« 最期でも、笑わせようとする優しさ | Main | 蝉の読経を聴きながら、 »

July 29, 2015

60兆の細胞の価値?、

先日、聴いた健康講演会で、大変、好い気付きがあった。

人間の細胞は、赤ちゃんの時3兆個で生まれ、60兆個に成長するが、例えば、1個の細胞は、いくらくらいと考えますか?と、講師が云った時、その大きな気付きに出会った。

例えば、細胞1個が1円として、60兆円。

その人が、稼いでも、稼がなくても、ただ生きていれば、多少年収が違っても(低所得とか高級とか云っても)、大した差じゃない。 60兆円とは、 もう、何事も、どうでも好いくらいの、莫大な金額なのだ。

まったく、唖然とする想い。細胞1個が1円として、人間一人が、60兆円か。

ただ、うーっと、驚く。


|

« 最期でも、笑わせようとする優しさ | Main | 蝉の読経を聴きながら、 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 最期でも、笑わせようとする優しさ | Main | 蝉の読経を聴きながら、 »