« 「時間通貨」との遭遇、 | Main | 太極拳表演会、木更津上総アカデミア »

October 08, 2018

中国映画、「運命の子」

昨日の驚きは、赤羽北区民センターで開催の中国映画の会で見た「運命の子」。

中国の春秋時代(紀元前770~403)の「晋」と云う国の逸話に、世界史マニアの私は釘付け。陳凱歌監督は、文化大革命の時、紅衛兵として、(著名な映画監督の)実父を糾弾した暗い過去を持つ。

私の知らなかった中国映画に、ただ衝撃。

私は、映画を見ている内に、私の父親に対するお詫びと、かつて経験したことのない愛おしい気持ちに襲われた。

昨日は横浜ジャズフェスティバルの日、北赤羽からの帰りに、桜木町の老舗のジャズ喫茶に立ち寄った。ジャズのアドリブのような日々の新鮮な展開。私の縁の展開。

|

« 「時間通貨」との遭遇、 | Main | 太極拳表演会、木更津上総アカデミア »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 「時間通貨」との遭遇、 | Main | 太極拳表演会、木更津上総アカデミア »