« 蝉と云う菩薩、道端に転がって、そして宮沢賢治の世界に、 | Main | "ねのしゃん"、"ミジンコ"、高校時代の名物先生のキーワード、 »

August 13, 2014

南アフリカ、マンデラ氏の崇高な離婚

南アフリカの人種差別政策に対抗して戦ったネルソンマンデラ氏が武装闘争、長年の投獄を経て、その後、白人とも和解し大統領になった映画を時折想い出す。

共に戦って来た妻が、頑なに武装闘争の継続を主張する時、マンデラ氏は、離婚して、白人との協調の道を選んだ。

仏性に目覚めた時、家族が崩壊しても、仏性の道を進むことの崇高さを想う。

家族から、愛することを学び、その愛は、人間全体へ拡がり、宇宙一杯に拡がって行く。

親子の愛が無ければ、家族がなければ、愛を学べない。 だが、その愛が家族に留まり続けるならば、家族もエゴの象徴になることさえあると想う。

真実の愛なら、宇宙一杯に拡がり、恐れを知らない。 私は、マンデラ氏の離婚を、崇高な離婚だと想う。


|

« 蝉と云う菩薩、道端に転がって、そして宮沢賢治の世界に、 | Main | "ねのしゃん"、"ミジンコ"、高校時代の名物先生のキーワード、 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 蝉と云う菩薩、道端に転がって、そして宮沢賢治の世界に、 | Main | "ねのしゃん"、"ミジンコ"、高校時代の名物先生のキーワード、 »