« ウルグアイのホセ・ムヒカ元大統領の日本での講演、TV予定、  | Main | ホセムヒカ、人々に慕われる名誉に気づかせてくれた、 »

April 08, 2016

言葉無き世界、

心理学者アドラーは、褒めることは、優位にたつていることで、上から目線に見られがちなことを説いている。褒めるより、ありがとうが好いと、説いている。  

昨日、観桜会で会つた友人は、ありがとうと云う言葉にも、上から目線を感じるとのことだつた。改めて、人は、受信機しだいだとおもつた。

褒めても、ありがとうと云つても、共通してることは、他と自分が切り離されていること。

言葉は、存在を区別するもの。

他と自が一体に、安らぎがある。言葉無き世界に、安らぎがある。

|

« ウルグアイのホセ・ムヒカ元大統領の日本での講演、TV予定、  | Main | ホセムヒカ、人々に慕われる名誉に気づかせてくれた、 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« ウルグアイのホセ・ムヒカ元大統領の日本での講演、TV予定、  | Main | ホセムヒカ、人々に慕われる名誉に気づかせてくれた、 »