August 20, 2018

北区戦争展、すみだジャズ祭り、そして横浜根岸の居酒屋、

昨日は、朝10時から始まる王子の北トピアの戦争展のドキュメンタリー映画「花ばぁば」を見に早くから出掛けた。

「花ばぁば」と云う絵本は、従軍慰安婦のことを描いた絵本だった。作者の描きたかったことは、人間は戦争になるとこのようなことをしてしまうと云う反戦の絵本だった。従軍慰安婦問題が今も投げかけている人間の悲しさを、改めて想った。

その後、錦糸町駅界隈の路上で繰り広げられていたジャズ祭りを見に行き、暫く道路の縁石に腰掛けて、ジャズの調べに浸って過ごした。

夕方は横浜根岸で、懐かしい友人達との居酒屋懇親会、まるで時事放談のように世相や人生を語りながら飲んだ。そんな一日を、愛おしく新鮮に想う。

| | Comments (0)

August 18, 2018

職場のアラブ人送別会、新橋の居酒屋にて、

昨日、8月末で帰国する職場のアラブ人の送別会を日本人4人で新橋の居酒屋でやった。

3年間の日本滞在中、日本の文化、生活をこよなく愛した彼は、新宿ゴールデン街も探検したほど。日本では酒もたしなんだから、居酒屋送別会となった。

花見、ボーリング大会、50周年記念パーティー、など楽しかった想い出など語りながら、彼の新しい人生の充実を祈念した。

小さな職場だから、仕事では、激論を交わしたり、喧嘩もした。

人生の出会い、彼の3年間の日本滞在を演出した私を想った。

| | Comments (0)

August 07, 2018

昼も夜も送別会続き、

8月末で本国へ帰国予定のアラブ人の送別会が本格化し、昨日は昼は赤坂キャピトル東急、夜は神田の居酒屋に同席した。

送別会の合間に仕事してるような、リズム。

サラリーマン生活の可笑しな日常。

お盆休みの時期も、送別会だらけのあわただしさ。

9月に入れば、新しいアラブ人も着任すると、今度は、歓迎会続き。

サラリーマンって、不思議だと想う。

不思議なサラリーマン生活も、時に面白い観察の対象。

| | Comments (0)

August 06, 2018

台風みたいな同窓会が通過、

考えてみれば、同郷の同期有志同窓会は、数日前から影響が出始め、通過後も多少影響の残る台風みたいなもの。

昨日、1230頃、同窓会台風は横浜に上陸し、雨風のような、雑談ジョークの嵐が吹き荒れ、強風にあおられ、頭が転倒する人も。

昨日の2100頃、熱帯低気圧になり台風の騒動は終了した。

台風の被害状況は、頭の中がガチャガチャになったこと、これから復旧作業が始まり、徐々に平常を取り戻すことでしょう。

| | Comments (0)

August 04, 2018

地元の夏祭りの頃、

今日明日は地元の町内会の夏祭り、以前は櫓作りや屋台のフランクフルト焼き綿飴係などもやっていたが、今は手を引き、時間があれば、見物に行く気楽さ。神輿担ぎも何年もやった。

神社の芸能祭は、踊りや歌、演奏なども、楽しく見物できる。空いた時間に味わおうと想う。

明日は、私が幹事の郷里の横浜同窓会、昼から多分深夜までか?

集合は、12時34分56秒,このような時間設定も、私の茶目っ気。

2018年、夏祭りの頃。

| | Comments (0)

August 03, 2018

石油業界のトップ主催のアラブ人の送別会に同席、

昨日は、会社のアラブ人(8月いっぱいで帰任)の送別会を、某、石油業界のトップの方に主催してもらい、私も同席した。

彼にとっては、3年間の日本滞在の素晴らしい想い出にもなる、光栄な送別会であった。

若くして日本に来て、あれこれ日本について学び、また仕事の上でも、顧客の各石油会社の方々と信頼関係を築いて来た彼にとって、さぞ嬉しかったことだろうと想う。

私も、アラブ人達が日本に来て、このような晴れがましい気持ちで、本国に返してやることを、嬉しく想う。昨日は、愉快な談笑のなか、しみじみと美味しい酒を味わった。

| | Comments (0)

