« 夏祭りの頃、無一物から始まる朝、 | Main | 1669年 アイヌ、シャクシャインの戦い、 »

August 05, 2014

"一指頭の消息"、 胸の前に指一本をスーッと立てる時の安らぎ、

住職は、先日、軽い脳梗塞で倒れられた時、救急処置が終わり、救急処置室に弟子が入ると、ベッドに寝たまま、指を一本立てられ、「これがあるから大丈夫」と仰ったと云う。

私は、日頃、住職から何度も聴いた「一指頭の消息」の境地に感激し、パツーと涙が溢れた。

これが、修行そのものの形だと想った。

一本の人指し指を、胸の前で立てる時の、全宇宙と一体化した強さ、安らぎを、私は、想起した。

「風なきところに、炎の揺らぐことなし」

無常・無我・涅槃が、立てた指の先に、輝いている。

その光景を、私は、心の世界で、はっきりと映像に結んだ。

|

« 夏祭りの頃、無一物から始まる朝、 | Main | 1669年 アイヌ、シャクシャインの戦い、 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 夏祭りの頃、無一物から始まる朝、 | Main | 1669年 アイヌ、シャクシャインの戦い、 »