« 「何故」の問いを繰り返すワークショップ | Main | 宗教の変遷も、懐かしく、 »

November 22, 2015

米は輸入出来ても、水田の景観は輸入できない

高知で有機農業に関わる仕事をしている親友か急に、仕事で上京して来て、空いた時間に彼と、秋の都内を散策した。

その時、横浜市の米作りに関する政策を誉めていた。米を作ると1アール(約30坪)当たり3万円の補助金を出す制度があると云う。

彼曰わく、米作りのメリットは、他に3つのメリットもある。(1)水害対策、保水能力あり、(2)気温対策、(3)水田の景観の維持、日本の美、

米は輸入できても、水田の光景の日本の美は、輸入できんぞ、と彼は云っていた。

小田原の妹の家の周りには、水田が広がっていて、夏、水田の上を吹く心地よい稲の香りの風を想い出す。思わず深呼吸をしたくなる光景。

|

« 「何故」の問いを繰り返すワークショップ | Main | 宗教の変遷も、懐かしく、 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 「何故」の問いを繰り返すワークショップ | Main | 宗教の変遷も、懐かしく、 »