« 低賃金肉体労働と高額配当収入、 | Main | 神経質、不幸の代名詞か、 »

August 19, 2015

クジラの息継ぎの時のように、

幸せは、時折、ちょっと訪れるだけで十分。

通常は、不幸でもなく、幸せでもない、何でもない時間かも知れない。

あるいは、苦しい、大変な試練の時間かも知れない。

それでも、たまに、幸せを感じる時間が、ちょっとだけあれば好い。

クジラが、息継ぎに海面に上がって来るように、ちょっと、幸せを味わって、また海(通常)へ潜って行く。

クジラの汐吹きは、クジラの息継ぎの時。

ちょっと、息継ぎをすれば、大きく息を吸いこんで、また海に戻って行く。

幸せも、時折、ちょこっとあれば、それで十分。 大半は、何でもない時間や、不幸の時間でも好い。

クジラが、大海原で汐を吹く勇姿を想いながら。


|

« 低賃金肉体労働と高額配当収入、 | Main | 神経質、不幸の代名詞か、 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 低賃金肉体労働と高額配当収入、 | Main | 神経質、不幸の代名詞か、 »