« 観察者ではなく、参加者になる意味、そして生まれる菩提心 | Main | 露天風呂にホタル、予期せぬ遭遇、 »

June 15, 2015

半日の小さな旅、葉山へ、

昨日は、午後の自由な時間を利用して、知らない街、葉山へ小さな旅をしてみた。

観光バス添乗の学生アルバイトをしていた大昔、葉山マリーナには、よく来た。バスで外から見ると建物も海も同じ佇まいで、昔のシーンが再現した。

私はちょっと先の海岸、漁港があるところまでバスで行き、海岸沿いの道を歩いた。

観光雑誌で見た森戸海岸は、スペイン風のレストランが似合う風景だった。

この辺りの海は、昔、禊ぎの海と云われ、人々は、この海の水をかぶって身を清めたと云う。(森戸神社の境内に吾妻鏡の記述を紹介してあった)

半日の小さな一人旅、それは旅自体が、もう美術館と同じであった。みずみずしい川の流れのような一日、人生は小さな驚きに満ちて。


|

« 観察者ではなく、参加者になる意味、そして生まれる菩提心 | Main | 露天風呂にホタル、予期せぬ遭遇、 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 観察者ではなく、参加者になる意味、そして生まれる菩提心 | Main | 露天風呂にホタル、予期せぬ遭遇、 »