« 「顔の傷」と云う手記、誰しも大きな無知を恥じる衝撃、 | Main | "今"の耀きを観る、 »

September 04, 2014

道元禅師・"修証義"の中の懺悔の句、

道元禅師の"修証義"の中に曰く、

"我昔所造諸悪行(がしゃくしょぞう、しょあくごう)、

皆由無始貪瞋痴(かいゆむし、とんじんち)、

従身口意之所生(じゅうしんくい、ししょしょう)、

一切我今皆懺悔(いっさいがこん、かいざんげ)"

意味するところは、

私が、かつて作った所の多くの悪しき心と行為の縁は、皆、初めを知らない程に深い貪りと、怒りと、愚かさによります。 それは、私の体と口と心で作りだしたものです。それら全てを私は今ことごとく懺悔致します。

道元禅師は、自分でも自覚出来ない諸悪業の懺悔を説いている。

何も悪いことをしたことがないと云う思い、私が何を悪いことをしたと云うの?と云う",思いあがり"を戒めている。

人間には全て、貪瞋痴(とんじんち)と云う三毒(貪り・怒り・愚痴)が備わっていることに対して、懺悔できなければ、安らぎは来ないと道元禅師は説いている。

|

« 「顔の傷」と云う手記、誰しも大きな無知を恥じる衝撃、 | Main | "今"の耀きを観る、 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 「顔の傷」と云う手記、誰しも大きな無知を恥じる衝撃、 | Main | "今"の耀きを観る、 »