August 02, 2018

後輩達と当時のように、

一昨日の夜、元の会社の私の率いる課の後輩達5人と新橋の居酒屋で、久しぶりに愉快な懇親会。

今年の連休明けに、急逝した後輩のことがあり、時折、何年も、会いたい人に会っていないと悔いを残すと云う想いから、私から後輩ひとりに声をかけて集まった後輩達。

私よりうんと若いのに、最近大病を体験した話も複数聴いた。

私は、当時課長でありながら、ギャグばっかり飛ばして後輩達を笑わせていた想い出。今回は、私の不意打ちギャグに負けじと、ギャグ反撃の後輩もいた。

可愛いいものである。私も思わずメモしたギャグも二つ。

元の会社の新橋の本社ビルが丸の内に移転して、その本社ビルが建て替えられたビルにある居酒屋で飲みながら私は昔のように、周りをギャグで笑わせた 。昔,本社ビルがあった場所にある居酒屋で、かつての課の若者達との懇親会は、それだけでも痛快だった。当時真面目に,私と机を並べて働いた仲間たちとの時間は、ほのぼのとした時間だった。

| | Comments (0)

July 25, 2018

レセプションのハシゴ、回遊を続けて、

昨日は、私のマグロ型行動の真骨頂発揮した日だった。

1800から霞が関の霞山会館で海運関係のレセプションに30分だけ参加して、旧交を温める人数人。

その後、すぐ大手町の、LPガス関係の同窓レセプションにタクシーで直行して、途中合流した。

みんな、懐かしい先輩や後輩達との交流。

沢山の友人知人が、私の、日常に新しい刺激となり、気分を変えてくれる。

毎日、場面が.コロッと切り替わる過ごし方も、私の生き方。

| | Comments (0)

July 19, 2018

元の会社の先輩達と新横浜会食、自分の若手感が蘇る、

昨日は、オフィスを定時の1800に退社して、品川発1834の新幹線で新横浜へ、1900には、新横浜駅前の居酒屋で、元の会社の先輩達5人と合流、

私が30代の頃の会社生活の雰囲気を想い出しながら、また、当時の先輩達との利害関係の無くなった今を、新鮮な気持ちで楽しんだ。

当時は、仕事の話が中心で、水面下では張り合ってばかりいた仕事盛りのサラリーマン達だった。

今では、好好爺の域かとも想え、その変化ぶりに苦笑する。

それなのに、まだまだ女性の話で盛り上がったり、それも、若い時より、そんな話も力が抜けて可愛いくも想えた。

仕事では、ぶつかったり、不満だった先輩達も、今では、私の人生の風景の愛おしさに変わっていた。

| | Comments (0)

July 18, 2018

同期生5人、パンダの折紙の驚き、

昨日、元住吉の行きつけの居酒屋で、元の会社の同期生5人が集まった。

私以外は、仕事も辞め、時間的にはかなり自由な身ばかり、私はいつものように会社終業後直行しても、1時間遅れで合流して飲んだ。

昨日は、最近仕事を辞め、色々なことに、興味が爆発している友人がいて、パンダ[の折紙を見せてくれた。かなりの技術が要る折紙の技だと、しげしげと眺めた。お土産にもらった。

卓球、折紙、俳句、農園、手品、人生のルネッサンスかと想う。大学卒業後、長年同じ会社、業界にいて、封印していた興味が、噴火しているのかと想った。

いつも人生は、目を凝らして見れば、興味深々の光景。

ピカソのように、益々、子供のような目で、周りを見て行ければ素晴らしい。

私も、見慣れた光景も、顕微鏡のような目や、鳥の目のような俯瞰図を想像したりすれば、楽しくなる。

パンダの折紙からのメッセージ。

| | Comments (0)

より以前の記事一覧