April 07, 2021

田中清玄、桁違いの人物に驚き、

先日朝、オフィスで、いつものように、エネルギー関連の国際ニュースを検索していたら、戦後最大のフィクサー、「田中清玄」の石油利権の逸話に出会った。

共産党委員長を務めたり、右翼として電力会社をテロから守ったり、山口組の田岡組長と麻薬撲滅運動をしたり、中東の石油利権に関与したり、三島由紀夫を自衛隊に紹介したり、とにかく、行動の多彩振りに仰天した。

今朝のTV「100分で名著」は、渋沢栄一の「論語と算盤」だった。

数日前は、孤高の画家「高島野十郎」の本を読んだ。

全てが、「盛大な人生」振りに、驚く。

田中清玄については、自伝の本を早速読んてみようと想う。

サラリーマン社会の人間しか観て来なかった私には、今、新しい人間観が拡がる。

|

April 03, 2021

OPEC増産で原油市況上昇、

4月1日、OPECと他産油国は、5月~7月の段階的増産を決定した。

現行のままの減産継続を市場は、織り込んていたにも関わらず、段階的増産発表後、2%ほど市況は上昇して、2日はイースターのGood Fridayで市場は休み、そのまま動かなかった。5日もイースターMondayで英国市場は休みらしい。さて、5日以降は、どう展開するやら?

何か特別な存在の介入の気配を感じたり、不思議に思っていたら、今朝、3月31日、米国のエネルギー長官とサウジの石油相が電話会談とあった。

増産の決定には、ガソリン価格の高騰を懸念(米国の世論)する米国の政権の意向が反映したかもしれない。

いろんなファクターを踏まえて、原油市況の迷走を追う。

|

March 30, 2021

新しい人生、

コロナが変えた世界、コロナが変えた社会、コロナが変えた人生。

毎日が、ちょっと変わってしまったかんじがする。

適応しなければ、快適には生きていけない。

新しいライフスタイルに、チャレンジ。

たくましくチャレンジ。

|

March 25, 2021

サクラの小路の通勤、仕事のリハビリ。

今朝は、通勤の駅まで行く小路で、咲き始めたサクラの写真を携帯でバチバチ撮った。

通勤も、観光地も、人が混まなくなって、その面では、ゆとりや人間らしさを取り戻した感。

今日は、在宅でも、出勤でも、私の裁量で好い日。

会社に行って、仕事に集中しようと想う。

スエズ運河の座礁事故で、航行遮断が続いている。原油市況は、下落から反騰。

目まぐるしく乱高下を繰り返す市況。

旅行帰りの私の、リハビリを急ぐ。

|

March 20, 2021

原油10%下落の怪、

3月18日(木)の夜、米国原油先物市場の原油価格が約1割も下落したのには驚いた。

コロナの再拡大懸念とドル髙、このところの高騰の利益確定売りと云う。

市況は、過激だ。理論的ではない動きが、いつも、驚かされる。

仕事でも、私生活でも、いつも、小さな驚きに満ちている。

|

March 18, 2021

新型コロナとの共存時代、

世界には色々な病気があり、医療との、せめぎ合いをしながら、結局は、折り合いをつけて共存している。

ある程度、ワクチンも、世界に流通し始めて、その共存の体制が整いつつある。

東京の緊急事態宣言の延長か否か?で、政争の具になっている現状。政争の相手を責める道具になっている。

政策は、それなりに一定の効果はあろうが、決定的には個人の行動。

緊急事態であろうが、なかろうが、コロナ対策の生活様式を守ればよい。

|

March 17, 2021

出張旅費、交際費削減、7兆円、

一昨日、日経の一面に、「企業の出張旅費、交際費など7兆円削減」と云う記事に苦笑した。

出張、会議、交際費、イベントなど、効果が、あるのか無いのか?分からない仕事に振り回されでいたものから解放されて、コスト削減で利益に貢献と云うのが面白い。

本当に必要な仕事だけ残って、自由な時間が増えることは歓迎。

働きバチからの解放。しかも、その働きが、出張や会議とか、形式主義の産物だったなら尚さら。

|

March 05, 2021

またOPECに、原油市況に驚かされる、

世界経済が回復基調の中、原油価格もコロナ前の水準60ドルを回復したにもかかわらす、昨日のOPEC他、産油国の会合は、4月も従来の減産を続けると発表した。サウジの自主減産も続けると云う。

去年春のサウジの単独大増産の教訓が、よほと効いたのだろう。

それで、原油価格は、更に昨日3ドル近く上昇、64ドル台に突入、70ドル台が視野に入って来た。

市況は、お祭りに似て、過激に動くものだといつも想う。

市況分析は、アカデミックなものではないなぁと想う。

|

February 19, 2021

液化天然ガス(LNG)暴騰と電気代、

この1月、寒波の時、日本の発電の40%を占める原料のLNGのスポット価格が、通常の5ドルから39ドルへ暴騰したと云う。

日本のLNG輸入の90%は、長期契約でスポットは、10%とはいえ、電力会社は、大影響を受けた。

LNGは、マイナス162度で輸送され、蒸発もしやすく備蓄は困難。通常2週間分の在庫しかないと云う。

日本の発電は、40%がLNG、あとは、石炭が主、再生可能エネルギーは不安定で主力電源にはならない。石油も原子力もわすかに制限されている。

今回の寒波で、LNGの脆弱性やリスクが、表面化した。

昨日。私が、調べてわかった驚き。

|

February 17, 2021

ドル安で原油高騰、

この数日の原油の高騰振りに驚いた。既に、コロナ前の60ドルを回復し、更に高騰しそうな勢い。

需要は、まだコロナ前レベルには回復していないものの、OPECの生産削減で、世界の石油需給は在庫取り崩しが進みはじめる。

先週、電気自動車のテスラが、大量のビットコインを購入したニュースが流れた。これは、ドル安を意味し、原油を含む商品が値上がりしたと云う。

テルサのビットコイン大量購入が原油市況を上げたことに、驚き。

| | Comments (0)

より以前の記事一覧