« いつも今が旬、 | Main | モラトリアムおじさん、そして手ぶら人生、 »

February 17, 2017

いくら払えるか?とあれこれ、

先日、21才で西アフリカのトーゴに旅して帰国した青年の報告会に出席した。

経済的には貧しい国ながら、人々のキラキラした目、素朴な人懐っこさ、優しさなど、その人々の魅力ぶりに驚いた。

地元の友人から今日の大ニュースは何か?と聞かれ戸惑っていると、僕とこうしてこうして会ってることだよと云われハッとしたこと。

物を買う時に、いつも、人は値切ることを考えるが、純粋に自分は、いくら払えるか?と考えてみることの重要な、新しい視点に気づいたと云う。

そう言えば、ただで貰った身体に気づく。

空気、水、風景などに至っては、また、ただに驚く。

気づくことのすごさを想う。


|

« いつも今が旬、 | Main | モラトリアムおじさん、そして手ぶら人生、 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« いつも今が旬、 | Main | モラトリアムおじさん、そして手ぶら人生、 »