« "親からの目線"、 | Main | 蚊に刺されて迷い、修行の脆さ、 »

October 21, 2014

日本の想い出に"パチンコ"案内、

日本駐在期間を終えアラブへ、数カ月後にはアラブに帰任するであろうアラブ人同僚が、日本での心残りは、パチンコの体験だと聞いてちょっと驚いた。

私は、パチンコは、殆どしたことはないが、近々、会社帰りにパチンコに連れて行こうと思う。

あんなに騒音の中で、機械をセットして、眺めるだけで、自ら進んでやる気はしないが、外国人にとっては、奇異で、ギャンブルが禁止されたアラブでは、やはり珍しいのだろう。

裏通りの隠れた景品交換所なども紹介しようと思う。

将来、観光ガイドの営業準備をしている私には、この様な観光への具体的興味も面白く感じる。

日本のパチンコ産業全体は、年間約20兆円の凄い売上で(一時30兆円産業と云われたが最近は落ちて来て)、一時は、サウジアラビアの石油収入と同じくらいであったことを思い出す。

娯楽にこれだけのめりこむ日本人のギャンブルへの弱さに、ちょっと驚きと心配を感じる。

優等生的行動ばかりではない人間の様々な生活の形態も、確かに、訪れた国や人々の観察の一部であることには違いない。 そんなことを思いながら、パチンコ屋体験プロジェクトのことを思う。

|

« "親からの目線"、 | Main | 蚊に刺されて迷い、修行の脆さ、 »