« アブダビの海岸沿い朝の散歩のシーン、 | Main | 宗教学者の新刊・幻冬舎に唖然、親を断捨離、 »

June 03, 2016

現代のゲティスバーグ演説、オバマ大統領広島スピーチ、

今朝、大変嬉しく想ったことは、新聞に、「胸を打つ現代のゲティスバーグ演説・オバマ大統領広島スピーチ」と云う記事を見つけた時。

1863年、リンカーン大統領は南北戦争で亡くなった多くの犠牲者を悼み、自由と平等の新しい国家を築く未完の事業に、ここで身を捧げるべきは、寧ろ我々自身でありますと、語りかけました。

オバマ大統領は核無き世界は私が生きているうちに、この目標を実現出来ないかもしれないと述べながら、どれだけの人々の胸を熱く鼓舞したかと想う。

広島・長崎の地は、人類に静かに語りかけている。

私は、世界史の一場面の情景を、5月27日、確かに見た想いがした。

道は途方もなく遠くとも。

感動に導かれて、今日を生きる。


|

« アブダビの海岸沿い朝の散歩のシーン、 | Main | 宗教学者の新刊・幻冬舎に唖然、親を断捨離、 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« アブダビの海岸沿い朝の散歩のシーン、 | Main | 宗教学者の新刊・幻冬舎に唖然、親を断捨離、 »