« 研究発表の聴講の楽しさ、 | Main | 「何故」の問いを繰り返すワークショップ »

November 20, 2015

テロとの闘い、戦争と平和、

最近のフランスでのテロは、遠いところながら、大きな衝撃が、いつしか私の心の中にも、深く考える材料を与えている。

人類の歴史に戦争は絶えない。人間の持つ怒り・苦しみ・驕り・無視などが拡大化したのがテロや戦争だと思う。

今、世界で苦しんでいる大勢の人たちの発するエネルギーを感じる力は、遠く離れた場所にいても、大切なことだと想う。

テロは、私もここに、苦しみながら生きていますよと云うメッセージにも聞こえる。

私自身の幸せを目指す力に、世界中で追い詰められた人々からのメッセージを、いつも微弱でも感じ続けなければいけないと想う。

そして、また、平和を願い、沢山の活動を続けている人たちや、菩薩のように利他の生き方をしている人たちも。

季節は今、クリスマスへ向けて、街には、シクラメンやポインセチアが心を和ませてくれる頃。

|

« 研究発表の聴講の楽しさ、 | Main | 「何故」の問いを繰り返すワークショップ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 研究発表の聴講の楽しさ、 | Main | 「何故」の問いを繰り返すワークショップ »