September 21, 2017

発達障害当事者の会、

一昨日、哲学カフェでお会いした人と二次会で話していたら、発達障害当事者の会の男性で、名刺をもらって驚いた。

発達障害には沢山の種類があって、ひとつのことへの拘りから社会生活に支障をきたすのがよく言われている症状。驚いたのは、吃音(どもり)も発達障害に入ると聞いた。私も子供の頃どもっていたので、私も発達障害だったんだと想い驚いた。

何かに集中してしまうのは、まさにマインドフルネスの天才じゃないかと気付いて、また驚いた。

マインドフルネスは、心を集中すること。過去や未来に想い煩わされることなく、今、ここに集中して行く訓練。

発達障害は、過度なマインドフルネスじゃないか?と想い、可笑しくなった。

| | Comments (0)

September 11, 2017

昨日を送り、見知らぬ世界の朝、

ベランダから朝の景色を見ながら、見知らぬ朝を想う。

無常を友とするのが解脱、生も死もただの変化。

変わらぬものを想うのが分別、分別は反解脱。

今の身体を廃車にして新車にするのが死と生。

日々も生死を繰り返して、人生があるようにも想う。

地球の自転が日々、公転が人生と云う区切りとか、想像してみる。

今朝は、昨日を見送った寂しさと、見知らぬ世界の始まりがある。

| | Comments (0)

September 10, 2017

太陽が虚空世界を照らすが如く、

昨日の、住職の法話に、親鸞の世界があった。

自然の「自」は行者の計らいにあらず、「然」は、しからしむ。自然とは、ただ「あるべきように、ある」。

「阿弥陀」とは、「宇宙いっぱい」と云う意味。「ある」と「ない」が両立している。

「南無阿弥陀仏」も「宇宙いっぱい」を知る方便に過ぎない。

「太陽が虚空世界を照らしている」

| | Comments (0)

September 07, 2017

苦しみは縦に重ね、喜びは横に並べたら?

苦しみを横に並べると苦しさが増す、苦しみは縦に重ねて、一つ一つ対処して行く。

これは自殺防止の対策のような欄で、新聞で見かけたこと。

確かに、四方八方から問題点が表れると、窮地に陥る。問題点を縦に重ねると云う考えは、楽になる。

喜びなら、横に並べてみると、幸せが増し、自分の境遇に感謝の気持ちが湧くのではないかと想う。

| | Comments (0)

August 06, 2017

滅しても生じ、滅しても生じる、

「滅しても生じ、滅しても生じる」と想えは、年を取ることを忘れる。

日ごろ、終わりや滅することに、怯える生き方が変わる。気楽に、永遠の中に、身を委ねることが出来る。

魂は、仏性と云う中心に帰りたがっている。中心から離れて行くごとに鬼が見えて来る。

人生で出会う鬼、怖いこと、不快なごとは、中心に帰れと云う、神からのサイン。

昨日の、住職の法話のメモから。

| | Comments (0)

July 30, 2017

自信、自然を信じること、

昨日は、印象深い日となった。

朝の連続ドラマの「ひよっこ」では、行方不明だった父と娘の再会に感動。

夕方、横浜の南太田の日枝神社の境内では、神社フェスタ、神楽ステージで、ジャズの調べ。「サファリパークD uo」と云う姉弟のトランペットとキーボードの演奏が感動だった。知的障害のある18才の姉と13才の男の子の演奏の素晴らしさ。「星に願いを」には泣けたなぁ。

夜は、東京・表参道のバン屋さんの工房で開かれている知的障害者の絵画展とトークイベントに顔を出してみた。障害者雇用で有名な日本理化学工業の社長さんの話は、お父さんの大山会長の熱い想いを受け継いでらっしゃることを十分に感じた。小さな水滴が水面に波紋を広げるように活動して行く決意を聴いた。

社会福祉事業団のパネラーの方の言葉に、想いがけない衝撃も受けた。「自信とは、出来たり、分かったりすることなら、自信は、持てないことだらけ、自信の自は、自分の自でなく、自然の自だと想う。自然は、あるがまま」

こんな、想いかけない、感動にちりばめられた学びの日となった。

| | Comments (0)

July 23, 2017

一人の時間こそ宇宙と一体、

誰かと一緒にいる時は、その一緒にいる人に気を取られる。宇宙や全体のことは、感じることは出来ない。

誰かと一緒にいる時は、エゴが広がっただけ。やはり全体を観ることは出来ない。

何かに集中することは、他が観えなくなること。なりきるとは、何かに集中して、他が観えなくなること。

ただ、ぼんやりと、私の幸せも不幸も観る力、あれもこれも観る力が、安らぎではないのかと想う。

なりきるとは、他が観えなくなること。がむしゃらな逃避にも想える。

| | Comments (0)

June 30, 2017

全てある世界、何を観るかだけ、

日々哲学することは面白い。

人間の考える天国も地獄も、この世の現在の中にある。

人間が考えうる幸せも不幸も、全てがこの世の現在の中に見出すことができる。

全てが、現在の現実の中にある。

どこに、気を取られているかが、それぞれの人の人生を決めている。

私の関心ことが、私の人生の質を決め、私の人生を形作る。

私の日々の関心ごとを想う。

私の不幸な部分、私の幸せな部分、私の関心ごとが私の人生を決めている。

時に、滑稽なごと。

| | Comments (0)

June 18, 2017

延命十句観音経、因果→縁→仏さま

白隠禅師の延命十句観音経は、42文字だが、凄いパワーが溢れていると云う。

「観世音・南無仏・与仏有因、

与仏有縁・仏法僧縁、

常楽我浄・朝念観世音・暮念観世音・念念従心起・念念不離心。」

最初の10文字は因果を、次の8文字は縁を、そして最後の24文字は法の世界を詠っていると云う。

そのように区切って読むことで、また延命十句観音経の味わいが深まる。。

| | Comments (0)

June 17, 2017

主語消滅の世界、朝もやから明けて行く富士の中で、

昨日の早朝、眼前で、朝もやの中の富士山が、徐々に明けて鮮明になって行く様を見た。

山中湖マウント富士の丘の上では、すでに、セミが鳴いていた。

ベランダに飛び出して、刻々と壮大な姿を現して行く富士に、くぎ付けになる。

セミの声がお経に聞こえる。

同室の友人が、お経がセミの声を現していると云った。

確かに。主語変換の世界。主語消滅の世界。

私は、私らしく、ギャグで応えた。「バカの本質が、私を現している」、お互い顔を見合わせて爆笑した。

| | Comments (0)

より以前の記事一覧