May 26, 2017

舞台「Naruto」 を見るはめに、

外国でも大人気を博した漫画「Naruto」 が舞台化され、その公演に、ぜひ行きたいと、日本駐在の若いアラブ人に云われ、チケットの入手を手伝ったら、一緒に行こうと云われ、興味本位、好奇心から、付き合ってみることにした。

私には、漫画「なると」は、若者過ぎて、違う世代で縁はなかったが、そのアラブ人が、私を仲間に思っていることが、まぁいっかと苦笑させた。

ナルト、サスケ、サクラ、我愛羅と云う4人のビジュアルが、すごいのだと云う。

外国人への観光ガイドのつもりで、付き合ってみるかと云う気持ち。

弟や妹もわかるまい。娘に聞いてみよう。

| | Comments (0)

February 12, 2011

高校生の情熱、横浜アリーナ「Super Junior」上陸

九州の弟の娘(高校生)が、19日横浜アリーナのコンサートを聴きに一人で上京するとのことで驚いた。数年前まで、帰省する度に、私と遊んでいた幼い女の子が、一人旅が出来るようになったのかと驚く。

当日の朝の飛行機で東京へ来て、すぐ新横浜へ行って、コンサートを聴いて、その日の夜、新横浜のホテルで泊まって、翌日昼、また飛行機で帰るとの計画とのこと。

弟夫婦にそれぞれに、誰のコンサートかと聞いても、韓国のタレントとかしか判らず、気になっていた。インターネットで調べてみたら、韓国No.1のエンターテンメント・グループ「Super Junior」のアジアツアーの日本初上陸とのことがわかった。

ハイテイーンの女の子の人生の情熱に、私は、「ヘー」と新鮮な驚きを感じた。私の母は、昔、高校生当時の私に、、「若いだけでも財産たい」とか云っていた。時折、繁々と私を見詰め、不思議な存在・生きものでも見ているようでもあった。

弟夫婦も、そんな娘の行動を、自然の情熱ととらえ、暖かく旅に送り出しているのだろう。

横浜へ来るなら、せめて私の家に泊めてあげたいのが私の本音なのだが、私の長年の荒涼とした夫婦関係には、そんなこともしてあげられず、ちょっと心苦しい。それはそれで、弟の娘にとっては、親戚に気がねせずに済むと考えれば、気が楽になる。私は、翌朝、一人で旅して来た、「高校生の情熱さん」に、是非会いに行ってみようと思う。

「若さって、頼もしいなー」と、人生のエネルギーを、心地よく想い出す。

| | Comments (0)