« 被害者が、加害者側であった気付き、水俣病被害者の方の悟り、 | Main | 合衆国とは独立した国の集まり、 »

April 14, 2020

産油国のギリギリの調整、原油市況の下支え、

昨日の夜、やっとサウジアラビアの5月価格が発表され、その低価格振りに驚いた。まさに非常事態に対応する緊急避難的な価格。

発表後、私も様々な電話対応に追われた。今回、アメリカやロシアの協力を得て、産油国は過去最大の原油減産にギリギリ合意したことで、とりあえず世界のリーダー達も安堵。

今朝の日経に、メキシコが、他国と同様な減産に同意しなかった理由が、原油安に対して金融市場でヘッジ(下落に保険)していて、他の産油国より、立場がかなり違っていたと改めて知った。

今朝の米国のCNBC放送では、輸送部門の石油需要は大きく減少しているものの、石油化学製品需要は寧ろ増加していると云う。コロナウィルス危機の中、需要が増してる分野が石油製品の中にもあることの再認識。

毎日、いろいろな分野の驚き、静かな在宅勤務の中にも、毎日の刺激。

|

« 被害者が、加害者側であった気付き、水俣病被害者の方の悟り、 | Main | 合衆国とは独立した国の集まり、 »