May 22, 2018

ラマダン中のアラブ人達、

毎年11日づつ早くなって行くイスラム教徒のラマダン(断食月)は、今年は、5月17日から始まった。

会社のアラブ人達の前では、私も飲食は、避ける。

アラブの本社も仕事は、効率は落ちる。アラブ人達みんな、手加減した仕事になる。

オフィスも、いつもより静かな、疑似休日モードになり、私も、いつもよりリラックス。

イスラム教徒は、面白い習慣を持っているものだと想う。

アブダビ駐在時代に聴いたモスクから流れるコーランの響きの心地よさも想い出す。

| | Comments (0)

May 21, 2018

住職のラジオ放送、

昨日の朝、0830~0900NHKのラジオ第2放送の「宗教の時間」と云う番組に、住職が出演した。

禅と太極拳を通じた道、「どちらに転んでも好い」と云う住職の出家の発心について、感動的な話であった。住職の憧れにも似た真理探究の道が、禅と太極拳であった。そして、どちらに転んでも好い、そして転びようもない境地の存在、輝きを語って頂いた。

住職の太極拳のメンバーの人達は、綱島の体育館に朝集まり、みんなでラジオ放送を聴いたと云う。

私は、ベランダの快晴の横浜の景色を眺めながら、ラジオから流れる耳慣れた住職の声が心地よかった。住職が語る真理の世界は、亡き母との静かな安らぎの世界を想い出させた。

追記、このラジオ放送の再放送は27日(日)1830~1900NHKラジオ第2放送。

| | Comments (0)

May 20, 2018

3才児に抱っこせがまれて、

昨日は、朝ヒッポクラブに行くと、私を見つけて、私に飛び付いて来る3才の女の子がいた。私に懐いて、抱っこをせがまれた。

3才の女の女と友達になった感じが、ほんわかと嬉しかった。

会がある間、私に近づいて来て、手をつないだり、えらく私に懐いだものだと、小さな驚き。

動物に近づくムツゴローさん状態ような自分を感じた。

ちっちゃい子達が近づいて来てくれるのは、不思議なくらい心が休まる。

| | Comments (0)

May 19, 2018

ロシア語の歌発表、パソコンの会総会、坐禅会、

今日は、朝は、多言語クラブのイベントで、みんなでロシア語の歌を歌う。数週間前にメールでもらい、各自練習しておく手はずだった。私は、今朝、出かけるぎりぎりまで練習。

パソコンソフト、マイツールの会の総会は、午後一番、横浜の石川町の会館、たまには、顔を出して顔つなぎ。この会のおかげで私は、ブログも約10年前から書き始めた。

そして、夕方は、綱島で坐禅会、明日のラジオ放送を前にした住職の法話を聴く。

私らしいマグロ型の回遊の一日が始まる。

| | Comments (0)

May 18, 2018

家裁調停委員のOB.OGの会、

先日の夕方、横浜家裁の調停委員の同期同窓会が横浜のホテルであり、久しぶりに参加した。

2004~2006年くらい、私は、横浜家裁の調停委員を勤めた。私の人生では、異色の体験だった。

参加者14人の方々の近況も、春の叙勲を受けた方や、ご病気されている方や、様々な、私が知らなかった驚きがあった。多少、家族法を勉強したり、約100組くらいの離婚調停に関わった想い出も。

最近よく、友人知人の病気の話に、寂しさを想う。生老病死は、逃れなれない自然の法則であるが、友の病気の報は、それだけで、何か深いメッセージがある。

病床にいる友人知人達のことを想う。

| | Comments (0)

May 11, 2018

順教尼記念行事、三浦道寸流鏑馬祭り、高校同窓会と重なる、

5月26日(土)は、行きたいイベントが沢山重なって、やむなく一つを選択せざるを得ない日となった。

三池高校の大同窓会は、毎年の最優先イベント、高校の各世代の先輩や後輩と会い、また同期生達との二次会も。

ちょうどその日に、大阪で、私が何度も自主映画会をやった「順教尼」の記念イベント開催の案内が来た。大阪天王寺は、順教尼の養父中川万次郎の墓があるところ、順教尼の縁者の方々と交流ができるイベントで、大変心が残る。

