« 今ここ、時空を超えた世界の輝き、 | Main | 吉永小百合さんのイメージ、 »

March 18, 2015

お金について、哲学カフェ

昨日、哲学カフェで、テーマは、お金についてだった。

昔、日本では、お金を「おあし」と云ったと云うことが、何か、どんどん回って行くようなイメージが湧き、心地よかった。

お金で、目に見えないものを買おうと云う発想も、心地よかった。

金融関係の人が、お金は、実体の無いものと云う意見が、同感だった。現在の世界は、実体経済の何倍ものお金を発行している。お金が、幻の価値であることがわかる。

私にとって、お金は、醤油と同じで、料理に必ず必要だが、多過ぎると、料理がダメになる。人生には、衣食住に最低限のお金は、必要だが、多過ぎると、人生をダメにしてしまうと想う。私のお金についての考えを披露した。

人は、お金を、何故欲しいのか?、深く自問して行くと、
意外なものに到達すると想う。それは、お金と云う手段を必要としていなかったことに気づくと想う。

|

« 今ここ、時空を超えた世界の輝き、 | Main | 吉永小百合さんのイメージ、 »