さんでお酒と定食を食べた時、他にお客さんもいなく、おばちゃんが私が以前、坐禅をしていることを聞いて、私に坐禅のことを教えて下さいと云った。

私は、坐禅で住職から学んで来たことの要点を、さらさらさらと話始めた。「晴れて好し曇りても好し富士の山」、「春は花・夏ホトトギス・秋は月」、「雨の一粒一粒も落ちるべき所に落ちる」、「無功徳に働く、結果は神のもの」など。

店の中年のおばちゃんふたりの、熱心に聴きいる様子は心地よい手応えだった。

何か、おばちゃん達の人生観に、訴えるものがあったのだろう。

他のお客さんが入ってくるまでの約30分くらいの間の出来事。

私が、思い掛けずにも、定食屋さんで行った辻説法。何か大きな満足感を味わった。

| | Comments (0)

October 22, 2017

小田原・箱根ガイド協会例会、綱島坐禅会、白楽商店街祭り、

台風接近はしているが、まだ関東への影響は今夜なので、昨日は、予定通りのマグロ型回遊日程の一日を送った。

朝10時からの小田原のガイド協会の定例会に出席、小田原の観光の促進アイデアをあれこれ話し合った。観光は、観光資源の見直しもさることながら、SNS.Fabe Book インスタグラムなどのメディア戦略が大事だという意見に納得。京都、鎌倉、箱根などは、もう宣伝が要らないくらいの知名度、集客力があることを、その背景を考えてみた。

小田原の魅力は私にとっては干物、あるメンバーが、英語で干物は、「魚のミイラ」と云って、私はギャグネタにメモも。

夕方には、綱島で、坐禅会。その後、自分の法との出会いと、人生への安らぎの根源を想った。

夜は、地元の白楽商店街の「ドッキリ闇市」と云うイベント散策。ジャズ、ロックバンド、フラメンコ、フラダンスなども。「ザルは要りませんか?」と云う声に呼び止められて、最近閉店した銭湯の不要品の販売コーナーで、ザルなどを買った。ザルの使い道は、ギャグの小道具、自らを笑う。

そんな、昨日の私の回遊。

| | Comments (0)

October 06, 2017

新橋の英語カラオケスナック50年の営業に幕、

新橋の会社時代に行きつけだった英語のカラオケスナックが今日で50年の営業に幕を下ろす。

昨日、最後に挨拶に飲みに訪れた。2000年前後に私が時折外国人ゲストを連れて行った時の写真が数枚、店のアルバムに残っていて、記念にもらった。

オーストラリア人の友人は、私も出張で彼が住むアデレードに行き、親しく交流したことを想い出す。

当時私がよく歌ったのは、「ロシアより愛を込めて」、「酒とバラの日々」、「枯葉」など。

店のマスターも奥さんも、大のギャグ好きで、私も盛んにギャグの応酬をした。

昨日も、私にギャグを仕掛けて来て、私は、逆襲した。

頂いた写真は、思いがけない私の、熱血ビジネスマン時代の証拠品となる。

| | Comments (0)

より以前の記事一覧