« 障害からの贈り物、鎌形赤血球のマラリア耐性、 | Main | 気を丹田に落とせば首筋が立つ、重力の反動で上がる »

November 27, 2016

宇宙飛行士が見た地球、

昨日、スカイツリーのブラネタリウムで宇宙飛行士が見た地球の姿を見て感動した。

漆黒の宇宙空間に浮かぶ地球、またたく無数の星々、地球の周りにかかる白い幕、それは大気。大気があるから、地球の熱が保たれ、また紫外線から守られていると云う。

静かに蒼く浮かぶ地球、そんな光景を現実に見たのは、僅かな数の宇宙飛行士達だけ。

宇宙飛行士達の言葉が記録されている。「これは例えようのない美しさだ」、「人類は、宇宙の一部だ」

シリアの内戦でトルコの難民キャンプに逃れたシリア人宇宙飛行士のムハンマド・ファーレスも、この宇宙に浮かぶ地球を眺めていたことを知った。

ただ、暗い広大な宇宙に蒼く、静かに浮かぶ地球を想う。

|

« 障害からの贈り物、鎌形赤血球のマラリア耐性、 | Main | 気を丹田に落とせば首筋が立つ、重力の反動で上がる »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 障害からの贈り物、鎌形赤血球のマラリア耐性、 | Main | 気を丹田に落とせば首筋が立つ、重力の反動で上がる »