October 01, 2020

会社帰り品川宿散策、

京浜急行の北品川から新馬場にかけて、旧東海道の品川宿の商店街の風情は中々のものである。

明治維新の頃の志士達や、幕府の重臣達のゆかりの場所がいくつもある。

私は、老舗蕎麦屋で、会社帰りに一杯飲むと云う私の観光コースを開拓した。

北海道厚岸漁港直送の牡蠣や魚介類も楽しめる店も見つけた。

北品川商店街の薄明かりは、旧東海道のなごり。人生の旅。

|

September 30, 2020

クゥェート、サバ ーハ首長逝去、

今朝、インターネットニュースでクゥェートのサバーハ首長(91才)が逝去されたことを知った。

国民に慕われた名君だった。

東日本震災の時、500万バレル(約500億円相当)の原油を寄付する決断をしてくれた首長だった。破格の断トツの額の寄付だった。

今は、原油価格の低迷で、財政難に陥っているが、当時のことを想い出す。

今日は、クゥェートの友人達の弔意のメッセージを送る。

|

September 26, 2020

風呂で10数える想い出、

毎朝、入浴するのが私の習慣。

今朝、湯船で、肩まで湯に浸かって、1から10まで、更に20まで数えてみたくなった。幼児時代を想い出して。

温まって風呂から出るように、多くの親は子供に、肩まで浸かって、1から10まで数えなさいと云う。

2才下の妹と一緒に風呂に入った時、湯船で、お互いの背中を押しながら、歌った「亀さんよ♪、おまえどこ行ったかぁ?♪」

浸る♪想い出。

|

September 24, 2020

奥日光の紅葉を想う頃、

この3年、毎年10月半ばには、奥日光の紅葉を見に、会社のアラブ人同僚と出かけた。去年は、彼の家族(全員で5人)が加わった。

まさに錦秋の絶景だった。

今年の春、アラブに帰任した彼と昨日電話した時は、日光の話ばかり。

今年も、行ければなぁと、漠然と想う。

でも、もう脳裏に、しっかりと、その絶景は刻まれていて、目を閉じて呼び出せば、その光景は蘇る。

蘇えらせたい光景がいっぱいあれば、人生は豊かになる。

そんなことを、しみじみと想う奥日光の紅葉。

|

September 22, 2020

早朝の心地よさ、

今朝は、朝6時前に横浜の家を出て、立川の鍼灸院に向かった。

駅まで歩く道の心地よさ、特に、ヒンヤリとした風が、暑かった夏の対比で素晴らしいと想った。

たまには、早朝に出かける用事は、好い気分転換にもなる。

また、早朝、丘の上にある自宅の2階の部屋のベランダに出て、横浜ベイブリッジの方を眺め、簡単な気功をする時も、大変新鮮な心地よさを味わう。

早朝は、色々な、楽しかった想い出の引き出しでもある。ロンドンで、シンガポールで、アブダビの早朝の情景なども想い出す。

|

September 21, 2020

アンリ神父とのメール交流、

最近、アンリ神父とのメール交流で、マタイ伝にまつわる話の解説に、禅とのつながりを深く感じている。

自他一如につながる気づきが、沢山ちりばめられている。

大学を出て長く働いた会社を依願退職して、山口住職にも、アンリ神父にも出会った。

健康への勉強も実践も。新しいアラブの石油会社との縁も。人生の後半の全く違った展開に感謝する。

アンリ神父との交流も、また、安らぎの道を照らして頂いている。

|

September 19, 2020

仕事の楽しさ、海外の友人との電話、

時に、原油やナフサやLPガスの市況について、本国にレポートするのも私の仕事。

目まぐるしく変わる市況の動きを見ること、新たなトレンドに、大変な刺激も受ける。

海外の長年の友人トレーダーや、アラブの友人達との電話も役立つ。

私ならではの発見や分析をすることの楽しさがある。そんな時には、長年エネルギーに関わる仕事が続けられて幸せに想う。

最近の国際LPガス市況のレポートの構想が頭の中ででき上がって、9月の4連休の初日に憩う。

|

September 15, 2020

不図気付く青空と雲の白さ、緑の葉、

単に、駅のホーム越しの屋根の上に見えた青空と雲の白さに、目を奪われる。その下には木々の葉のみどりが映える。

ただその小さな光景が、絵はがきのように美しくかった。

今朝は、ちょっと変わったことを試してみた。イタリア語とスペイン語のCDを聴いてみて、と比べスペイン語のヒビに惹かれた。

興味本位で、単語を真似して発音してみる。

日々を少し、小さな驚きで、味付けしてみる。

オフィスは、1100時~1600時の短縮勤務の恩恵も感じながら。

|

September 14, 2020

電車に手を振る、肩車の男の子、

今朝、通勤途上、駅前の踏切で、お父さんに肩車してもらった男の子が、通過電車に手を振っていた。

電車に手を振るか、いい光景だなぁと思った。電車に手を振りたくなる子供の気持ちはわかる。駅のホームで、電車にバイバイと手を振る幼児の光景も私は大好き。

肩車も、私の娘を何回も、せがまれた記憶も、嬉しい想い出。娘は、肩車を「アタマ抱っこ」と云っていた。

朝、通勤途上で不図見かけた、肩車の男の子の情景に、アラブの石油ビジネスマンが和む。

|

September 11, 2020

楽観と悲観のはざまで、

最近、社会や経済の将来について、日々楽観と悲観の揺れを感じる。

石油市場がそうである。最近のまた下落ムードの再開で、OPECは新しい対策を迫られつつある。

株式市場は,ハイテク株の過熱の反落期に入り,コロナ前の水準の高値をつけた後、強気は薄れて来ている。

下がれば上がる、上がれば下がる。ちょうどいいレベルは、その微妙な力学の成せる技、自然科学の世界。

人間の持つ都合のよい論理で動いている訳ではない。

自然の力学を学ぶ。

|

より以前の記事一覧