April 13, 2019

小さな驚き、学びの泉、

毎日の小さな驚きを想い出すと、いつしか、小さな学び、大きな学びにつながっていることに気付く。

驚きは、時に嬉しくない驚きもある。心地よくない驚きには、特に神(宇宙・自然)からのメッセージを感じる。

思い通りにならないことから、沢山学んで、真理(神)の世界の素晴らしい景色が拓けて来る。

そうなことを想う休日の朝、今日も、新しい小さな驚きとの出会いを求めて、マグロの回遊が始まる。

|

April 12, 2019

何げない会話、近所の人、

今朝、通勤のために家を出ると、近所の人が、「今日は昼頃、少し雨が降るようですよ」と声をかけてくれた。

すぐその後、道路に落ちたサクラの花びらの掃除をしている近所のご主人が、私の足の具合をたずねてくれた。まだ、足を引きずってる私に、ふざけて、「ボーリングなんかするから、そんなことになる」と笑った。

朝、自宅を出て、すぐ2~3分後の近所の人達との会話が、何故か、心安らいだ。

余り意識しないけど、人とのつながりの存在を想う。

何げない一日の、気付けば、みずみずしい展開。

|

April 07, 2019

地方選挙の投票、浦島小学校、

今朝は、出かける前に地元の浦島小学校の体育館で、神奈川県知事と県議の選挙をした。余り熱烈な支持者はいないが、民主主義は投票権を破棄したら終わりだと思うから、消去法で、支持者を決めて投票した。

 

民主主義は慣れて来ると劣化して、ポピュリズムや独裁制を生む土壌を作る危険を秘めている。

 

関心は薄くても、頑張って投票に出かけた。出かけてみると、町内会の人に会ったり、娘の卒業した小学校の体育館を味わったりした。

 

そして、今日も、エネルギー、通信に関する最新動向に関する経済セミナーに出かける。

|

April 06, 2019

後輩の訃報、サクラ満開の頃、

一昨日、友人のネットワークから、元の会社の後輩(50代)の訃報が流れて来た。


 


月曜日は会社に来て、火曜日連絡無しで欠勤したので、会社の人が水曜日にアパートを訪ねたら、亡くなっていたと云う。病気がちで、ひとり暮らしをしていたのだと云う。


 


若い頃は、大勢で、愉快に飲み歩いた後輩。


 


2~3年前、根岸製油所の輸入係OB会で会ったのが最後となった。数日前、突然の今生の別れが訪れた。


 


2019年、令和の改元を見届けて、愛すべき後輩は、西行が憧れたサクラの満開の頃に、旅立った。


 


 


 

|

April 05, 2019

目黒川の花見、戦艦大和の話など、

昨日は、会社帰りに中目黒駅から バスで2駅の、目黒川の端っこのサクラスポットにある居酒屋で、カリスマ会約10人の花見の宴。人混みもなく、目黒川花見の穴場スポットだと想う。

カリスマ会は、私にとって、色々な学びの多い会で、居心地も好い。

昨日は、戦艦大和の話題もあり、最期の出撃の時、長男、親一人子一人の者、余りにも若い者は、上官から乗組を外されたと云う。

大和は3332名の乗組員で、生存者は276名だったと云う。

そんな話に、カリスマ会の男達は、満開のサクラと酒を楽しんだ。

 

 

|

April 04, 2019

毎日ちょっとだけチャレンジ、令和元年のサクラの頃、

毎日ちょっとだけ自分に負荷をかけて、チャレンジする生き方の心地よさを感じる。

今まで、出来ないとか、やりたくないと想っていたことも、チャレンジする意義があるなら、思い切ってやると、意外と充実感があるものだと想う。

何か、日々の新しい展開に、小さな驚きが生まれて、時を忘れる。

幸せな展開も、思い通りにならない展開も、新しい気づきが、エネルギーになって行く。

今日も、何か新しい発見がある。

|

April 03, 2019

今朝は、マルクス・アウレリウス皇帝の自省録、

今朝の100分で名著は、第16代ローマ帝国の皇帝、マルクス・アウレリウスの「自省録」だった。

外の世界は、表象に過ぎない、全ては自分が決めていると、そんな1世紀くらいの皇帝も気づいていたことに驚く。

昨日は、会社を休んで、初めて鍼灸院に行ってみた。体の歪みを矯正したり、針治療。

昨日も、今日も、新しい気分。

「令和」の元号の新しい気分が、人生を新しく感じさせてくれる。

| | Comments (0)

April 01, 2019

旅するフランス語を聴きながら、平成最後の朝、

今朝、快晴の春の日の朝、朝のTVは「旅するフランス語」のバックグラウンドミュージック。

平成が始まった年の私の始まりは、私が幼児の娘を連れて皇居へ行った想い出、その年の夏、中東へ赴任した想い出。

今日は会社の近くの公園で、昼休みに、会社の5人で花見。

サクラの写真を、世界各国の友人達に発信する。

新元号の始まりの日の想い出になる日。

| | Comments (0)

March 17, 2019

ランボー(飲み仲間)と再会、

週末金曜日の昼休み、会社そばの郵便局に行った時、郵便局前の道路で、大阪転勤以来会ってなかった飲み仲間の商社マンの松葉杖姿と遭遇。部下らしいスーツ姿の二人の男性に付き添われていた。近くには慈恵会医大病院がある。

「ランボー」、思わず再会の歓声。「足どうした?」、、「こけた」と云うのが、久しぶりの再会の言葉。

東京に帰って来て、某LNG会社の役員の名刺を貰った。また、足治ったら、愉快な飲み会やろうと約束した。

何度も一緒に飲んだノルウェーの友人にも早速、その再会をメールした。

賑やかな飲み仲間との再会、松葉杖姿、彼らしい。

| | Comments (0)

March 15, 2019

変顔の記念写真.後輩達の茶目っ気、

昨日、メールで送られて来た後輩達との13日の送別会の写真に、わざと変な顔をして写っている記念写真(集合写真)があった。

普通の顔で写っている私の周りに、後輩達男女が、変な顔をして写っていて、大笑いした。

まるで幼稚園生みたい。

変顔の記念写真も、素晴らしい想い出になる。

格好いい後輩達の変顔は、笑いたい時に見て笑える写真。

| | Comments (0)

より以前の記事一覧