« 世界の動乱の中で、"虫の目、鳥の目"を想う、 | Main | 太陽は昇らず、太陽は沈まず、 »

October 03, 2014

落語の中の俳句、 失笑、

春雨を季語に、句を作れと依頼された、長屋の八っつぁんが、作った句が、「船底をガリガリ かじる春のサメ、」 とは、、、、、。風流などすっ飛ぶ、くだらない句に、思わず失笑。

「初雪や、二の字二の字の、下駄の跡」、 これはいい。 薄く積もった雪の上を歩いた下駄の跡、遠い日の情景に、心が清くなる想い。

そこにまた、八っつぁんが出て来て、、、、「初雪や、これが塩なら、大儲け」。

このやろうーと,どつきたくなる様な、ずっこけ振り、そして、後からじわっーと来る笑いの衝動。

長屋の八っつぁん、好いなー。 江戸っ子でいー 、てやんでー。

|

« 世界の動乱の中で、"虫の目、鳥の目"を想う、 | Main | 太陽は昇らず、太陽は沈まず、 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 世界の動乱の中で、"虫の目、鳥の目"を想う、 | Main | 太陽は昇らず、太陽は沈まず、 »