« 全てを受けいれる覚悟、そして一指頭、 | Main | マンダラ手帳、 »

September 23, 2014

書道の先生だったと云う父、

最近、九州の子供時代の幼馴染(愛知県・春日井市在住)と久しぶりに会った時に、私の父に書道を習っていたと云う話を初めて聴いた。

確かに、父は筆は上手だったが、近所の子供達まで教えていたとは、私は覚えていなかった。その幼馴染は、母どうしも親しかったから、私の父に、書道を習わせていたのだろうと思った。

そして、何と、私の父から 8級の資格まで貰ったのだと云う。 私も、その幼馴染と二人机を並べて、書道を習ったこともあるとも、想い出話を聴かせてくれた。まるで、寺子屋みたいに。

その話は、早速、姉達にも報告した。幼馴染から、又、私の両親の、とても好いエピソードが聴けて、仄々とした気持になった。

(2014年 9月21日の記)

|

« 全てを受けいれる覚悟、そして一指頭、 | Main | マンダラ手帳、 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 全てを受けいれる覚悟、そして一指頭、 | Main | マンダラ手帳、 »