« ミュージカルチケットの緊急処分方法体験、 | Main | 町内会の棟梁おじさんを見かけ、ただ嬉しく、 »

September 27, 2017

ある知人のドラマーの想い出、

先日、よく行きつけのジャズ喫茶に来ていたドラマーの知人が、9月半ばに亡くなっていたことを知った。(享年53才)

ひとり暮らし,糖尿病だったと云う。

下関出身で、米国へジャズ修行もして、時折、東京や横浜のジャズ喫茶のような店のライブをしていた。

人懐っこい性格で、私も、よく冗談を交わしていた。約5年くらい前か、どこかお寺の就職口はないかと、聞かれたこともあった。お経には興味あり、お経は読めたらしい。

遅咲きのアーティストを目指してはいたが、安定を模索していたのだろうと想う。

最後に会ったのは、2年前くらいか、横浜伊勢佐木町の路上ライブの若者のバンドの中に、頭にバンダナ姿の中年のドラマーを発見した時、彼も私も、再会を喜び、立ち話を5分くらいした。

あれが今生の別れだったんだ。

彼のドラムを叩く姿と、彼の田舎、下関の風景を想う。

|

« ミュージカルチケットの緊急処分方法体験、 | Main | 町内会の棟梁おじさんを見かけ、ただ嬉しく、 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« ミュージカルチケットの緊急処分方法体験、 | Main | 町内会の棟梁おじさんを見かけ、ただ嬉しく、 »