« 独りの食事の深い意味、 | Main | 2月、こころの中の暖炉、 »

February 06, 2016

笑訳・ブッダの教え、と云う本

今朝の新聞の書籍広告に笑った。

この世のものは全て元々ひとつの液状の塊。則ちこの世はカレーである。

仏像は浣腸されていると思って見るべし。「かまへんよ」って顔してる人一番偉い如来さん。明王さんは煩悩ありまくりやからぶち切れてはる。

なめたけを見て「めちゃうまそう」と思う人も、「ナメクジ」かいなと思う人もおる。

サンマーク出版、ブッダも笑う仏教の話、Mー1(漫才)王者が書いた本と云う。

修行と笑いのコンビネーション、私のお笑い系の感性を刺激される。このやろう、と云いながらつい笑ってしまう。

|

« 独りの食事の深い意味、 | Main | 2月、こころの中の暖炉、 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 独りの食事の深い意味、 | Main | 2月、こころの中の暖炉、 »