March 21, 2024

アンモニア勉強会、

先日、東京飯野ビルの会議室で、新エネルギーとしての、アンモニアの勉強会を8名でやった。

石炭、石油、天然ガス、から、アンモニアや水素に移行して行く流れを、先ず、現状の把握、これからの学びのきっかけとなった。

ビジネスと学びと友人関係のコンビネーション。

こんな楽しみも、あるのかな。

人生の味わい、楽しい展開。

会社、ビジネスどっぷりでは、決して味わえることのできない境涯に感謝。

|

October 14, 2023

パレスチナ情勢が気懸かり、

10/7に始まった、今回のパレスチナ情勢、大変気懸かり。

昨日、会社のアラブ人から、彼のパレスチナ観を詳しく聴けた。

人間のさがとしての争いを悲しむ。

2000年の歴史の身近さを感じる。

どうすればよいのか?

自分としての何が出来るのか?

10/7以来、パレスチナのことが気がかり。

|

September 25, 2023

日本理化学工業、小さな読書会、

一昨日は、大山泰弘さんの「働く幸せの道」を読んで、小さな読書会(秋葉原)に参加した。

もう、20年くらい前かな?、異業種交流会ウォータークラブで、大山真里さんの講演で、初めて日本理化学工業が障害者雇用日本一になった経緯を聞いて、痛く感動した。

工場見学や、シンポジウム、キットパス(チョークの製品)ワークショップ、など、にも行ってみた。

暫く、時間が空いて、また再び、昨年の新潟の新津ロータリークラブの障害者雇用シンポジウムで、池野会長の挨拶の言葉の中で大山泰弘会長の言葉を引用して、その時の感動がよみがえった。

人間の4つの究極の幸せ、Ⅰ 人に必要とされること、2 人に役立つこと、3 人に褒められること、4 人に愛されること。

そんなことを、障害者雇用の現場の体験から、教えて貰った。

|

April 17, 2023

大義との出会い、後世に残る仕事、

私は、すごい仕事に出会ったことを実感する。社会の大義のある事業、弱い個人が集まって、助け合い、節約のインフラを構築して行く事業

それは、後世に残る、人々に喜んでもらえる仕事。(生活のためではない)。

それは、年を重ねる毎に若返るようなエネルギーをもらえる仕事。

自分にもウソをつかない生き方は、神と共にあるからチカラが百倍になるのだと私は想う。

毎日の仕事を、神と共にあることを、体感しながら出来る仕事は、お金のためや人に言われてやる仕事ではない。

そんな出会いも、私の縁であったのだ。諸縁に感謝します。

|

March 21, 2023

全国福利厚生共済会、高井理事長の素晴らしさ、

全国福利厚生共済会は、筋金入りの篤志家、高井利夫さんが、20年前に立ち上げた、個人の助け合いの非営利法人である。

これから益々、苦しくなって行く個人に、節約の大インフラを構築(大企業並みの福利厚生)、そして、少しづづでも、その事業に携わる人には、継続永続収入ヘの道を開き、雇用の創出まで行う。

国がやるべき、大社会貢献事業を、長年の苦難(赤字を個人負担)を経て軌道に乗せた、全国福利厚生共済会の草創期の方々に、強い尊敬の念を禁じ得ない。

私も、この事業の更なる発展に携わり、強力に応援して行きたい。たぶん、私の、ライフワークになると想う。

|

March 17, 2023

産油国石油会社のCEO来日アテンド

久々の産油国石油会社のCEOが来日、関係先との面談、会食に同行した。

このような機会に、私もいまだに関われて、不図、幸せにも想う。

各社の首脳が、どんな人物なのか?、人物像も、観察して、新鮮な印象も感じた。

会談の合間も、銀座のストリートを少し歩いてみたり、また、新鮮なエピソード。

ちょうど、韓国の大統領が来日した日、都内は、警戒体制、交通規制も見られた。韓国大統領は、帝国ホテル滞在、夜は銀座の「吉澤」「煉瓦亭」での首相とのプライベートな親しい会食だったとのこと。

私も、まさに、石油ビジネスの第一線の現場を、このように、マイペースで関われることを、改めて神へ感謝する。

|

January 25, 2023

働き方改革、なるほど、

最近、会社を年休にして、午前中は会社に出て、午後だけ自由に休むやり方で、かなり自由に休めることに気づいた。

今日も、明日も、明後日も、その方式なら、会社のアラブ人も、支障ないと判断して、休みやすいことを最近体験した。

これなら、かなり自由度が増す。

仕事は、慣れたものだから、テキパキと処理出来る。

これは、我ながら、「働き方改革」だと、

面白くなった。

|

January 05, 2023

仕事始めに、クウェートとのオンライン面談、

昨日は、休み明けの仕事始めの日、新鮮な気分で、石油市場の2023年の気配を診た。

弱気のスタートだった。

政府間で、まとまった、クウェートの原油の喜入(鹿児島)備蓄が、いよいよ始まる。

具体的な船積み計画などの実行部隊の会議に、私も同席させてもらった。会議の前に、友人達との言葉を交わす楽しさ。

私も、熱血オイルマンだった頃を想い出す。

旅と人、好きな慣れた仕事、これらのコンビネェーションが、私の人生を活き活きさせている。

今日は、会社帰りに、小田原の妹のところに行き、一泊。明日は小田原からの新幹線通勤。私の慣れた生活バターン。

|

December 09, 2022

祇園精舎の鐘の音、

奢れる人も、久しからず。

色んな分野で、この状況を観る。

バランスを失った状態の危うさは、天下一品も見えることがある。笑えるくらい、滑稽にも見える。

いつも学びの姿勢は、失いたくない。

今朝も、最近失脚した、某元売りの会長の奢りぶりの記事と、女性社外取締役の不可思議な仕事ぶりにも苦笑。

自信過剰は醜い。治療を要する。

|

December 08, 2022

サッカーで見直す誇り、2022年、

今回のワールドカップサッカーで、日本人の活躍は、誇りに想った。

観客席のサポーターの、試合後の清掃も、世界の賞賛を嬉しく思った。

次回は、2026年か。

世界史は動く。

ウクライナ戦争の歳。

私の人生の風景を想う。

子供時代の時のように、みずみずしい日々が広がっている。

両親への感謝。神への感謝。

|

より以前の記事一覧