« 家族愛を拡げる力こそ人格の向上、それが修行、 | Main | 通勤途上の八百屋立ち寄り、 »

July 17, 2014

満洲、長崎、大地の子、

私は、2002年、会社を途中で、依願退職してから、父が住んだ満洲・鳳城、や母が住んだ満洲・ハルピンにも旅した。 母の実家の長崎の京泊、外海町にも旅した。

私が、自分の心の中に寺を建てるとしたら、"鳳凰山・外海寺"と云う名前も好いなーと想う。

満洲・鳳城の街には、鳳凰山が聳える。父の手記に出てくる鳳凰山の光景は、今ではいつでも想い出せる。

長崎・外海町は、海を見下ろす丘の上に遠藤周作記念館がある。段々畑と広大な海の光景。

私は、満洲に、両親の人生を想像する。 そして母の故郷の長崎の海の光景に安らぎを感じる。

私は、満洲の大地にも、長崎の大地にも、安らぎを感じる。

私は、大地の子と想う。

|

« 家族愛を拡げる力こそ人格の向上、それが修行、 | Main | 通勤途上の八百屋立ち寄り、 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 家族愛を拡げる力こそ人格の向上、それが修行、 | Main | 通勤途上の八百屋立ち寄り、 »