また、その日は、三浦半島の油壺の海岸で流鏑馬祭り、三浦道寸祭りがある日、海岸での流鏑馬は、ユニークなイベント、私の推薦する観光イベント。

5月26日は、高校の大同窓会は、昼から市ヶ谷のアルカディアであるが、午前中は、新松田の造り酒屋でのガイド研修のスケジュールも入れてしまった。

何と云う、イベントの重なる日になったことかと想う。

造り酒屋のガイド研修と高校の大同窓会を、充実して過ごさねばと想う。

| | Comments (0)

May 10, 2018

アラブ人ゲストの全スケジュール終了の安らぎ、

昨日は、アラブ人ゲストの経済産業省の高官との面談に同行し、今回のアラブ人ゲストの日本でのスケジュールが全て終了した。

連休明けの嵐のようなスケジュールが無事終わり、昨日は、早めに帰宅し、早めに就寝した。

場面を切り替えて、いつもの、マグロ型に動き回る私に返ろうと想う。

今回の、アラブ人ゲストの面談相手達の雰囲気を想い出すと、ちょっと仕事に熱中し過ぎて、バランスを欠いているようにも感じる。

仕事にも、遊びにも、熱中し過ぎると、むしろ病的にも見えてくる。何事も適度な制御能力は、人生には、大事なことだと想う。

山岡鉄舟の「晴れて好し、曇りても好し、富士の山」など想い出しながら。

| | Comments (0)

May 09, 2018

会社の記念レセプション盛大に終了,パレスホテル東京にて

勤務するアラブの石油会社の日本支社設立50周年の記念レセプションが、昨日、パレスホテル東京で、約350名の参加者を得て、無事盛大に終了した。

参加者の皆さんも、来日した本国の社長以下経営陣も満足していただけた手応えがあった。日本駐在のアラブ人ふたりも頑張った。家老的役割の私も、気がかりだった大イベントの肩の荷が降りた想い。

大使や石油連盟会長にも祝辞をいただいたが、VIP控え室で私は、待ち時間に暫く言葉を交わした。激職の大使には、私は、観光の話で和らいで貰った。

レセプションでは、日本とアラブのつながりに関する歴史的な映像や写真もスクリーンに映し出したり、アラブの音楽の生演奏も入れて、会を盛り上げた。

会場には、友人知人も多く、若い世代の後輩達も来てくれた。彼らにとって、私は、すっかりアラブの会社っぽくなっているだろうなと想った。

私も、2回目の勤務先のこのアラブの石油会社にいて約10年の感慨も湧いた。

節目の行事を終え、今朝は、ちょっとリラックス。そして、今日も私は、アラブを往く。

| | Comments (0)

May 08, 2018

サラリーマンのトップ達の観察、

昨日は、アラブから来日した社長の、石油会社、商社、エンジニアリング会社の社長や役員との面談が始まった。

石油業界に長年いた私にとって、商社やエンジニアリング会社の社長や役員は、異業種であり、会ったり話したりする機会は、小さな驚きであった。

商社やエンジニアリング会社のトップ達が、どんな人物で、どんな仕事をしているのかを垣間見ることが、新鮮であった。

会社のトップ達は、皆、仕事に熱中していることは共通。ゴルフが得意な人がまるでゴルフコンペに熱中しているような感じ。(仕事の先にある深い価値観までは、中々わからない)

平社員も、社長も役員達も、私にとっては、同じような、観察の対象である。

今の私には、仕事の先にある、深い価値観にもっと興味がある。

| | Comments (0)

May 07, 2018

明日のレセプションに向けて、

明日は、勤務するアラブの会社の日本オフィスの創立50周年のレセプションがあり、昨日は、会社のアラブ人ふたりも交えて、最終打ち合わせに、ちょっと会社へ行った。

300人~400人が出席する大レセプションになる。

本国からも社長や幹部が来日し、招待各社からも、社長以下幹部、関係者を大勢招待している。

駐在しているアラブ人にとっても、参加者全員にとっても、50周年に相応しい想い出に残るレセプションになるように、私も、連休明けに、全力投球。

| | Comments (0)

より以前の記事一覧