« 椅子になると云う発心、 | Main | 秋の日の朝、旅人のように、 »

October 07, 2014

衆議院予算委員会傍聴、

昨日の関東地方・台風18号通過の日は、アラブの特別休暇の日で、外出せずに一日中、家に篭る覚悟でいたら、昼から台風一過、晴れて来て、急遽、当初予定の国会見学に出掛けた。

大学時代の同期の友人が国会議員の秘書で、以前から国会見学の機会を提案してくれていたので、丁度会社が休みの日でもあり、また、東横線も11:30頃、運転を再開したので、社会見学のつもりで、行ってみることにした。

衆議院予算委員会は、台風にもかかわらず朝9時~午後5時まで開催中であった。傍聴券を貰って、国会の本会議場のそばを通って、予算委員会会場へ着いたのは14:30、 熱心な質疑に、大変刺激され、17:00の終了まで、傍聴した。

沖縄の基地問題、外為特別会計(1.2兆ドル)の取り扱い、日本郵便株式上場予定、外国人への生活保護費支給の実態など、話を聴いてる内に、朝から晩まで、坐りっぱなしで、議論を戦わせている政治家の皆さんに、多少尊敬の念も湧いて来た。(今朝の日経の4面に昨日の国会論戦の要旨が掲載されていて、記念に保管することにした)

安倍総理や、麻生副総理、石破大臣など、まじかで答弁も聴いて、何か芸能人でもみてる様な気持にもなった。会場は、約100人の政治家や秘書、官僚、参考人など、傍聴席は、約20人の報道人やカメラマンと、昨日は台風のせいか、私や数人の一般傍聴者だった。

国の方向を決める議論がなされている現場に身を置いて、何か、その重要性の緊張感をヒシヒシと感じた。

午前中は、大雨強風で家の中に篭り、午後は、国会で予算委員会を初傍聴とは、全く人生の日々の展開の驚きでもある。これも、何かしらの私の縁であったのだと想う。

|

« 椅子になると云う発心、 | Main | 秋の日の朝、旅人のように、 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 椅子になると云う発心、 | Main | 秋の日の朝、旅人のように、 »