« 幸せの原点、感謝の原点、 | Main | 台風の示唆、 »

September 09, 2015

出光音楽祭、情熱、

昨日、東京オペラシティ(新宿・初台)で開催の出光音楽祭に初めて行ってみた。

今年の表彰は、ヴァイオリンの周防亮介さん、三味線の本條秀慈郎さん、バンドネオンの三浦一馬さん、と云う若手音楽家達であった。

バンドネオンと云う楽器は、アコーディオンみたいな楽器で、パイプオルガンのよいな音がでるドイツ生まれの楽器だった。

三浦一馬さん(25才)は、幼い頃からバンドネオンの音色に魅せられ、約10年前、16才の時、たまたま九州・別府で開催の音楽祭に来日したバンドネオンの巨匠アルゼンチンのマルコーニさんに逢いに行き、夜11時頃、寿司屋でくつろいでいるマルコーニさんの情報を得て、初めて会見が実現、バンドネオンの教えを乞うたと云う。その熱意に打たれて、彼のアルゼンチンでの音楽修行が実現、25才の若さでバンドネオンの素晴らしい奏者になっていた。

たまたま、仕事の関係で知った出光音楽祭は、若手音楽家達の、清々しい情熱が漂う音楽祭だった。情熱の素晴らしさを想う。

|

« 幸せの原点、感謝の原点、 | Main | 台風の示唆、 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 幸せの原点、感謝の原点、 | Main | 台風の示唆、 »