« アラブの春のその後、 | Main | オロッコ族とアイヌ、北海道の旅からの学び »

August 20, 2014

天城 萌ゆ、

住職が、約20日間の入院を経て、昨日、退院され、天城山の坐禅道場に帰られた。

天城山の木々や、鹿や小鳥や虫も、住職の帰りに、湧いたことだろう。

何度も坐禅に通った天城山の"一灯禅林"、天城の山々が目に浮かぶ。

雪の中の天城の光景、夏の天城山の光景、夜明け前の虫の音、夜明けの小鳥達の声。

また、住職に会いに、天城に行きたいと思う。

天城が萌えている。

|

« アラブの春のその後、 | Main | オロッコ族とアイヌ、北海道の旅からの学び »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« アラブの春のその後、 | Main | オロッコ族とアイヌ、北海道の旅からの学び »