« 地下神殿見学、龍Q館、首都圏外郭放水路、 | Main | 昨日を送り、見知らぬ世界の朝、 »

September 10, 2017

太陽が虚空世界を照らすが如く、

昨日の、住職の法話に、親鸞の世界があった。

自然の「自」は行者の計らいにあらず、「然」は、しからしむ。自然とは、ただ「あるべきように、ある」。

「阿弥陀」とは、「宇宙いっぱい」と云う意味。「ある」と「ない」が両立している。

「南無阿弥陀仏」も「宇宙いっぱい」を知る方便に過ぎない。

「太陽が虚空世界を照らしている」

|

« 地下神殿見学、龍Q館、首都圏外郭放水路、 | Main | 昨日を送り、見知らぬ世界の朝、 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 地下神殿見学、龍Q館、首都圏外郭放水路、 | Main | 昨日を送り、見知らぬ世界の朝、 »