« カールブッセの詩、幸せは何処に、 | Main | 毘沙門天、六文銭、武将の強さが滲み出て、 »

July 11, 2014

ごめんなさい、ありがとう、修行の究極の言葉、

「ごめんなさい」と云えば、「ごめんなさい」を繰り返して行けば、いつしか、エゴが崩壊して行く。

「ありがとう」と云えば、「ありがとう」を繰り返して行けば、崩壊したエゴが生まれ変わって、"一切"として、嬉々として蘇る。

修行の入口は、何度も、何度も繰り返す、「ごめんなさい」の言葉。

そして、生きている間に、あと何回、「ありがとう」を云えるだろうか?

そう考えることは、来世への修行が繋がるような、それが、修行の度合いを表すような、そんな直感がする。

「ごめんなさい」は、気づきの言葉、「ありがとう」は悟りの言葉。

|

« カールブッセの詩、幸せは何処に、 | Main | 毘沙門天、六文銭、武将の強さが滲み出て、 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« カールブッセの詩、幸せは何処に、 | Main | 毘沙門天、六文銭、武将の強さが滲み出て、 »