« 街の灯り、 | Main | 住職の気づき、門を叩いていない人への思いやり、 »

July 16, 2016

響(ひびき)と云う名のウイスキー、

先日、アラブ人ゲストがよく泊まる有楽町ペニンシュラホテルの12階のレストランで会社関係のランチをした帰り、

同じフロアにあるバーカウンターで、ここで一番高いウイスキーはいくらですかと、面白半分に聞いてみた。

一杯のグラスで25000円だと云うので、思わず笑い、好奇心いっぱいになり、すぐ銘柄を尋ねてみた。

それは「響」、サントリーが1989年、創業90周年を記念して造られた、日本の最高級のウイスキー。

ブラームスの交響曲第1番・第4楽章をイメージして造られたと云う。

30年ものは、ひとビンで30万円と云われて、また驚いた。

富裕層はこれを飲み、庶民は何が起きてるのか気付かない。庶民は安い居酒屋で飲み、富裕層は一杯25000円の「響・30年もの」を飲む。

世の中はうまく出来ている。富裕層が使う金が、滑稽な程、バランスが取れている。

不図、社会への好奇心が刺激された事件であった。

|

« 街の灯り、 | Main | 住職の気づき、門を叩いていない人への思いやり、 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 街の灯り、 | Main | 住職の気づき、門を叩いていない人への思いやり、 »