« 届かなくても手紙の味わい、 | Main | こんなリラックスした日々があろうとは、 »

May 17, 2020

検察の定年延長の議論の刺激、

この数日、検察の定年延長の議論がかなり騒がしくなり、考える材料を提供してくれている。

法律上は、内閣が検事総長を任命することは、民意を反映した内閣が任命することを想い出した。

一方、政権の恣意暴走を防ぐシステムもある。

検察の独立性を保つ必要と、検察の暴走を防ぐシステムも大事。

今は、余りにも、検察の独立性を守るべきといいながら、検察内部の権力闘争に世論が振り回されているようにも見える。

検察と政権は、いつも緊張状態、距離感は大事だと想う。

|

« 届かなくても手紙の味わい、 | Main | こんなリラックスした日々があろうとは、 »