March 01, 2019

3月は国際LPガスセミナー、国際交流、

毎年今頃、東京で、国際LPガスセミナーが開かれる。
LPガスには、何十年も関わっ来た私には、世界中の友人知人に再会し、来ていない友達の近況なども聞ける日。

3月4日の週は、私も浮き足だってる感じ。

来日する友人達にも、最高の日本滞在の想い出を作って欲しい。私も、ときめく時。

| | Comments (0)

December 06, 2018

今日はOPEC総会の日、

今日はウィーンでOPEC総会が開催される日。

まだ、原油価格のことや、OPEC総会のことに、仕事で深く関わる自分に不思議と想う。

昨日は会社のアラブ人達と、原油の公式価格設定について、激論を交わした。

私の部屋にアラブ人2人が詰め寄って、私は、フランクに私の所見を説明した。時に声が大声になるほど。

今日は、また、彼らとの議論や意見調整は続く。

私は、アラブの会社から給料をもらっている。

それでも、堂々と自分の意見を言って、長年アラブの会社で働いている。そんな自分のサラリーマンぶりが、案外気にいっている。

| | Comments (0)

November 23, 2018

明治記念館、中東情勢講演会、

昨日は、朝から明治記念館で開催の中東情勢のセミナーに出席した。

日経の脇祐三氏の「中東情勢」では、サウジアラビア内で起きている王族内に於ける急進的な権力集中の危険性、衝動的な外交の危険性を感じた。

放送大学の高橋和夫氏の「アメリカの中間選挙」の講演では、アメリカの白人の人口比率の漸減の焦りが、トランプ政権の支持につながり、民主党の指導部の腐敗が、新しい指導者を生み出しつつある潮流を感じた。

世界情勢の激変を、肌で感じながら、秋の外苑の落ち葉風景。

| | Comments (0)

November 07, 2018

12月の原油価格を考えたり、休日明けの日常、

昨日は、場面は一転し、通常の会社生活に復帰、朝から、昨日締め切りの12月の原油価格の意見のレポートに専念。

折しも、アメリカのイラン原油制裁発動後の原油市場の反応分析や、将来の市場展開の予想に集中した。同僚のアラブ人との議論、石油会社との意見交換に、あっと云う間に夕方になった。私なりの意見をアラブ本国に発信して、無事、定時に終業。

会社帰りは、またマグロ型の回遊魚行動を再開、ヒッポクラブの例会に出て帰宅。昨日は、ぐっすり寝て、今朝は珍しく0530からの「100分で名著」を見ずに寝過ごしてしまった。

それでも、日々の新鮮な展開の味わい。神の手の平の上で、あれこれと考えながら、学びながら人生。

| | Comments (0)

October 07, 2018

「時間通貨」との遭遇、

昨日のNHKスペシャル「お金がなくなる」で、新鮮な学びだったことは、

「時間通貨」と云う通貨概念。時間の持つ、とてつもない広がりの価値観を想う。今までの、紙幣(円やドル)に取って代わる様々な通貨の台頭は、人類史の革命的なこと。

人生観、社会観、価値観の革命に繋がる。

今使われている通貨は、各国の政府の権威によって成り立つ。金(ゴールド)に裏打ちされている訳ではない。則ち、各国の権威と云うイメージが人を支配しているだけ。

暗号通貨(デジタル通貨)は、各国政府の権威ではなく、テクノロジーに裏付けられた通貨。各国政府の信頼とテクノロジーの信頼のどちらが信頼できるか?世界は、通貨革命に向かっていると想う。

| | Comments (0)

September 07, 2018

内外経済見通し、

昨日の会社帰りの勉強会は、銀行の総合研所の人の「内外経済見通し」が印象に残った。

米国と中国の経済規模と貿易の実態から、貿易戦争の行方を占う示唆に富んだものだった。

懇親会では、親父ジャズバンドのパンフレットももらった。

このような、小さな驚きの時間が、私の好奇心を刺激するエネルギー。仕事にも、私生活にも、とてもよい刺激になって感謝。

| | Comments (0)

July 09, 2018

フェイスブック、インスタグラムなどの革命を感じながら、

昨日は、午前中の綱島の気功、夜のアラブ人を連れての浅草のシャンソンシアターの間、午後の時間は半蔵門で、新しいSNS(ソーシャルネットワーク)の時代の講演を聴いて驚いた。

フェイスブック、ユーチューブ、インスタグラム、ラインなどの新しいSNSと呼ばれる通信手段の到来が、世界経済に革命的変化もたらしていることに気づかされた。

巨大な広告媒体の誕生は、既存のメディアや広告会社の機能を奪い、決裁機能の付加に於いては、既存の銀行の機能を奪って行く戦国時代の入り口に突入していると感じた。

色々なことで、動き回って、社会の活き活きとした場面を観察していると、いつしか私も溶け込んでいる。活き活きとした人間社会の現場にいる。年を忘れるような、新鮮な社会の営みを感じる。


| | Comments (0)

June 10, 2018

財界誌「選択」で、財界裏話

財界誌「選択」は、非店頭販売誌で、財界裏話、人事、ゴシップなど、新聞には載らないスキャンダル、批判記事などが読めて、貴重なサイド情報源である。

最近半年間、私の手続きの失念から途絶えていたことに気付いて、この半年の分を取り寄せて、昨日夜は、まとめて読んだ。

エネルギー業界は、私の知人の名前が、ドンドン出てきて、へぇ-っと云う驚きも多い。

その時、私は、政界や財界を娯楽のように眺めている。そのような週刊誌的な視点・情報も私の仕事には、結構役立つものである。

| | Comments (0)

April 14, 2018

商品券、ビール券、商店街チケットなどの偽造防止策、

商品券、ビール券、商店街チケットなどは偽造される恐れがあり、そのような偽造を防ぐ技術がブロックチェーン(偽造できない台帳)と云うことを知った。

偽造、書き換えができない台帳(ブロックチェーン)と云う技術は、インターネット時代には、あらゆる分野で使われて来ると云う。

私の携わる石油の仕事でも、ブロックチェーンを使った取引の話を聞くようになった。

インターネット革命(活断層の地震のような激震)の後、世界の仕組みが、大変革を起こしつつあると感じる。

| | Comments (0)

February 10, 2018

ピョンチャンのショック、北朝鮮への影響、

昨日.ピョンチャンオリンピックの開会式の華やかな演出を見て、不図1964年の東京オリンピックの時のような感動が蘇った。

韓国も、頑張っているなぁと素直に感動した。アリランの歌も。

こんな華やかなオリンピックの開会式の模様や韓国の発展ぶりを、北朝鮮の選手団は見て、大きな衝撃を受けるだろうと想った。

軍事競争をしている場合じゃない現実に気付くことになるだろうと想う。

今すぐにではなく、今回の北朝鮮のオリンピック参加は、北朝鮮の今後の大変革の原動力になるだろうと、私は、歴史学的視点で、ピョンチャンオリンピックの開会式の模様を見た。

世界史が大好きだった高校時代。歴史的考察も新鮮な学びだった。

2018年、ピョンチャンオリンピックへの北朝鮮の選手団派遣、私は、世界史の現場のTV中継を見たことになる。

| | Comments (0)

より以前の記事一覧