« 入江監督のパワー、チャップリンの街の灯り、幼児との会話、 | Main | オオカミ協会の展示、相模自然フォラム、 »

February 10, 2020

電気・ガス・水道・通信の支払い窓口会社の日本上陸、

従来の公的独占企業のビジネスの弊害は、先進国では、徐々に自由化され、独占の弊害をなくして行く流れがある。

日本でも3年前に、家庭用の電力の小売りが自由化された。通信も、従来の独占通信会社の回線を解放させて、格安通信会社が携帯の通信料金を下げる動きが加速した。

昨日は、その草分け的存在のアメリカで27年歴史あるインフラ支払い窓口会社(電気通信の会社と消費者を結び付けるプラットフォームの会社)のACN(American.Comunication.Network)の創始者・会長の講演イベント(虎の門ヒルズ)を聴いた。世界的な通信革命とプラットフォーム型ビジネスの可能性の大きさに、改めて、その迫力を感じた。

これも、私の縁に於ける学び。

|

« 入江監督のパワー、チャップリンの街の灯り、幼児との会話、 | Main | オオカミ協会の展示、相模自然フォラム、 »