« "今"の耀きを観る、 | Main | それぞれの気づき、住職との縁から、 »

September 06, 2014

季節、自然、それぞれの受信機、

虫の音と、揺れるすすきと月の光景、そんな季節が廻って来る。

蝉は、まだまだ、夏ですよと云って鳴いていると感じる人もいる。私には、蝉は、もうそろそろ失礼しますと、暇乞いをしているような声に聴こえる。

田んぼの畦道では、蛙の鳴く声が、トロンボーンの音色に感じるとか云う人もいる。 そう云えば、虫達の声を、オーケストラと感じることは、それも深い人生の味わい。

時折、鳥の声も。

耳を澄ませば、人生は、音楽会の中ではないかとも想える。

|

« "今"の耀きを観る、 | Main | それぞれの気づき、住職との縁から、 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« "今"の耀きを観る、 | Main | それぞれの気づき、住職との縁から、 »