« 秋の日の朝、旅人のように、 | Main | 神のメニュー、 »

October 09, 2014

徘徊と云う心理、

文芸春秋の8月号に認知症の方々の手記と、クリニックの人の解説を紹介してあった。

何故、徘徊するのか? との問いに、癒される場所に行く、即ち、安らぐ場所に"帰る"との心理だと分析されていた。

今いる家よりも、もっといい家がある。優しい人のいる家に帰りたいと云う心理で、世間は、これを"徘徊"と云うのだと。

出て行くのではなく、帰りたいのだと云う心理に、ハッと気づかされる想いがした。

私が、いつも動き回る習慣も、深層心理では、帰りたいのかも知れない。

|

« 秋の日の朝、旅人のように、 | Main | 神のメニュー、 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 秋の日の朝、旅人のように、 | Main | 神のメニュー、 »