« センター試験の頃、 | Main | 極端な生き方、 »

January 15, 2018

因果一如の示唆、

昨日は、住職に習う気功の日、気功の時、「動的平衡」の福岡伸一(生物学者)の西田幾多郎(哲学)論の一部をさらりと聴いた。

心臓から血液が排出される時、同時に血液は心臓に吸収されている。

始めと終わりの同時であること。

上がることは同時に下がること。因果一如を想う。

昨日は、正月のしめ飾りを、近くの八幡神社のお焚きあげの場所に納めた、2018年の松の明けの頃。


|

« センター試験の頃、 | Main | 極端な生き方、 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« センター試験の頃、 | Main | 極端な生き方、 »