« 全てが懐かしい境地、天城坐禅合宿にて、 | Main | 「顔の傷」と云う手記、誰しも大きな無知を恥じる衝撃、 »

September 02, 2014

私と云うレンズ、何を拡大するか?

時に人は、人それぞれに、レンズみたいなものだと思う。

光や闇が、そのレンズを通り抜ける時、光を拡大するか、真っ黒い闇を拡大するか?、それが、人生の行末を決定すると思う。

光(仏性)も、闇(煩悩)も、どんなレンズにも、縁に触れて、必ず当たる。

そして、人生に於ける修行が、その人のレンズが、どんなレンズになるのかを決めている。

光を拡大するレンズを作るのが修すること、そして、そのレンズを常に磨き保つのが(実践)、証することと想う。

「修せざれば表れず、証せざれば、得ることなし」(正法眼蔵)の光に導かれて。

|

« 全てが懐かしい境地、天城坐禅合宿にて、 | Main | 「顔の傷」と云う手記、誰しも大きな無知を恥じる衝撃、 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 全てが懐かしい境地、天城坐禅合宿にて、 | Main | 「顔の傷」と云う手記、誰しも大きな無知を恥じる衝撃、 »