« 絵葉書の力、エゾクロテン、利尻富士、 | Main | 夏祭りの頃、無一物から始まる朝、 »

August 03, 2014

至道無難(しどうぶなん)、唯嫌揀択(ゆいけんけんじゃく)

「至道無難(しどうぶなん)、唯嫌揀択(ゆいけんけんじゃく)」, 達磨太師から数えて三代目・三祖大師の"信心銘"の冒頭の言葉は、天城の禅道場・"一灯禅林"の早朝の空気の中で、何度も唱えた言葉。

「道に至るのは、決して難しくない。ただ、好き嫌いさえやめれば」。

何万巻の経典を読破しても、真理は、単純にして美しい世界だと想った。

"好き嫌い"は、"私"の証拠、修行は"私"を消して行く作業。

自と他が別れていること、好き嫌いの苦しみが、即ち"生きる苦しみ"。

"至道無難、唯嫌揀択"を、今朝も蝉の声を聴きながら噛み締める。

|

« 絵葉書の力、エゾクロテン、利尻富士、 | Main | 夏祭りの頃、無一物から始まる朝、 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 絵葉書の力、エゾクロテン、利尻富士、 | Main | 夏祭りの頃、無一物から始まる朝、 »