« 自信、自然を信じること、 | Main | 忍者の真似して手裏剣を飛ばす格好する、おばちゃん、 »

July 31, 2017

幸せは働くことの中に、日本理化学工業

障害者雇用で長年頑張って来た日本理化学工業(チョークの製造)の会長の大山さんが、障害者の人達も、何故働きたいのかとの疑問を、禅寺の住職に尋ねた時、「人の幸福とは、人に愛されること、人に褒められること、人に役立つこと、人に必要とされること」と教えてもらったと云う。

これらの幸せの条件は、働くことで、大半は実感できる。

どんな障害があっても、どんな状態でも、人に何かして貰うだけでは、むなしいかも知れない。何か、人に役立ちたいと云う想いは、自分の能力に応じて働くことで、実現できる。

日本理化学工業は、社員82人中62人が知的障害者だという。誰もが、必要とされ役立って皆働く社会「皆働社会」を目指して、今日も、日本理化学工業が落とす小さな水滴は、波紋となって、社会全体に広がって行く。

|

« 自信、自然を信じること、 | Main | 忍者の真似して手裏剣を飛ばす格好する、おばちゃん、 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 自信、自然を信じること、 | Main | 忍者の真似して手裏剣を飛ばす格好する、おばちゃん、 »