« 人生の協奏曲、 | Main | 坐禅は委ねること、 »

January 15, 2017

想いの正体は誰か?

昨日の住職の言葉に、更に、「静けさ」に対する憧れを増す。

先日、近所の挨拶しない不快な男性に対し、内心かっとなったその想いの正体は何か?と探った。

心穏やかなすがすがしい朝の挨拶が、喧嘩の口実探しの挨拶に豹変する理由は何か?

想いの主体は誰か?私に決まっている。

私は誰か?

静けさに引き戻される。

一体感は、愛おしさだけが残る。

挨拶しない不快な男性が、もう笑顔で私に挨拶している姿が心に浮かぶ。それがいつの日の将来でも好い。

一体感は、愛おしさである。

|

« 人生の協奏曲、 | Main | 坐禅は委ねること、 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 人生の協奏曲、 | Main | 坐禅は委ねること、 »