« 虎ノ門にて親子ならではのビジネスランチ、 | Main | 痩せグセの法則」(工藤孝文著: 枻出版社)を読んで、 »

April 28, 2017

これでいいのだろうか?、と云うブレーキの意味

幸せの状態は、何かに没頭している時だと学んだ。過去も将来の不安も飛んでいる時、それが人に役立つことであれば、その幸せは、益々確かなものになる。

毎日の時間で、没頭できる時間が多い人ほど幸せとも云える。

しからば、不安は、不幸かと云えば、そうではないと想う。不安を感じる時は、没頭などしてない時に不図想うこと。「これでいいのだろうか?」と云う不安。それは、車の運転と云う人生の中で、ブレーキやハンドルの役割を果たす。

ブレーキやハンドルは、無くてはならないもの。没頭と云うアクセルだけでは、人生も暴走する。

不安や不幸を感じる力も毛嫌いしちゃいけない。それが、静かな幸せに導いてくれると想う。

|

« 虎ノ門にて親子ならではのビジネスランチ、 | Main | 痩せグセの法則」(工藤孝文著: 枻出版社)を読んで、 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 虎ノ門にて親子ならではのビジネスランチ、 | Main | 痩せグセの法則」(工藤孝文著: 枻出版社)を読んで、 »