« 教育係の私、当時の生徒達からの証言との出会い、 | Main | 年賀状での長年の宿題、懇親会実現、 »

October 03, 2017

新潟、沼垂の朝市のおばちゃんから買った枝豆と梨、

週末の新潟の旅は、沼垂四つ角の町屋を改造したゲストハウスに泊まった。バーで旅する若者たちとも会話が楽しかった。

毎日開かれる朝市まで歩いて5分の距離。滞在した2日とも、朝市に通った。新潟弁で声をかけてくる朝市のおばちゃんたちの声は、優しく、懐かしい。

地元の人達が、朝早くから大根やキュウリ、枝豆、梨、ブドウなどを買って、自転車で帰って行く姿を見る。朝市は、寺の敷地の中、寺の前の製油所は、20年くらい前まで操業していた製油所、当時460人くらい働いていた。私が新入社員時代に過ごした製油所。

今は、製油所前の産業用の線路は、ペンペン草が生えていた。それぞれ、朝市のおばちゃんたちは、変わらない。朝市の、何とも云えない安らぎの中を私は、暫くの間、佇んだ。

東京へ帰る朝、荷物にはなるが梨を2個と枝豆を一袋買った。梨は、おばちゃんが一つおまけしてくれた。

昨日、食べた梨や枝豆は、新潟の朝市をまた脳裏に甦えらせてくれ、うっとりするほと美味しかった。

|

« 教育係の私、当時の生徒達からの証言との出会い、 | Main | 年賀状での長年の宿題、懇親会実現、 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 教育係の私、当時の生徒達からの証言との出会い、 | Main | 年賀状での長年の宿題、懇親会実現、 »