« 横浜ブルースカイフェスタ、子ども達の祭典 | Main | 「薔薇の名前」、今朝の100分で名著 »

September 04, 2018

ひとつだけ欲しいもの、

被災地にボランティアで入って、何年も、黙々と貢献して来た尾畑春夫さん(78才)は、たまたま今回、2才の行方不明の男の子を捜索発見して有名になった。長年、陰徳を重ねて来た人の発心の強さを感じる。(「無功徳常精進」)。 そして優しさやユーモアも、またオーラがある。

昨日の朝、大雨被害の高齢者の家の床下の泥をかき出している場面をTVで見た。助けられた家の人に彼は云う「欲しいものがひとつだけあります。それは貴方の笑顔です。」、、。 フウテンの虎さんみたいだ、、、。

何と云うメルヘンの世界だろう。

彼はわずかな額の年金生活者だと云う。

彼のオーラが日本中に広がる。世界中にも。


|

« 横浜ブルースカイフェスタ、子ども達の祭典 | Main | 「薔薇の名前」、今朝の100分で名著 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 横浜ブルースカイフェスタ、子ども達の祭典 | Main | 「薔薇の名前」、今朝の100分で名著 »