« インドの尼僧、マータ・アムリタ・ナンダマイ(アンマ)の言葉に鼓舞されて、 | Main | 3月20日は世界幸福Day、幸せシンポジウム慶應大学にて、 »

March 20, 2017

戦争体験童話アニメ、新宿平和祈念資料館にて、

昨日、一昨日と新宿平和祈念資料館に足を運んだ。戦争体験童話のアニメを見るためであった。

「キクちゃんとオオカミ」は、満州から引き揚げの時、山中を歩く途中、麻疹(はしか)を発症した幼児の女の子が、集団の感染を恐れ、家族を引き裂かれ山中に置き去りにされた話であった。幼児のキクちゃんはオオカミが近づいても、満州の家に置き去りにして来た飼い犬「ベル」と勘違いして、なついて、オオカミに助けてもらい、最終的には中国人に助けて貰った話。人間の住む近くまで運んでくれたオオカミは、人間に銃に撃たれて死ぬ。

「僕の防空壕」は、出征するお父さんが、自宅の床下に作ってくれた防空壕の中に入ると、いつもお父さんと話が出来る気がする子供の話。お父さんが中国で戦死する時も、お父さんは息子に会いに来た。お父さんが、一生懸命に掘ってくれた防空壕、一緒に掘った防空壕。いつもお父さんに会える防空壕。

共に、野坂昭如さんの作品だった。私が二度と見たくない程悲しかったアニメ、「蛍の墓」の作者であった。

平和祈念資料館は、私が、両親と会えると想える場所。

|

« インドの尼僧、マータ・アムリタ・ナンダマイ(アンマ)の言葉に鼓舞されて、 | Main | 3月20日は世界幸福Day、幸せシンポジウム慶應大学にて、 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« インドの尼僧、マータ・アムリタ・ナンダマイ(アンマ)の言葉に鼓舞されて、 | Main | 3月20日は世界幸福Day、幸せシンポジウム慶應大学にて、 »